1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【獣医師監修】猫の品種は何種類ある?人気猫種も写真つきでご紹介!

猫と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】猫の品種は何種類ある?人気猫種も写真つきでご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空前の猫ブームにより、猫を飼う人の数が増えてきている昨今。猫にはどれだけの品種があり、どの猫が人気なのか気になりますよね。今回は、猫の品種や柄の種類、特徴などと共に、猫を選ぶ際の参考になる人気品種のランキングを、写真つきでご紹介します!


目次

猫の品種はこれだけある!【長毛種編】

猫の品種はまだまだある!【短毛種編】

猫の柄や毛色はどれだけある?品種によって変わるの?

猫の人気品種を写真つきでご紹介!

品種の特徴と違いをよく理解した上で猫を飼おう!

猫の品種はこれだけある!【長毛種編】

机の上を気にするペルシャ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

まずは、長毛種に分類される猫の品種と、その原産国をご紹介します。数が多いため、表形式でまとめてみました。

長毛種に分類される猫の品種一覧





























































































品種名 原産国 平均体重
ターキッシュ・バン トルコ 3.0~8.0kg
ターキッシュ・アンゴラ トルコ 2.5~5.0kg
サイベリアン ロシア東部 4.0~8.0kg
ラガマフィン 米国 4.5~9.0kg
ヒマラヤン 英国 3.5~7.0kg
ペルシャ 英国 3.5~7.0kg
メインクーン 米国 4.5~8.0kg
ノルウェージャンフォレストキャット ノルウェー 3.0~10.0kg
ラグドール 米国 4.5~8.0kg
バーマン ミャンマー 4.0~7.0kg
ソマリ アメリカ 2.6~4.7kg
スコティッシュ・フォールド※ スコットランド 2.7~6.0kg
セルカーク・レックス アメリカ 3.0~7.0kg
ジャパニーズボブテイル 日本 2.7~4.3kg
ラパーマ アメリカ 2.5~4.5kg
マンチカン※ 米国 3.0~4.0kg
アメリカンカール アメリカ 2.6~6.0kg

※ここでは長毛種に分類しましたが、スコティッシュ・フォールドやマンチカンなど、短毛種に分類されることもある品種がいます。個体によって毛の長さが異なるので、猫を選ぶ際に観察してみると楽しいですよ!

猫の品種はまだまだある!【短毛種編】

ゆっくりくつろぐロシアンブルー
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

次に、短毛種に分類される猫の品種と、その原産国をご紹介します。こちらも数が多いため、表形式でご紹介します。

短毛種に分類される猫の品種一覧







































































































品種名 原産国 平均体重
オリエンタルショートヘアー イギリス 3.0~5.0kg
コラット タイ 2.8~6.0kg
コーニッシュ・レックス イギリス 2.5~4.5kg
デボンレックス イギリス 2.5~4.0kg
ボンベイ アメリカ 3.0~5.0kg
シンガプーラ シンガポール 2.5~4.0kg
アメリカンショートヘア アメリカ 3.0~6.0kg
シャルトリュー フランス 3.0~6.5kg
ベンガル 米国 5.0~10.0kg
スフィンクス カナダ 3.0~6.0kg
ハバナ・ブラウン イギリス 2.8~5.0kg
ブリティッシュショートヘアー イギリス 3.0~6.5kg
ロシアンブルー ロシア 2.8~4.7kg
シャム タイ 2.6~4.5kg
アビシニアン 英国(エジプト) 2.6~4.5kg
エジプシャン・マウ エジプト 2.8~5.0kg
マンクス イギリス 3.0~5.5kg
バーミーズ ミャンマー 3.0~5.0kg
トンキニーズ ミャンマー、カナダ、アメリカ 2.8~5.8kg

こちらも短毛種に分類されていますが、アメリカンボブテイルやアメリカンカールなど、中毛種や長毛種に分類されることがある品種もいます。スフィンクスのような、毛がない品種の猫が短毛種に分類されているのも、なんだかおもしろいですね。

このように、長毛種・短毛種に一応分類されてはいるものの、どちらにも属する境目が曖昧な品種は多くいます。また、品種改良や交配が進んでからは、どの品種にも属さないMIX猫も誕生していて人気を集めています。

どの品種が性格や生態的に優れているかなどは一概に言えませんので、猫を選ぶ際は、その猫の個性や自分との相性を重視するのが良いかもしれませんね。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫図鑑」

猫の柄や毛色はどれだけある?品種によって変わるの?

