1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 肥満チェックと成功するダイエット

肥満チェックと成功するダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“愛猫に健康で長生きしてほしい”というのはすべての飼い主さんの願い。その願いに直結するといっても過言でないのが、愛猫の体型管理です。人と同じで、猫も肥満になればさまざまな病気を引き起こす可能性が! 愛猫の体系維持のためにも、定期的に体重管理をし、肥満気味であればダイエットに取り組みましょう。

肥満が引き金になる猫の主な病気

・糖尿病……猫ではインスリンが出ているのにうまく作用せず高血糖に。
・肝リピドーシス……幹細胞の中に中性脂肪が過剰にたまって機能障害がおこる。
・呼吸器疾患……肥満によって肺の運動に負担がかかり、息が上がるなどする。
・皮膚病……太ることで、隅々まで舐めることができず不衛生になり、脱毛症などの皮膚病を発症することも。
・膀胱炎・尿石症……動くことが億劫でトイレに行く回数が減り、運動不足から飲水量も減り、膀胱で尿が凝縮されることに。

猫のボディ・コンディション・スコア(BCS)

私たちが健康診断で腹囲などを測り、基準値と比較するように、猫にも肥満度をチェックする指標があります。体重や体の大きさは個体によってばらつきがあるので、下記のBCSでは肉付きなどから肥満度を判断します。飼い主の肥満では肥満かどうかの判別が甘くなってしまうので、定期的に獣医師に肥満度をチェックしてもらいましょう。

自宅でできる! 3つの部位を触って、見て、愛猫の体型チェック。

1.「肋骨」…前足の付け根から腰に向けて手のひら全体で触る

机や床など、平らな場所で猫が伏せているときに行いましょう。まず両手で前足の付け根にある肩甲骨の後ろくらいから腰までをなでるように触って、肋骨の存在がどの程度感じられるかで判断します。

・肋骨の凸凹が感じられる→標準体型
・かろうじて肋骨を感じられる→ぽっちゃり体系
・肋骨がどこにあるかわからない→肥満体型

2.「腰のくびれ」…立った猫の真上から腰のくびれを見る

床で猫が立っているときが確認のチャンス。必ず真上から見えるようにして、ウエスト部分にくびれがどの程度あるかで判断します。

・くびれの位置がなんとなくわかる→標準体型
・くびれの位置がわからない→ぽっちゃり体系
・ウエストが膨らんでいる→肥満体型

3.「お腹」…立った猫の真横から、お腹の膨らみ具合を見る

猫の立ち姿が真横から見れれば、場所はどこでもOK。お腹の膨らみ具合で判断します。張りのない膨らみは皮膚が垂れているだけで肥満ではないので、触って判断を。

・お腹のラインが床とほぼ平行→標準体型
・下腹部がぽっこり膨らんでいる→ぽっちゃり体系
・お腹全体が大きく膨らんでいる→肥満体型

体型に合わせて食事の管理を極めよう

1.年齢に合った低カロリー設計フードを選ぶ

ぽっちゃり・肥満体型の猫には、低カロリー設計のフードを選びましょう。さまざまなメーカーから発売されています。さらに、年齢に合った行品を選ぶようにすればグッド。カロリー量は減らしても必須栄養素は欠乏しないように配慮されているので、健康面に心配なく体系管理ができます。

2.適正量をきちんと設計してフードを与える

どんな猫にも、目分量でフードを与えては、適切な体系管理ができません。基本的なことですが、フードのパッケージに記載されている、体重別の1日の給与量を参考にして計算することが重要です。あらかじめ、目安となる1日の給与える回数で割って、1回分の分量をはかりで算出しておきましょう。毎回同じ量を食べることで、その量で満足できるように習慣化できます。それでも太るようであれば、量を5~10%減らしてみましょう。

3.時間をかけて食べさせる工夫をする

人間と同じですが、早食いすると、脳で満腹感を得られないままフードを食べ終えてしまいます。猫は自分の意識でゆっくり食べることができないので、早食い防止を。フードを小皿に分けて、部屋の各所に置いたり、早食い防止のグッズもあるので試してみましょう。

4.食事の回数を増やして与える

食事の間隔が長くなると、空腹を感じやすくなります。逆に少量でもちょこちょこ食べていれば、空腹を感じにくく、脂肪の蓄積も防げる傾向に。留守にしがちな飼い主さんには難しいかもしれませんが、1日の給与量を、朝・昼・晩・寝る前など、できる限り小分けにして与えましょう。

5.たまにはウエットフードを与えても

高カロリーと勘違いされやすいウエットフード。実際は、同じ分量でもドライフードより低カロリーなうえに、水分含有量が多いので、満足感もアップします。ドライフードよりも割高になるのでご褒美としてたまに与えるのもグッド。必ず総合栄養食を選びましょう。

フードを誘って運動させる

運動するとカロリーを消費できるのはもちろん、筋肉量が増えて基礎代謝も上がるので、痩せやすい体質になります。ですから、できるだけ動くように仕向けたいもの。遊びに興味を示しにくい猫も、フードを利用すれば、「食べたい」という気持ちから動くようになります。

グッズを利用する

ボール状のもので、猫が転がすことで中に入れておいたドライフードの粒が少しずつ出てくる。猫だけで使用できるので、留守中に置いておくのもグッド

フードを高い場所に置く

猫タワーや家具の上など、フードを高いところに置くと、猫を上らせることで運動量が増やせます。器はプラスチックなど落としても割れないものを。

フードを転がす

シートや敷物の上などにフードを1粒ずつ転がしたり投げたりして、猫に追いかけさせましょう。飼い主さんと一緒に遊ぶことで夢中になり、猫の空腹感も紛れるでしょう。

週1回体重を量りチェックする

体型チェックとともに、体重測定も習慣にしましょう。体型チェックでは気付かない体型の変化も体重の数値にはしっかり表れます。また、ぽっちゃり・肥満体型の猫は、週に1~2%の減量を目指すようにして、くれぐれも急激に痩せさせないように注意して。

同居猫がいる場合は、別々の場所に隔離してフードを与える

複数飼いで多く見られるのは、食欲旺盛な猫が、同居猫のフードを食べてしまって太っていくケース。食事の場所を離すだけでは、飼い主さんが監視していても防ぐことが困難。食事をする部屋を別々にして、ドアを閉め、猫が行き来できないようにしましょう。

体重が減少しない場合は、動物病院にダイエット方法を相談する

一般的な減量速度は、ダイエットの開始時期は速く、その後減速していきます。半年~1年以上は様子をみたいですが、体重が減らない場合は動物病院で受診して。よりくわしい体型をチェックしてもらい、ダイエット方法のアドバイスをもらいましょう。

合わせて読みたい

いざという時に入っておくと安心なペット保険。
ねこのきもち健保』なら動物病院の窓口で精算OK。資料請求でオリジナルグッズプレゼント!

愛猫の年齢に合わせたお世話や健康管理をしてあげたいですね。『ねこのきもち』なら子猫からシニア猫まで網羅!最新号、くわしくはこちら

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る