1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. うちの猫はこの方法で○㎏やせた♪おデブ猫にしないダイエット方法!

うちの猫はこの方法で○㎏やせた♪おデブ猫にしないダイエット方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

丸々としてかわいい愛猫でも、肥満体型は健康上のリスクを抱えています。そこで今回は、猫のダイエットについてご紹介。肥満のリスクや体の部位ごとの体型チェック方法、フードの見直し方やおすすめ運動法、最後には実際のダイエット体験談もお届けします。

成功への道!肥満のリスクを知ろう!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

皆さんはダイエットを経験したことがありますか?人の世界でもダイエットは難しいといわれていますが、猫のダイエットはもっと大変なことなのです。しかし、なぜダイエットをしなければいけないのでしょうか?

コロコロとまん丸く太った猫は、とてもかわいらしくて癒されます。「このままでいいのでは」なんて思う方もいるかもしれませんが、肥満体型はさまざまな弊害を生みかねません。まずは、なぜダイエットをしなければならないのかについて、理解していきましょう。

骨や関節への負担

体重が重くなると、体を支える骨や関節に負担がかかってきます。そのままにしておくと関節などに痛みを感じ、徐々に動かなくなってしまうことも。さらに動かなくなることでエネルギーを発散しにくくなり、ますます脂肪がつきやすくなります。そのスパイラルが続くと、捻挫や関節炎、椎間板ヘルニアなど、治療や通院が必要な病気になることもあります。

病気のリスク

血糖値の上昇による「糖尿病」や、肝臓に脂肪がたまる「脂肪肝」、動くことがおっくうになったことによる「膀胱炎」「尿結石」、毛づくろいがしにくくなるため「皮膚病」などを発症するリスクも高まります。

心臓や呼吸器への弊害

肥満になり体が大きくなると、毛細血管も長く伸びてきます。すると心臓はより遠くへ血液を送らなければならなくなり、忙しく動くことを余儀無くされます。そして、正常な状態よりも心臓に負担がかけてしまうことに。

さらに首回りに脂肪がつくと気管や気道が圧迫され、呼吸をしにくくなってしまいます。人ので考えると、「睡眠時無呼吸症候群」などが問題視されている状態です。

Step1:愛猫の体型チェック法!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

体型管理の第1歩は、愛猫の体を知っておくこと。体重だけでは分かりにくい肥満を、見て、触って、チェックしましょう!

チェック1「ろっ骨」

机や床など、猫が平らな場所で伏せているときを見計らって、触って体型チェック!いきなり触ると猫がビックリするので、飼い主さんの存在を知らせてから行いましょう。両手で猫の前足の付け根辺りにある、ろっ骨を触ります。そのまま腰まで、ツーっとなでるように手を滑らせましょう。ろっ骨をどの程度感じられましたか?

A. ろっ骨の凹凸が、最後まで感じられる
→標準体型

B. かろうじてろっ骨を感じられる
→ぽっちゃり体型

C. ろっ骨?なにそれ、どこにあるの?
→肥満体型

チェック2「腰のくびれ」

つづいては、猫が立っているときに真上から体型を見てみましょう。ウエスト部分のくびれがどの程度あるかをチェック!

A. くびれの位置がなんとなくでも分かる
→標準体型

B. くびれの位置が分からない
→ぽっちゃり体型

C. ウエストがふくらんでいる
→肥満体型

チェック3「お腹」

最後は、猫が立っているところを、真横から見てみましょう。お腹のふくらみはありますか?触ってみたとき、張りのないふくらみなら皮膚がたれているだけなので、肥満ではありません。

A. お腹のラインが床とほぼ平行
→標準体型

B. 下腹部がポッコリ!少しのふくらみ
→ぽっちゃり体型

C. お腹全体が大きく膨らんでいる
→肥満体型

以上3つのチェックを行い、A〜Cの中で一番多かった指標が愛猫の体型の目安です。肥満ではなかったとしても、安心しないで。長い目で見た猫の健康維持には、飼い主さんの協力が必要なのです。

Step2:低カロリーのフードを選び、食事の与え方に工夫を!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ぽっちゃりさんや肥満体型の猫には、低カロリー設計のフードを選びましょう。さまざまなメーカーから発売されているので、大切な愛猫にぴったりなものがきっと見つかるはずです。フードを選ぶ際には、年齢を考慮するとなお良し。ダイエットに向いている低カロリーフードは、必須栄養素を欠乏させずにカロリー量が減らせるので、健康面を心配せずに体型管理ができるのです。

適正量は正確?

