1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 食事・キャットフード
  5. トマトは猫が食べても大丈夫? 青いトマトやヘタに注意したい理由

猫と暮らす

UP DATE

トマトは猫が食べても大丈夫? 青いトマトやヘタに注意したい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トマトは猫が食べても健康上、問題のない食べ物です。水分量が多いので、消化器官の働きを助ける効果も期待できます。トマトを喜んで食べる猫もいますし、自分から欲しがる猫もいます。トマトに含まれている栄養素の中には猫の健康にいいものがあります。しかしすべての猫がトマトを食べてもいいわけではありません。猫の体質によってはトマトを食べると体調を崩してしまうこともあります。

ここではトマトを猫に与えることで期待できる効果、与える時の適切な量や加工する方法、猫がトマトを食べると起こりやすい体調不良などについて解説していきます。トマトは基本的に猫にとって安全な食べ物なので、与えたことがない場合は与えてみてください。

この記事の監修

佐野 忠士 先生

 獣医師
 酪農学園大学獣医学群獣医保健看護学類准教授
 酪農学園大学附属動物医療センター集中治療科診療科長

 日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学)卒業
 東京大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻博士課程修了
 北里大学獣医畜産学部および同大学獣医学部勤務
 日本大学生物資源科学部獣医学科勤務

●資格:獣医師/博士(獣医学)/世界的獣医心肺蘇生ガイドラインインストラクター(RECOVER インストラクター)/CCRP

●所属:日本獣医麻酔外科学会日本獣医学会日本獣医師会日本動物リハビリテーション学会動物臨床医学研究所日本麻酔科学会日本臨床モニター学会

●主な診療科目:麻酔科/集中治療科

●書籍:『asBOOKS チームで取り組む獣医師動物看護師のためのICU管理超入門』『as BOOKS チームで取り組む獣医師・動物看護師のための輸液超入門』『動物看護師のための麻酔超入門・改訂版』 など多数

続きを読む

トマトの栄養素

トマトのヴァイン
Kuvona/gettyimages

トマトに含まれている栄養素の中で代表的なのはリコピンです。リコピンには抗酸化作用があり、体内で増えてしまった活性酸素を取り除く効果が期待できます。人間が抗酸化作用のあるリコピンが含まれた食べ物を食べた場合は、肺がんをはじめとするがんのリスクを下げる効果があるといわれています。猫にとっても免疫力を高め、同様の効果があるとされています。

また「太りすぎて発症してしまう高脂血症や脂肪肝などを改善する効果がある」と、大学の研究グループが発表している「13-oxo-ODA」という栄養素も含まれてます。

ただトマトにはクエン酸も含まれてます。クエン酸そのものは疲労回復や、生命維持活動に必要な栄養素なので猫の健康にもいいです。ただトマトの酸味成分なので、酸っぱさが気にならない与え方にしましょう。

トマトを猫に与えた時に起こりやすい体調の変化を知っておこう!

MIXキジトラのすずちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

トマトは基本的に猫が食べても大丈夫な食べ物なのですが、体調不良を起こす場合もあります。トマトを上げる前に猫が体調不良を起こすとしたら、どのような症状が出るのかを知っておきましょう。

また猫が体調不良を起こさないトマトの与え方も知っておくと、大切な猫が体を壊すのを未然に防ぐことができます。トマトに含まれている成分の中には猫の心拍数を下げ、消化器官の働きを低下させてしまうものもあります。

健康な猫ならそのまま死んでしまう可能性は低いですが、高齢な猫や病気を抱えている猫の場合は、危険な状態になることもあります。トマトを与えて起こりうる体調不良を知っていれば、すぐに対応できるので、ここで把握しておきましょう。

トマトのへたに含まれるトマチンは猫に良くないので注意!

猫にトマトを与える時は必ずへたをとりましょう。トマトの実には猫にとって有害な成分が含まれていませんが、へたには有害な成分が含まれています。

トマトのへたにはトマチンと呼ばれる成分が含まれていて、その中にはアルカロイドが含まれています。アルカロイドとは有機化合物の一種で、ジャガイモの芽に含まれているソラニンにも含まれている成分です。大量に摂取すると下痢や嘔吐、ひどくなるとめまい、ふらつきなどの神経症状が出ます。

猫がトマトのへたを大量に食べることはめったにありませんが、人間からすると少量でも猫にとっては量が多いということもありますので、へたはキレイに取り除きましょう。また猫にとって消化しやすい赤く熟しているトマトを選ぶのもポイントです。

猫がトマトを食べると下痢や嘔吐などの症状が出ることもある

トマトを食べた猫が体調不良を起こす場合があります。トマトを食べたことで起こる体調不良は主に、下痢や嘔吐、体をかゆがる、体の震え、気力の低下などです。

下痢や嘔吐、体をかゆがるなどの症状が分かりやすいですが、気力の低下は気付きにくいので、注意深く観察しましょう。いつもと名前を呼んだ時の反応が違う、好きなおもちゃを見せても起き上がらない、寝てばかりいるなどの反応がないか確認してください。

猫がトマトを食べるのは食卓に出ているのを勝手に食べてしまうだけではなく、家庭菜園などで育てているトマトを食べてしまうこともあります。トマチンはトマトの茎や花、熟し切っていない青いトマトの実にも含まれています。育てている最中のトマトを猫が食べてしまわないようにしましょう。

猫にトマトを与える時は皮の処理をすると消化しやすい!

