1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. キャットフードに含まれる添加物で猫に影響は?ランキングつき

猫と暮らす

UP DATE

キャットフードに含まれる添加物で猫に影響は?ランキングつき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャットフードに含まれている添加物。飼い主としては、どんな影響があるのか気になりますよね?今回は添加物を入れる理由をはじめ、その種類や注意が必要な添加物、ペットフード安全法、そしてキャットフードランキングもあわせてご紹介します。

第1章 キャットフードに添加物を入れるワケ

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

なぜ⼈間の⾷品と同じように、キャットフードにも添加物が⼊れられているのでしょうか。じつは、添加物のなかにはキャットフードの品質を保持したり、安全を守ったり、猫の体内で合成できない栄養素を供給するために不可欠だからです。添加物は猫の体にとって危険なものと思われがちですが、それは誤解です。そもそも、体に危険を及ぼすものは添加物として認められません。

たとえば、猫の健康のために必要な栄養素でもある脂肪。どのキャットフードにも必ず含まれていますが、酸素の存在と光と温度によって酸化を起こしてしまいます。そうなると嗜好性が下がるだけでなく、嘔吐や下痢といった症状の原因になることも。
とくに酸素と光、温度の影響を受けやすいドライフードは「酸化防止剤」と呼ばれる添加物を入れないと、あっという間に脂肪の酸化が進み、猫にとっておいしくない上に体にも悪影響をおよぼすフードになってしまいます。このようなことが起きないよう、科学的に安全性が確認された「酸化防止剤」をフードに添加しているのです。

愛猫の健康のためにも、キャットフードに含まれている添加物について学ぶことは、とても重要だといえるでしょう。

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

第2章 キャットフードの添加物とは?

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

たくさんの種類がある添加物のなかには、用途や使用量の制限が必要なものもいくつかあります。以下に、国内外でペットフードやキャットフードの使用に制限が定められている添加物の一部をご紹介します。

※指定添加物とは科学的な安全試験によって人の食品に入れることを認められているもの。既存添加物とは長い食経験があり例外的に使用、販売が認められているものです。

・プロピレングリコール
保湿作用や制菌作用があります。猫が摂取すると赤血球に影響が見られることから、キャットフードへの使用は禁止されています。人や犬には害が認められておらず、ドッグフードへの使用については問題がありません。

・BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
人の食品の指定添加物の1つで、化粧品等にも使用されている。「ペットフード安全法」で規定されている使用基準は、エトキシキン・BHA・BHTの総量で150μg/g以下。

・BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
人の食品の指定添加物の1つ。「ペットフード安全法」で規定されている使用基準は、エトキシキン・BHA・BHTの総量で150μg/g以下。

・亜硝酸ナトリウム
ペットフードの缶詰やスナック類の保存料、発色剤として使用されている添加物です。「ペットフード安全法」で使用基準が定められています。

ねこのきもちWEB MAGAZINE「キャットフードのBHAは本当に危険なの? 酸化防止剤が猫に与える危険性を調べました」

第3章 キャットフードは「ペットフード安全法」で守られている

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ご紹介した通り、添加物にはたくさんの種類が存在します。「猫に与えるのは不安…」と思われる方もいるかもしれませんが、国内で製造・販売されているキャットフードは国が定めた「ペットフード安全法」により、安全性が確保されています。

・「ペットフード安全法」とは?
「ペットフード安全法」とはその名の通り、ペットフードの安全性を確保し、ペットの健康を守ることを目的に制定された世界にも類を見ない法律です。猫および犬用のペットフードが対象で、国が定めた表示・製造方法に沿っていない製品の製造・販売・輸入が禁じられています。

ほかにも、製造業者名や賞味期限などの表示、製造業者・輸入業者の届け出、帳簿の記載などが義務づけられており、法律が遵守されているかどうかは国とFAMIC(独立行政法人農林水産消費安全技術センター)により監視されています。

「ペットフード安全法」で定められている安全基準・規格は最新の科学的知見などに基づいたものであり、仮に毎日キャットフードを食べ続けたとしても、健康に影響を与えない量の添加物しか使われていません。

・キャットフードに大切なのは「栄養バランス」
「ペットフード安全法」によってキャットフードの安全性は確保されていますが、キャットフード選びに大切なのは、栄養バランスを考えることです。愛猫の様子を日ごろからよく観察し、年齢や体質にあったキャットフードを選びましょう。

愛猫の健康を守るのは飼い主の役目。少しでも愛猫が長生きできるよう、適切なキャットフードを選んであげることをおすすめします。

ねこのきもちWEB MAGAZINE「『ペットフード安全法』とはどのような法律ですか。~法整備の目的と内容」

ねこのきもちWEB MAGAZINE「キャットフードに入っている添加物が気になります。酸化防止剤は、どうして入っているのですか?」

第4章 「ねこのきもちアプリ」ユーザーが選んだフードブランドランキングを紹介

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

最後に、キャットフードを吟味している飼い主さんに、「ねこのきもちアプリ」ユーザーが選んだフードランキングをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

購入しているフードブランドランキング
1位ロイヤルカナン(ロイヤルカナン ジャポン)
フィーライン ヘルス ニュートリション インドア

室内猫の健康維持をサポートするフード。消化率の非常に高い超高消化性タンパク(L.I.P.*)と複数の⾷物繊維を配合し、脂肪の含有量も適度に抑えています。
*L.I.P.:消化率90%以上の超高消化性タンパク(ロイヤルカナン調べ)
2位シーバ(マース ジャパン)
シーバ® デュオ® 香りのまぐろ味セレクション

外はカリッと、中は舌でとろけるクリームの2層粒が特徴。セレクションシリーズでは、4種類の味が1つの箱で楽しめます。
3位モンプチ(ネスレ ピュリナ ペットケア)
モンプチ スープパウチ まぐろスープ かにかま、しらす入り

栄養と水分をおいしく補給できる、具だくさんでとろりとしたスープ。メインのごはんのほかに、おやつやごほうびにも。

今後購入してみたいフードブランドランキング
1位ロイヤルカナン(ロイヤルカナン ジャポン)
商品は「購入しているフードブランドランキング」の表をご参照ください。
2位ブルー(ブルーバッファロー・ジャパン)
BLUE ライフプロテクション・フォーミュラ™ 成猫用室内飼い 毛玉ケア チキン&玄米レシピ

室内猫の体重維持と毛玉ケアに配慮したフード。骨抜き鶏肉、野菜などの自然素材で味も追求しています。
※各メーカーの代表的な商品です。

ランキング/「ねこのきもち」2018年8月号『猫アイテム人気ランキング2018』より。※2018年4~5月「ねこのきもちアプリ」内調査(n=372)※商品は各メーカーの代表的な商品を掲載。

監修/徳本一義(獣医師)
へリックス株式会社代表取締役社長。大学卒業後、小動物臨床を経て、ペットフード会社で学術部門を担当。現在は、複数の獣医科大学の非常勤講師を兼任。ペット栄養学会理事。ペットフード協会新資格認定制度実行委員会委員長。
徳本先生

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る