黒白柄のMIX猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は品種だけでなく、柄や毛色の種類も豊富ですが、品種によって柄や毛の色は決まっているのでしょうか。現在発見されている、猫の柄と毛色の特徴を見ていきましょう。

猫の柄・毛色1:縞模様(キジトラ・タビー)

タビーとは、単色ベースの毛色に縞模様が入った柄を指します。特に有名なのが、茶色ベースの毛に黒い縞模様が入った「キジトラ」です。こちらはイエネコのルーツといわれるリビアヤマネコから発生した柄なので、この毛柄を持つ個体は数多くいます。

キジトラ以外にも、灰色ベースに黒い縞模様が入った「サバトラ(シルバータビー)」や、薄いオレンジベースに赤褐色の縞模様が入った「茶トラ(レッドタビー)」などの種類があります。

猫の柄・毛色2:ソリッド(単色カラー)

ソリッドとは、他の毛色や柄が入らない、単色のみで毛色が構成されるタイプです。白や黒などはどの品種の猫にも見られますが、「ブルーキャット」と呼ばれるグレー色は、ロシアンブルーやシャルトリューなどの純血種の猫に見られる特徴です。

猫の柄・毛色3:バイカラー・キャリコ(2色・3色柄)

バイカラーとは、白と黒など2色の毛色が混ざった柄のことです。黒色の割合が多い猫は「黒白」、白の割合が多い猫は「白黒」と呼ばれます。白と黒以外には、キジトラ柄のおなかや足先が白い猫「キジ白」、サバトラ柄のおなかや足先が白い猫「サバ白」なども、バイカラーに分類されます。

一方キャリコとは、白・茶・黒など3色の毛色が混ざった柄を指します。三毛猫という呼び名の方がなじみ深いかもしれませんね。3色柄はミケ以外にもおり、黒・茶・赤の毛色がまだらに散った柄は「サビ(トーティシェル)」と呼ばれます。ちょっとおいしそうな、「ベッコウ猫」という別名もあるんですよ。

ちなみに3色柄は、遺伝的にオスが生まれる確率が極めて低い種類で、三毛もサビもオスが生まれるのは染色体異常を起こしたときだけといわれています。

猫の柄・毛色4:ポインテッド

ポインテッドとは、白ベースの毛色の末端(顔やしっぽ、手足など)に、別の色がついている柄を指します。この柄が特に見られるのがシャムですが、交配が進む現代では、さまざまな品種でさまざまな毛色のポインテッドが見られるようになりました。

猫の柄・毛色5:ハチワレ・靴下

ハチワレはバイカラーにも似ていますが、まるで八の字を書くように、額の部分で毛色が2色に分かれる柄のことです。昔は白黒カラーの猫のみをハチワレと呼んでいましたが、現在では様々な毛色のハチワレを見ることができます。

靴下とは、まるで靴下をはいているように、足先の毛色が変わっている柄を指します。靴下柄はさまざまな毛色の猫に見られますが、靴下の毛色は白の場合がほとんどです。

猫の柄や毛色は、品種ではなく遺伝子によって決まる!

猫にはさまざまな毛色や柄がありますが、これらの色や柄は品種によって決まっているわけではありません。「ブルーキャット」のように、特定の品種に多く見られる毛色や柄も中にはありますが、同じ品種・兄弟姉妹間でも毛色や柄が全く違うということもよくあります。

ではなぜ、同じ品種の猫でも柄や毛色が違うのかというと、親から受け継ぐ遺伝子が柄や毛色を決定するためです。親の遺伝子によって決まるなら、兄弟姉妹でなぜ色が変わるの? と思ってしまいがちですが、それは、9種類ある“遺伝子座”という柄などを決定する遺伝子によるものです。

この9種類の遺伝子座が複雑に組み合わさるだけでなく、どの遺伝子が強く出るかによっても毛色などは変わってくるため、親と全く違う柄や毛色を持った子猫が誕生するのも珍しくないのだとか。

猫の人気品種を写真つきでご紹介!

