1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫への投薬に困ってませんか?苦労しない投薬方法や注意点をご紹介

猫への投薬に困ってませんか?苦労しない投薬方法や注意点をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫が病気になったとき、自宅で薬を飲ませなければならないケースがあります。苦心しながらやってみても、吐き出してしまう、暴れるなどして飲んでくれない子もいますよね。そこで今回は、錠剤・粉薬の飲ませ方や投薬時の注意点などを解説します。

愛猫に錠剤を飲んでもらうには?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

まずは、動物病院で処方されることの多い、錠剤やカプセルを飲ませる方法をご紹介します。

1. 利き手の親指と人差し指で錠剤をつまんでおく。
2. 錠剤とは反対の手で、猫の上あごを上からつかむ。このとき、上あごの左右の牙の後ろに、親指と人差し指を置く。
3. 上あごをつかむと猫の口が開くので、利き手の中指で下の前歯を押し下げ、さらに大きく開けさせる。
4. つまんでおいた錠剤を舌の奥(舌の裏側のあたり)に落とす。
5. 口を開けないようにすぐに手で押さえ、飲み込むのを確認する。

このとき舌の手前に錠剤を落としてしまうと、薬の苦味などでよだれがたくさん出てしまうことがあります。そうすると有効な成分が吸収できなくなることもあるので、なるべく舌の奥に落とすことが大切です。また、薬を口に投げ入れるようにすると、猫が驚いて吐き出してしまうこともあります。静かに落とすよう心がけてください。

猫の粉薬はどうすれば与えられる?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫に粉薬を飲ませるときには、パウチなどのウエットフードに混ぜると与えやすくなります。ただし、全体的に混ぜてしまうと残してしまったり、薬が混ざっている部分をよけて食べてしまったりする場合もあります。これだと必要な量の薬を摂れなくなってしまいますので、与える工程が重要になってきます。

まず前提として、猫のお腹が空いているタイミングに与えます。普段よりも少ない量のご飯に粉薬混ぜておき、それを全部食べたら残りのご飯を与えてください。猫は匂いをかぎ分ける能力が高い動物なので、薬の匂いを敏感に感じて食べない場合もあります。そんなときは味の濃いご飯に混ぜるようにすれば、食べてくれる可能性が高くなります。

猫の投薬で困ったときの解決法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

以下では投薬時によくある悩みについて回答しています。前提として覚えておいてほしいのが、薬の中には食べ物と混ぜることで作用に変化が出てしまうものもあるということ。愛猫の薬は混ぜて与えてもよいのかを、まずは獣医師に相談してみてください。同じように人間の食べ物を使う方法についても、その食べ物を与えてよいかどうかの確認を欠かさないようにしましょう。

粉薬を混ぜたエサを食べてくれない

苦味の少ない薬であれば、少量の水に溶かして液体薬(水薬)にし、スポイトやシリンジ(注射器の液を入れる部分)で口の端のほうから少しずつ飲ませましょう。もしくは、ヨーグルトやバター、マヨネーズなどのような猫の好きな人間の食べ物に混ぜて食べさせてみてください。ただし、その場合は少量のみに留めておきます。少量のガムシロップや練乳などに混ぜて、猫の上あごの裏側に塗りつけるのも効果的ですよ。

錠剤の飲ませ方が難しくてできない

もし錠剤を上手に飲ませられない場合は、鳥のささみや硬めの缶詰などに埋め込んで食べさせる方法があります。もしくは錠剤を砕いて粉状にして、粉薬の飲ませ方で試してみるのも良いでしょう。

暴れたり、一人で飲ませなくてはならないとき

猫が薬を嫌がって暴れたりと、一人ではどうにもならないのなら、猫を洗濯ネットなどに入れて動きを制限した状態で飲ませましょう。またはバスタオルの上に猫を置いて、顔だけを出すようにくるんでおとなしくさせる方法もあります。

1日1回飲ませるのが限界!

もし1日2回与えるのに手こずっているのなら、同じ作用で1日1回の投薬でOKな薬がないか、獣医師に相談してみてください。

何をしても飲んでくれない・・・

どうしても薬を飲んでくれない場合は獣医師に相談し、同じ効き目の別の薬に変えてもらうのも一つの手です。その猫が飲みやすい形状の薬に変えてくれたり、獣医師や動物看護師が飲ませ方を実際に指導してくれることもありますよ。

猫に薬を与えるときは、こんなことにも注意しよう

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

■過去にもらった薬を与えない!
一度は治まった症状が再発してしまったが、以前処方してもらった薬がまだ残っているといったケースもあるでしょう。しかし過去の処方薬を使うのはNG!たとえ使用期限内のものであったとしても、それはあくまで未開封のものに対する期限。今回の症状に以前と同じ薬が使えるかどうかは、診察を受けてみなければ分かりません。必ず再診してもらい、自分だけの判断で薬を与えないようにしてください。

■人間の薬を与えるのはNG
たとえ人間の病気に効果がある薬だとしても、猫にも効くとは断定できません。それに人間と症状は同じでも、別の病気が原因となっている場合もあります。特に消毒薬や塗り薬などは猫がなめてしまう場合もあるので、使用は控えましょう。飼い主さんの独断による使用は副作用や中毒などの危険を伴います。受診の際にその薬を持参して、使ってよいかどうかを獣医師に聞いてみるようにしてください。

愛猫が病気になったときに少しでも早く治るようにしてあげたいと思うのは、どの飼い主さんも同じですよね。しかし猫に薬を飲ませるのはテクニックを要すところもあり、どの形状の薬、どの投薬方法が合うのかもそれぞれに違いがあります。いくつか今回ご紹介した方法を試してみるなかで、「うちの子に合うのはどの薬・方法なのか」を見極めてくださいね。

出典/ねこのきもち WEB MAGAZINE 獣医師が答えるQ&A 「薬/投薬の方法」
文/maya
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る