1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. お手入れ
  4. 耳掃除
  5. 猫に耳掃除は必要? 耳掃除の頻度や正しいお手入れ方法を解説

猫と暮らす

UP DATE

猫に耳掃除は必要? 耳掃除の頻度や正しいお手入れ方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
猫に耳掃除は必要なのでしょうか?猫の耳の形や、季節によっても頻度やお手入れ方法が異なるため、正しいお手入れ方法を知ることが大切です。耳掃除の頻度や正しい方法、NGな耳掃除の方法を知り、愛猫の耳の健康を保ちましょう。

猫の耳掃除は必要なの?

黒のあんこちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
健康な猫の場合、日常生活の中で自然に耳アカが取れるため、耳掃除はあまり必要ないといえそうです。
しかし、スコティッシュフォールドなどの「垂れ耳」をもつ猫は、通気性が悪く、耳アカがたまると病気になりやすいので注意が必要です。ほかにも、アメリカンカールのような「反り耳」の猫も耳内部の構造が複雑なため、耳アカが残りやすくなります。
また、耳アカの量は体質や季節によっても差があり、分泌物が出やすい猫の場合や、分泌物が増える春から夏と湿気の多い梅雨の時期は耳アカが出やすくなります。そのため、体質や季節によって耳が汚れている場合は耳掃除が必要でしょう。

耳掃除を行う頻度はどれくらい?

茶白のタルトくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
猫の耳の状態には個体差があるため一概にはいえませんが、週に1回は耳をチェックし、汚れていたら拭き取るようにするといいでしょう。垂れ耳の場合は、週に2回ほどの頻度でチェックすることをおすすめします。

汚れを拭き取るときは、4cm四方くらいにカットしたコットンに、オリーブオイルやベビーオイル、または市販の猫用イヤークリーナーなどを使用してやさしく拭いてあげましょう。

NGな耳掃除方法

茶トラのダンゴくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー
耳をゴシゴシ拭いたり、不必要に湿らせたりするのは、摩擦や刺激で猫の耳を傷つけてしまうためNGです。また、病気の原因になるため、以下の耳掃除方法も絶対にやめましょう。
  • 綿棒を耳の穴に入れる
  • タオルでこする
  • 指でこすって汚れを取る
  • アルコール綿で拭き取る
  • 被毛用シャンプーシートで拭く

なお、動物病院で洗浄液を耳に注ぎ込むことがありますが、健康な猫には不向きな方法です。直接注ぎ込むタイプの洗浄液を自宅で使用するのはやめましょう。
不必要な耳掃除は病気などの原因につながりますが、定期的なチェックと必要に応じて耳掃除をすることは、愛猫の健康を守るために大切です。正しい耳掃除の方法を知り、愛猫の健康を保ちましょう。
参考/ねこのきもちWEB MAGAZINE『【獣医師監修】猫に耳掃除は必要?頻度や方法、動画、グッズを紹介』(監修:相模原プリモ動物医療センター院長 加藤憲一先生)
文/山村晴美
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る