低カロリーフードにしたからといって、目分量でフードを与えていては、的確な体型管理はできないでしょう。フードのパッケージに記載されている、「1日の給与量」で計量するのは基本中の基本。もし適正量を守っても太るようであれば、5~10%くらい量を減らしてみるのもよいでしょう。量りは100円均一ショップでも手に入れることができますので、ぜひ1つは所持しておきましょう。

フードは回数を増やして与える

食事と食事の間隔が長くなると、空腹を感じやすくなります。少しの量でもちょこちょこ食べていれば、空腹を感じにくくなり、脂肪の蓄積を防ぐことにもつながるでしょう。1日の適正給与量を、朝・昼・夜・寝る前など、できる限り小分けにして与えましょう。

留守にすることの多い飼い主さんは、自動エサやり機などを利用するのもいいでしょう。最近では、スマホで操作できるものや、カメラが内蔵されているのものもあるので、留守中の愛猫の様子もバッチリ観察できますね。

Step3:フードで誘い運動を!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫のダイエットの基本は食事法ですが、運動もダイエットにつながります。動き回ることでカロリーを消費し、筋肉量を増やすことによって基礎代謝を上げていくのです。しかし猫に「運動しろ」といっても、気の向かないことはやってくれません。

そこで、フードで気を引きながら運動させる方法が役立ちます。まずおすすめしたいのが、食事場所を変える方法。普段は床に置いているフード皿を、猫タワーや家具の上など高い場所に移してみましょう。猫を登らせることで、運動量を増やせます。

おもちゃなどのグッズを使うのもいい方法です。たとえば、ボール状のものを転がすと、中に入れたフードが少しずつ出てくる仕組みのグッズなど、エサやりごとに運動になりますし、飼い主さんの留守中は、愛猫の暇つぶしにもなりますよ。

ダイエットの成功者「猫」は語る

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

最後に、愛猫のダイエットに成功した実例をみてみましょう。これは、ダイエットが必要だと獣医師から告げられた猫のお話です。それまで食べられるだけ与えていたフードが災いし、とうとう獣医師から「ダイエットしなさい」と宣告が。その場でダイエットプログラムを提案してもらった飼い主さんは、愛猫のダイエット生活を始めることにしました。

まずは、フード量の見直しから。1日分の量をきちんと計測し、それを「起床後」「出勤前」「帰宅後」「就寝前」の4回に分けて与えます。毎日計測して4回分に分けることは大変なので、時間があるときに1回分ずつラップに包み、密封袋でフードを管理したそうです。

そして、運動も欠かせません。先述したように、猫タワーの上にフード皿を置くことで上下運動をさせ、1粒ずつフードを転がして愛猫に追いかけさせるという運動もしました。飼い主さんと一緒に遊ぶことでストレスも解消し、猫の空腹感もまぎれる的確な方法ですね。

こうした日々を送るうち、なんと5年間でー2.7㎏のダイエットに成功!地道な取り組みですが、毎日の過ごし方ひとつで愛猫の健康を守ることができるのです。

ぽっちゃり猫も肥満体型の猫も、標準体型に戻すことは健康寿命を延ばすことにもつながります。愛猫のダイエットを考えている飼い主さん、まずは、フードの種類を低カロリーのものに替えることから始めてみては?

ねこのきもち WEB MAGAZINE「肥満チェックと成功するダイエット」

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫のダイエット~体型チェックの方法、食事管理、肥満だと心配な病気について~」

参考/『ねこのきもち』2016年11月号「最新のニューヨーク式“太らせない”秘策も 成功する猫ダイエット」(監修:山本宗伸先生)
    『ねこのきもち』WEB MAGAZINE「-2.7㎏のダイエットに成功した猫!」
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る