1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 絆が強まる猫パンチの受け止め方! 3つの対応を使い分けよう

猫と暮らす

UP DATE

絆が強まる猫パンチの受け止め方! 3つの対応を使い分けよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫と暮らしていると、さまざまな場面で遭遇する「猫パンチ」。遊びから攻撃まで幅広い意味がありますが、猫パンチの受け止め方は3パターン覚えれば、比較的スムーズに対処できます。
それでは、具体的な対処法や使うシーンなどについて、詳しく見ていきましょう。

強めのパンチの場合は、猫に学習を促してみよう

お疲れなミント君
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫パンチといえど、状況は千差万別。
猫の熱中度や力加減によっては、痛いと感じてしまうことがあります。そこで、猫に学習を促して、「強い力でパンチをしたら、楽しい時間が終わってしまう」ことを覚えてもらうようにしましょう。

おすすめの方法は、強めのパンチがきたら「あっ」「ダメ」など短い言葉で、猫を一瞬驚かせ、その隙に離れること。

おもちゃなどに興奮して攻撃的になっている場合なら、遊びを中断して部屋から出ていくのも効果的です。

スキンシップ中の猫パンチなら、いったんストップしよう

きなこちゃんは夢の中
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんの行動に対して不快感を覚え、猫パンチをしてきたときは、行為をいったんやめるのがよいでしょう。

抱っこ中やなでているときに猫パンチをされたのなら、猫を自由にしてあげたり、なでるのをやめたりして様子を見てください。

猫は気ままな生き物なので、気分がのらないときにスキンシップをされると、不快に感じることもあります。しかし、飼い主さんの愛情を否定しているわけではないので、落ち込まずに冷静に対応してあげましょう。

ケガを未然に防ぐためにも、自衛することも大切!

グレちゃんのかわいいパンチ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の興奮度合いなどによっては、爪を出して猫パンチをすることもあるため、ケガにつながってしまうおそれも。猫パンチを受けないために、ある程度自衛することも大切です。

たとえば、スキンシップ中の猫パンチなら、長時間行うのはできるだけ避ける、無理強いはしないという点に気をつけるだけで、不快感の猫パンチを受けるリスクが下がります。

また、非常に攻撃的な猫パンチをしてくるほど興奮している場合は、大きめのバスタオルなどで猫をくるんで攻撃を防ぎ、落ち着くまでケージに入ってもらうようにしましょう。

猫パンチは猫の性格や気持ちを知るためにも、注目したい行動のひとつです。今回ご紹介した3つの方法で冷静に対処すれば、よりスムーズにコミュニケーションがとれるようになるかもしれません。
ぜひポイントをおさえて、愛猫の猫パンチを受け止めてあげてくださいね!

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫パンチは3種類ある!?その意味と見分け方を画像と動画で解説!」

参考/「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『猫パンチは3種類ある!?その意味と見分け方を画像と動画で解説!』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る