1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 体重
  5. 【獣医師監修】猫の体重管理の方法 理想体重の目安・量り方を解説

猫と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】猫の体重管理の方法 理想体重の目安・量り方を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫の体調の変化は体重にも表れます。また、やせすぎや肥満は病気の原因になるばかりか、すでに病気が隠れている可能性もあるので、猫の健康のために体重管理に気を配りましょう。今回は、猫の理想体重の目安や、体重の量り方・量る頻度について解説します。

この記事の監修

長谷川 諒 先生

 獣医師・潜水士
 Ani-vet代表
 往診専門 レイクタウンねこ診療所院長
 きたじま動物病院所属獣医師
 ヤマザキ動物専門学校非常勤講師(薬理学)

 北里大学獣医学部獣医学科卒業
 北里大学獣医生化学研究室研究生在籍 研究テーマ「伴侶動物の鉄代謝」

●所属:国際猫医学会日本猫医学会日本獣医学会

●主な診療科目:内科(猫)/一般診療(外科、内科)/予防医療

続きを読む

猫の理想体重の目安と体重を量る頻度

少しの体重の増減は見た目では気づきにくいため、定期的に測定しましょう。食欲が落ちやすい夏は健康な猫でも体重が減ることがありますが、涼しくなって元の体重に戻れば心配ありません。
ただし、1か月で10%以上の体重の増減が見られたら要注意です。減少は、あらゆる病気による食欲低下や甲状腺機能亢進症などの病気、増加は腫瘍性疾患や腹水貯留などが疑われるので、動物病院に受診しましょう。

体重をはかる頻度の目安は、健康な成猫では月1回以上ですが、1~4カ月齢の子猫や高齢猫、持病のある猫は、週1回以上がベターです。
一般的な体格の成猫の理想体重の目安は、おおむねオスが4〜5kg、メスが3〜4kgですが、猫の骨格の大きさによっても適正体重は異なるので、獣医師に理想体重を判定してもらうといいでしょう。

猫の体重の量り方

以下のような方法で愛猫の体重を量りましょう。

(1)猫の体を持ち上げ、すばやく体重計にのる。
(2)自分の体重をはかり、(1)から差し引いた数値が猫の体重

精密に計測できるデジタルタイプがおすすめです。

猫がキャリーケースやベッドにいたら、そのまま体重計にのせるのもいいでしょう。
その場合は、量った重さから、キャリーケースなどの重さを引くと、猫の体重になります。
また、洗濯ネットに猫を入れて量るという方法もあります。

避妊・去勢手術後や成猫になってからの肥満にも注意

子猫の成長期にはエネルギーの消費が大きく、比較的肥満になりにくいのですが、成長が止まってから、とくに避妊・去勢手術を済ませたあとは必要なエネルギー量が減るので肥満に気をつける必要があります。
生後1年前後の体重の増加が一度止まった時点からまた体重が増えだしたら、要注意です。獣医師に相談しましょう。
肥満は「糖尿病」や「肝リピドーシス」、「呼吸器疾患」などさまざまな病気の誘因にもなります。愛猫の健康のために体重が増えすぎないように、コントロールすることが大切です。

猫の体重管理の基本について解説しました。愛猫の年齢や体質に合わせて定期的な体重チェックを行い、肥満・やせすぎの防止と病気の早期発見に役立てましょう。

監修/長谷川諒先生(きたじま動物病院)
文/ねこのきもちWeb編集室
参考&画像・イラスト出典/「ねこのきもち」本誌、ムックより

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る