1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【獣医師が解説】猫にヨーグルトはアリ?適量・頻度・注意点も解説!

【獣医師が解説】猫にヨーグルトはアリ?適量・頻度・注意点も解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人にとっては、健康によくとても美味しいヨーグルトですが、猫にとってはどうなのでしょうか?今回は、猫にヨーグルトを与えてよいのか、また与える際の量・種類・頻度、そしてメリットデやメリット、ヨーグルトと猫にまつわる噂について解説します。

猫にヨーグルトを与えてもいいの?

可愛い猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

人にとっては無害でも、動物にとっては害となる食べ物はたくさんあります。猫の場合は、チョコレートやネギ類、生のイカなどが有名ですね。では、「ヨーグルト」はどうなのでしょう?

結論から言うと、猫はヨーグルトを食べることができます。ヨーグルトは猫にとっても体に良い食材なのです。しかし当たり前ですが、とにかくたくさん食べさせればいい!というものではありません。人と猫とでは体の大きさや構造が大きく異なるので、人の食べ方や適量を目安にするのはNGです。
ここでは、猫とヨーグルトにまつわるさまざまな疑問を解決していきます。

猫にヨーグルトを与える場合のメリット・デメリットとは

ペロっとする猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫にヨーグルトを与える場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

人の場合、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が内環境を整えてくれるので、便秘や下痢を改善する効果が期待できます。そのため、便秘解消が目的でヨーグルトを食べている方も多いのではないでしょうか。

これは猫にも言えることで、適量与えることにより腸内の善玉菌を増やし、便通を改善すると期待できます。腸内環境が整うと免疫力もUPするとされているので、猫の健康管理にも役立ちそうですね。
さらに乳酸菌の中には、虫歯菌や歯周病菌の減少に効果があるとされる種類の菌もあるようです。虫歯予防や歯周病予防の他、口臭対策に有効だとも言われています。

デメリット

ヨーグルトはヘルシーなイメージですが、意外と脂肪分が豊富。ぽっちゃり体型の猫に積極的に与えると、肥満になってしまう場合もあります。また、乳製品にアレルギー反応を示す猫もいます。アレルギーは命に関わるケースもあるので、ヨーグルトを初めて与える際はごく少量にし、食べた後はしばらく様子を観察してあげてくださいね。

こんな猫には与えない方がいい!

飲む猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

全ての猫にヨーグルトを与えてもいいのかと言うと、そうでもありません。デメリットの項目でご紹介した通り、ぽっちゃり気味の猫に与えすぎると肥満の原因になりますし、アレルギーの有無は要注意でしょう。

乳糖不耐性の猫は要注意!

その他にも、「乳糖不耐性」という問題があります。牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロする方はいませんか?牛乳に含まれる乳糖という物質を分解する酵素が少ない体質だと、下痢を引き起こしてしまうのです。
そして、この乳糖不耐性は人だけでなく、犬や猫にも起こりえます。ヨーグルトは発酵の過程で乳糖が減りますが、それでもすべてなくなるわけではありません。愛猫がヨーグルトを食べると下痢になるのなら、乳糖不耐性が疑われますので与えない方が良いでしょう。

嫌いな猫もいる

純粋に「ヨーグルトが嫌い!」という猫もいます。ヨーグルトは猫の必須食材というわけではないので、嫌いなら嫌いで与えなくてOKです。健康にいいんだから!と無理強いはしないであげましょう。

与える量や頻度、与えてもいいヨーグルトの種類は?

可愛い猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

愛猫にヨーグルトを与える場合、量や頻度も気になりますよね。与えすぎがよくないのなら、具体的にはどのくらいがベストなのでしょうか?

与えてもいい量と頻度

・1回の量の目安
1回に与えてもいい量は、【小さじ2杯程度】です。少ないと思うかもしれませんが、体の小さな猫にとってはこれくらいが上限です。

・頻度の目安
頻度は、成猫の場合は多くても【3日に1回】です。子猫はまだ内臓が未発達なので、ヨーグルトの与えすぎは体調不良の原因になる場合も。できれば成長するまで与えない方が安心ですよ。

ヨーグルトの種類

・無糖かつ低脂肪or無脂肪タイプを!
ヨーグルトにはいろいろな種類がありますが、猫には「無糖」タイプで、「低脂肪」もしくは「無脂肪」タイプのものを与えるようにしましょう。砂糖が入っていると、肥満や虫歯の原因になることがあります。また、前述した通り、ヨーグルトは意外と脂肪分が多いため、無脂肪タイプがベストといえるでしょう。

・味はプレーンのみ
味は「プレーン」のみ与えてください。味がついているものは、砂糖や人工甘味料などが混ざっていることが多いようです。また、フルーツが入っているタイプは絶対にNG。フルーツの中には猫にとって毒となるものもあるので要注意です。

・猫用のヨーグルトもおすすめ
最近は猫用のヨーグルトも販売されています。自分で選ぶのが心配な方は、猫用に作られた専用のヨーグルトを購入するのがおすすめですよ。

ヨーグルトが大好きな猫の場合、食事の前にヨーグルトを与えてしまうと、キャットフードを食べなくなるおそれがあるため、与えるなら食後がおすすめです。また、ヨーグルトはあくまでもおやつや嗜好品程度の認識で、基本的な栄養はキャットフードからということを忘れないようにしましょう。

猫にヨーグルトを与えると…?ネットでの噂を解説!

挟まる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ネット上には、「猫にヨーグルトを与えると○○だ!」という噂がいくつも転がっています。今回はその中でも有名な2つの噂について解説します!

① 猫がヨーグルトを食べると腎不全が治る

こちらは、ネットでまことしやかに流れている説です。ブログなどでは、実際にヨーグルトを与え続けたら腎不全が治ったと記載しているケースもあります。しかし、医学的には解明されていないのが現状で、一度失われてしまった腎機能は元に戻らないというのが定説です。

愛猫が腎不全になった場合は、まずは獣医師の指示に従うことが大切です。そのうえで、獣医師から「ヨーグルトを与えてもいい」と許可が出たときのみ、適量を与えてみてもよいでしょう。ヨーグルトのミネラル分が腎不全によくない影響を与えるおそれがあるので、自己判断は禁物ですよ。

② 猫がヨーグルトを食べると尿路結石になる

結石の原因の1つに、過剰なミネラルの摂取があります。ヨーグルトはミネラル分が豊富なので、このような説がでてきたのではと考えられます。たしかにヨーグルトにはカルシウムなどのミネラル分が多く含まれていますが、これは与えすぎた場合の話です。
猫にとっての適量と適切な頻度を守れば、ヨーグルトを与えたことが原因で尿路結石になる可能性は低いでしょう。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫の病気・症状データベース(慢性腎不全)」

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫の病気・症状データベース(下部尿路症候群)」

猫にヨーグルトを与えることは、猫の健康維持に役立ちます。しかし、量・頻度・種類などを守らないと、逆に猫の健康を脅かすおそれもあるので注意しましょう。ヨーグルトを与える際は参考にしてみてくださいね!

参考/「ねこのきもち」『まんぞくさんも大満足♡猫に与えてOK?NG?食べ物図鑑』(監修:高円寺アニマルクリニック院長 高崎一哉先生)
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/higarina
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る