呆然とした顔で遠くを見つめるペルシャ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

数多くいる猫の品種の中でも、どの猫の人気が高いのでしょうか? ここでは、アニコム損害保険株式会社の「猫の人気の品種ランキング2017」をもとに、人気猫種の特徴を写真つきでご紹介します。

1位:スコティッシュ・フォールド

小首をかしげるスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

数ある品種の中でも特に人気が高いのは、折れ耳とくりくり真ん丸目が特徴的な「スコティッシュ・フォールド」です。耳の形は個体差があり、立ち耳の猫もいれば、成長と共に折れ耳から立ち耳になる猫もいます。個体差はありますが、性格はおとなしく、人なつっこくて甘えん坊でもあるので、猫を初めて飼う方に向いているかもしれません。

2位:アメリカンショートヘア

遠くを見つめるアメリカンショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

2位は「アメリカンショートヘア」です。毛並は灰色が多いですが、灰色以外にも黒、クリーム、青、赤などたくさんあります。
好奇心旺盛で陽気な性格、愛らしい見た目もあり、幅広い年齢層から人気を集めています。運動神経は良いですが、肥満になりやすい体質なので、しっかり時間をとって遊んであげられる方に向いている品種です。

3位:マンチカン

階段を上っているマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

3位は、短い足で歩く姿が可愛い「マンチカン」です。マンチカン=短い足という印象が強いですが、実はマンチカンのうち8割は長足タイプで、短い足は2割ほどしかいないといわれています。

人なっこく好奇心旺盛で、運動量も多いので、十分なスキンシップ時間をとれる方に向いています。また、社交的な性格で他の動物とも仲良くなりやすいので、多頭飼いしたい方にもおすすめです。

4位:MIX猫(混血種)

どこかを見つめるキジトラ柄のMIX猫
ねこのきもち投稿写真ぎゃらりー

4位はなんと、数ある有名品種をおさえて、「MIX猫」がランクインしました。どの品種を交配したのか分からないMIX猫は「雑種」、純血種同士を掛け合わせて生まれたMIX猫は「混血種」と呼び分けられています。

柄や毛色、顔立ちなど見た目のバリエーションが豊富で、普通の品種の猫よりも遺伝性の病気にかかるリスクも低いといわれることから、近年MIX猫を求める方が多くなっているようです。

5位:ノルウェージャンフォレストキャット

キリっとした顔で見つめるノルウェージアンフォレストキャット
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

5位は、ノルウェーで見つかった野生種、大きな体格が特徴的な「ノルウェージャンフォレストキャット」です。名前にフォレストとつくように木登りが得意で、環境変化に強いという特徴があります。

厳しい野生環境を生きぬいてきただけあって、我慢強くストレス耐性も高いです。穏やかな性格なので、初心者でも比較的飼いやすい品種といえるでしょう。体が大きく、活発に動く傾向にあります。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「【2017年】猫の人気品種ランキングTOP5!1位はまん丸お目めの○○」

品種の特徴と違いをよく理解した上で猫を飼おう!

外を気にするメインクーン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は、さまざまな品種に分かれており、それぞれ見た目も性格も異なります。それぞれの品種の特徴をよく理解した上で、自分と合う猫を選びましょう。

とはいえ、同じ猫種であっても個体差があるので、上記で挙げたような性格や特徴に当てはまらない猫もいます。「思っていた性格と違った!」となっても、愛情を持って育ててあげてくださいね。

参考/「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『【2017年】猫の人気品種ランキングTOP5!1位はまん丸お目めの○○』
   「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『猫図鑑』
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/pigeon
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る