1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 食事・キャットフード
  5. 猫はキャベツを食べても大丈夫?与えるときの注意点は?

猫と暮らす

UP DATE

猫はキャベツを食べても大丈夫?与えるときの注意点は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫を飼っている方なら分かると思いますが、猫の中にはたまにキャベツなどをバリバリ食べてしまう子がいます。猫草なるものが販売されていますが、それとは別に葉物野菜を好んで食べる猫もいます。しかし、猫にキャベツを与えても大丈夫なのでしょうか。

答えは大丈夫です。キャベツに含まれる成分の中に、猫にとって有害となるものはありません。

とは言っても、適当にキャベツを与えるのは考えものです。今回は、キャベツの持つ栄養素や正しいキャベツの与え方などを分かりやすく説明していきます。

この記事の監修

佐野 忠士 先生

 獣医師
 酪農学園大学獣医学群獣医保健看護学類准教授
 酪農学園大学附属動物医療センター集中治療科診療科長

 日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学)卒業
 東京大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻博士課程修了
 北里大学獣医畜産学部および同大学獣医学部勤務
 日本大学生物資源科学部獣医学科勤務

●資格:獣医師/博士(獣医学)/世界的獣医心肺蘇生ガイドラインインストラクター(RECOVER インストラクター)/CCRP

●所属:日本獣医麻酔外科学会日本獣医学会日本獣医師会日本動物リハビリテーション学会動物臨床医学研究所日本麻酔科学会日本臨床モニター学会

●主な診療科目:麻酔科/集中治療科

●書籍:『asBOOKS チームで取り組む獣医師動物看護師のためのICU管理超入門』『as BOOKS チームで取り組む獣医師・動物看護師のための輸液超入門』『動物看護師のための麻酔超入門・改訂版』 など多数

続きを読む

キャベツの栄養素

showcake/gettyimages

生でも火を通してでも美味しくいただけるキャベツはアブラナ科に属する野菜です。アブラナ科には非常に多くの種類があり、カリフラワーやケール、ブロッコリーなどが含まれるほか、最近注目される南米由来の高栄養価野菜マカなどもアブラナ科に属しています。

キャベツには、世界でおよそ60種類以上の品種が栽培されていると言われていますが、猫が食べることの多い種類はグリーンボールと言う品種で、流通しているキャベツのほとんどを占めています。柔らかくシャキシャキした歯ざわりが特徴で猫が好むのも分かりますね。そのほかにも、北海道にはグリーンボールの10倍以上の大きさにもなる『札幌大球』という品種もあるそうです。

キャベツの持つ栄養素

キャベツは、古代ローマ時代や古代ギリシアの時代には、すでに栽培されていて主に薬草として用いられていたそうです。塩化メチルメチオニンスルホニウムと呼ばれるメチオニン誘導体が含まれており、これはビタミンUとも呼ばれる成分で胃酸の分泌を抑えたり、胃粘膜を修復したりする機能が報告されています。キャベツの持つこの効果は古くから知られており、古代ギリシア時代には、すでに胃薬として用いられていたという記録も残っているのです。また、ビタミンUはキャベジンという別称もあり、そのまま胃薬の名前としても商標登録されています。

また、アブラナ科の植物が持つ特殊な成分にイソチオシアネートとグルコシノレートがあります。これらの成分は、アブラナ科の植物が持つ辛味成分なのですが、非常に高い抗癌作用があることが報告されています。ブロッコリーのスルフォラファンなども同じ系統の物質なのですが、前述のマカが注目されているのも、グルコシノレートの含有量が突出して高いことが理由になっています。

また、食物繊維が豊富な野菜としても有名で、キャベツ100gあたりに含まれる食物繊維の量は、水溶性食物繊維が0.4mg、不溶性食物繊維が1.4mgとなっています。水分量も多いことから便秘気味の猫には効果が期待できるかもしれませんね。

スーパーのキャベツは安全?

