1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. スコティッシュフォールドの特徴・性格・飼い方

スコティッシュフォールドの特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょこんと前向きに折れ曲がった不思議な耳が印象的なスコティッシュフォールド。丸みを帯びた体型や、遊びが好きともいわれる愛らしいスコティッシュフォールドの特徴や性格、歴史やかかりやすい病気について、ご紹介します。

スコティッシュフォールドの特徴・魅力

まん丸な顔と折れ耳が愛らしいと長年人気のスコティッシュフォールド。スコットランドの農場で生まれたスージーという名の真っ白なメスの猫がルーツといわれています。健康的な骨格で、動きもしなやか。長毛と短毛があり、毛色もさまざまなスコティッシュフォールドはアメリカンショートヘアーやブリティッシュショートヘアーとの異種交配も可能で、愛らしい表情が人気を集めます。

スコティッシュフォールドの歴史

スコティッシュフォールド(通称「スコ」)は、1961年にスコットランドの農場で見つかったことが起源になっています。スコティッシュフォールドの名前が英語で「スコットランドの折れ曲がり」を意味しているとおり、耳が折れた子猫が見つかりました。その後、ブリーダーや遺伝学者の協力を得て試験交配を重ねた結果、折れ耳は単独の優性遺伝子によることが判りました。つまり両親のどちらかは必ず、折れ耳であるということです。 研究が進むにつれ、折れ耳同士の交配は骨格異常が出ることが確認され、現在はブリティッシュショートヘアーやアメリカンショートヘアーとの異種交配もしくは立ち耳のスコティッシュフォールドとの交配が原則とされています。また、初代のメスの猫は長毛の遺伝子を持っていたため、後の世代に誕生し、今では短毛と長毛どちらも人気を集めています。今でも長毛のスコは希少な種類です。

スコティッシュフォールドの外見上の特徴

折れ耳同士の交配は骨格異常が出ることが確認されているため、遺伝性の病気を懸念して異種交配がされるので、立ち耳のタイプもいます。また、折れ耳で生まれても耳が立ってしまう場合があります。 耳以外にも、スコティッシュフォールドはまん丸な目や、ふっくらとした頬や口元がとても愛らしく特徴的です。スコの毛は、柔らかで厚みがあり、ビロードのような触り心地が特徴です。長毛にいたっては、その分全体がふんわりとゴージャスな印象になります。しっぽと首回りの毛はとくに長くなります。耳の曲がり具合によっては、耳が輪郭に溶け込んでしまい、まん丸の顔に見えます。基本的にヒマラヤンのようなポイントカラー以外はすべての色が認められます。傾向としては、アメリカンショートヘアーと交配される場合は、タビー柄(縞模様/渦巻き模様)が出ることがあります。
※注意:スコティッシュホールドを求めるときは、尻尾が長くて尾椎の関節がしなやかなことが大切です。

スコティッシュフォールドの性格

・穏やか
外見同様にとても穏やかな性格で、傾向として、おとなしく、あまり激しく動き回る性格ではありません。また、飼い主さんに対しては、すぐすり寄ってくる、甘えん坊な一面も見られます。

・順応性が高い
人懐っこく愛情深いので、赤ちゃんや猫、他の動物とも良好な関係を築けることができ、協調性や順応性が高いといわれています。

スコティッシュフォールドを飼うのに向いている人 

落ち着いた性格で甘えん坊なので、猫とコミュニケーションをたくさん取りたい人向き。飼いやすいので、複数飼いをする人も多いようです。やや神経質な傾向もありますので、大きな音が出る掃除機やドライヤーなどを使用する際は、ストレスを与えないよう別の部屋に移動させるなどの工夫をしましょう。

スコティッシュフォールドのハウス・ゲージなど住む場所・飼育環境

猫の健康のためにも、屋内飼育がおすすめです。猫は基本的に夜行性の動物なので、日中は寝て過ごすことが多いため、安心して寝られるスペースを用意してあげましょう。スコティッシュフォールドは活動的ゆえに、留守番させるときは、入って欲しくない場所には行けないよう制限し、誤食につながるような細かいものなどは片付けておきましょう。

スコティッシュフォールドの食事

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。猫は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子猫用」「成猫用」「シニア猫用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。また、猫はもともと飲水量が少なくても生きていける体の構造ですが、そのぶん、結石症や腎臓病にかかりやすいので、水は容器に入れて常に飲めるようにしておきましょう。

スコティッシュフォールドの遊び方

穏やかな性格ではありますが、人とのコミュニケーションは大好き。お気に入りのおもちゃを使うなどして、1日に最低でも5~10分以上は集中して遊んであげましょう。また、猫は高いところに上る習性があり、屋内という限られた空間でも、立体的な上下運動をさせるようにして。猫ができるだけ自由に活動できるよう、ねこタワーを置く、タンスや棚をうまく配置して高いところに行けるなどの工夫を。ジャンプが得意なスコティッシュフォールドではありますが、足は短いので、ある程度の年齢になったら、よく上る場所にはステップを付けてあげるなどするといいですね。

スコティッシュフォールドのお手入れ

短毛の場合はブラッシングがスムーズにできるでしょう。長毛の場合は、毛が絡みやすいので1日1回、コームやピンブラシで被毛を整えてあげ、耳の中の掃除も週に一度はしてあげましょう。飼い主さんとのコミュニケーションを求める傾向にあるスコティッシュフォールドにとって、ブラッシングもまるでご褒美のような感覚かもしれません。

スコティッシュフォールドが気をつけたい病気・寿命 

・軟骨の発生障害で四肢や脊椎に発生し、重度になると痛みで歩けなくなることもある遺伝性の病気「骨軟骨異形成症」

・尿路内に石が形成され、血尿や膀胱炎の原因になる「尿石症(ストルバイトおよびシュウ酸カルシウム)」

・心臓の筋肉が厚くなりすぎて、心臓に十分な血液を送り出せなくなる「肥大型心筋症」

・腎臓にたくさんの嚢胞(のうほう/水がたまった袋)ができ、腎臓の働きが徐々に低下し、やがて腎不全になる「多発性嚢胞腎」

・耳の中でダニが繁殖してしまい、激しいかゆみを引き起こす。折れ耳のタイプは耳の中の通気性が悪いので起こりやすい「耳ダニ症」

・折れ耳タイプは湿気が耳の中にこもりやすいため、細菌やカビが原因で、外耳道に炎症が起こる「外耳炎」


監修  高野八重子先生

CFAオールブリード国際審査員。

サンフラワーキャットクラブセクレタリー、
ヤマザキ動物専門学校において「ネコ学・審査とグルーミング」の講義を担当。
著書に「猫の教科書」(緑書房 高野賢治氏との共著)、「猫の手入れがわかる本」(誠文堂新光社)などがある。
ヤマザキ動物専門学校

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る