マンチカンの茶々ちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫にトマトを与える時は薄い皮の処理をていねいに行いましょう。猫が体内で消化しにくいものはできるだけ取り除いて、多すぎないように量に気を付けてトマトを与えてください。

また猫に与えるトマトはしっかりと重みがあるか、真っ赤に熟しているか、トマトの底から筋が入っているかなどを確認してください。実の表面に傷があるトマトはそこから雑菌が繁殖している可能性があるので、傷がついているトマトは避けた方がいいでしょう。

トマトのトマチンに含まれているアルカロイドには、血液を溶かす作用や神経を麻痺させる作用があります。大量に与えると猫にはよくないので、猫にトマトを与えるのに適切な量を確認し、適切な方法で与えてください。

トマトはしっかり加熱して数日おきに少量を与えるのが基本!

トマトに含まれていて、抗酸化作用が期待できるリコピンは加熱すると猫が吸収しやすい状態になります。生トマトのままでは猫の消化にもよくないですし、クエン酸による酸味も強いので、猫にトマトを与える時は加熱してから与えてください。トマトの皮は薄いですが、猫が消化しにくいので、トマトをゆでる時に皮をむいてしまうか、細かく切って与えましょう。

猫にトマトを与える量は少しだけにします。大きなトマトなら16分の1個、ミニトマトなら1個を目安に毎日あげるのではなく、数日おきに与えてください。大きなトマトにもミニトマトにもさまざまな品種がありますが、赤いトマトをあげると安全な上に、猫の健康にいい抗酸化作用などを期待できます。

ミニトマトを与える時は必ず4分の1にカットして与える

トマトは大きいトマトもミニトマトも含まれている成分が同じです。大きなトマトを猫に与える際の注意点も、ミニトマトを猫に与える際の注意点も同じですが、ミニトマトはそのままの大きさであげないように気を付けましょう。

犬の場合は中型犬以上なら口が大きいのでかみつぶせますが、口が小さい猫はミニトマトを自分でかみつぶしにくいです。そのままミニトマトを丸飲みして窒息してしまう危険があるので、加熱処理する場合でも4分の1にカットしておいてください。

またミニトマトでも青みがかっていて未成熟なものは、トマチンが成熟トマトの約100倍含まれています。体調不良を引き起こす可能性があるので、猫には食べさせないようにしましょう。

健康にいい効果が期待できるトマトを使った猫のご飯レシピ!

トマトを使った猫のためのレシピは魚を使ったスープです。猫が好きな魚をトマトスープに仕立てると、トマトを食べたことがない猫でも喜んで食べてくれるでしょう。魚のトマトスープを作る時はトマトを湯剥きして、細かく切って入れると消化しやすいです。

またトマトリゾットも猫が食べやすいレシピです。すりおろしたトマトとお湯を鍋に入れ、細かく切ったズッキーニ・たいビッツを加え、ヤギミルクパウダーと水を小さじ1ずつ混ぜてから入れます。そこにご飯を入れれば完成です。トマトの量は猫の様子を見ながら調節してください。

ただこのようなレシピで加熱処理をしても、トマチンを完全になくすことはできないので、与えすぎには気を付けましょう。

トマトを少しづつ与えて大切な猫の体調管理に役立てよう!

トマトは基本的に猫でも食べられる食べ物ですし、猫の健康にいい効果が期待できる栄養も含まれています。与える量と与え方に間違えないように気を付けながらあげましょう。特にトマトの下処理は慎重に行ってください。

トマトにはリコピンなどの健康にいい成分が含まれているので、健康が心配な猫にあたえるのがおすすめです。トマトは水分の含有量も多いので、水分不足になりやすい高齢な猫にもいい食べ物です。

トマトを使った猫のためのレシピも種類がたくさんあります。しかしトマチンなどの健康に害を与える成分も含まれていますが、家庭でできるかんたんな調理で取り除くことができます。家族でトマトを食べる時についでに猫にもあげましょう。

監修/佐野忠士先生(酪農学園大学獣医学群獣医保健看護学類准教授)
文/BE
※一部写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る