2017年のキャベツの国内生産量は128万トン。対して輸入キャベツの総量は9万2000トンとなっています。
国内の野菜の多くは産地リレーという栽培方式が用いられています。暖かいところから始まって、季節が進むにしたがってキャベツの生産も北上します。さらに寒玉、春玉といった品種を使い分けることで1年を通して安定してキャベツが供給できるようになっているのです。

猫にキャベツを与えるメリット

猫は、完全肉食動物です。本来、肉食動物が栄養補給のために野菜を積極的に食べることはありません。猫が猫草を食べるのは、グルーミングでたまった毛玉を吐き出すためではないかと言われています。これは、猫草が消化されずに排出されることを見ても栄養的に猫が欲しているのではないことが分かります。とは言っても、肉や野菜から摂取できない栄養素はどうやって補ってきたのでしょう。

野生の肉食動物は、ほかの動物を食べて生活しています。肉食動物が獲物を狩った場合、最初に食べるのは内蔵だと言います。これは、草食動物が食べた植物を、草食動物の持つ消化酵素ごと取り込む必要があるからだと言われています。

猫は、体の大きさに対する腸の長さが、草食動物や雑食の動物と比較すると短く、植物を効率よく消化できる酵素を持っていません。ましてや、近年の家猫は完全室内飼育で外出させることをしませんから、ほかの動物から消化酵素を補うこともできません。もっとも、猫にとって必要な栄養素はすべてキャットフードから摂取できますから、あえてキャベツを与えるメリットはないのです。

尿路結石に注意

キャベツに含まれる栄養素の中に、猫に危険なものは含まれていません。しかし、あえて注意点を挙げるとするならばキャベツを摂取することで、おしっこの成分がアルカリ性に傾き、尿路結石を起こす可能性が高くなるといった点です。

キャベツに限ったことではありませんが、植物は基本アルカリ性です。大量にキャベツを食べることで体内のpHバランスが乱れ、アルカリ性に傾いてしまうことがあります。

尿路結石とは?

尿路結石にはいくつかの種類があり、尿がアルカリ性に傾くことで発症するストルバイト、シュウ酸カルシウムが原因となるカルシウム結晶、そのほか、シスチンや尿酸塩によるものなどがあります。

キャベツが原因で起こると考えられるストルバイトは、療法食で結石を溶かすことが可能なため、比較的簡単に治療できます。ただし、結晶の段階や小さな結石のときには溶解可能ですが、大きな結石になってしまうと手術が必要になることが多いのです。
シュウ酸カルシウムが原因の場合は、結石そのものを手術などで取り出す必要があります。

尿路結石の症状

ペットシートなどでトイレをさせている場合、おしっこがキラキラしていることがあります。これは、おしっこに結晶が溜まっていることを示しているのです。さらに症状が進んでいくと、血尿が出る、トイレに何度も出入りをする、何度もオシッコの姿勢をとるのにオシッコが出ていない、トレイで鳴くといった現象が見られ、元気がなくなってしまいます。

尿路結石に気が付かずにいると、最終的には尿毒症を起こし命が危険になることもあるので注意が必要です。

こういう猫には与えないで

もともとお腹が弱い猫などの場合、消化しづらいキャベツは内臓に負担をかけることになってしまうので与えない方がいいでしょう。同じように高齢の猫も消化能力が落ちている場合もありますから、与える時には量を調節するなどの工夫が必要です。

冷たいキャベツはNG

きいろくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

キャベツは通常、冷蔵庫などで保管していると思いますが、猫に与える時は少なくとも室温程度に戻してから与えることをおすすめします。

一般的に哺乳類の腸がもっとも活発に活動する温度は体温よりも少し高いくらいと言われています。腸の短い猫がキャベツを消化するには、できるだけ腸が活動しやすい温度にしておくことが大切なのです。

細かく切るとなお良い

猫の奥歯は犬などのように、食べ物をすりつぶす作業に向いていません。また、意外と長いものを噛み切ることも得意ではなく、細く切ったキャベツなどをそのまま飲み込んでえづいたりする光景も見かけます。猫にキャベツを与える時は、食べやすいサイズにカットしてから与えるといいでしょう。

与えすぎにはくれぐれも気をつけること

MIXキジトラのちまきちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

キャベツは猫にとって害となる成分が含まれていないため、安心して与えることのできる野菜です。また、スーパーなどで購入できるキャベツは国内産のものが多いため、農薬などに注意すれば衛生的にも問題はないでしょう。

ただ、ひとつリスクを考えるなら食べ過ぎたことによる消化不良やおしっこがアルカリ性に傾いたことによる尿路結石です。おしっこがキラキラ光る、おしっこの匂いが違う、頻繁にトイレに入る、トイレに入って鳴くなどの異常が見られた場合は、すぐに専門医の診察を受けてください。

監修/佐野忠士先生(酪農学園大学獣医学群獣医保健看護学類准教授)
文/BE
※一部写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る