1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 抱っこの仕方
  5. 猫が好きな抱っことは「猫に負担をかけない抱っこ」 コツを解説します

猫と暮らす

UP DATE

猫が好きな抱っことは「猫に負担をかけない抱っこ」 コツを解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫を抱っこしたいのに、させてくれない……。もしかしたら、猫に負担がかかる抱っこをしているからかもしれません。正しい抱っこの方法を学べば、抱っこ嫌いな猫も抱っこできるようになるはず! 今回は、猫に負担をかけない抱っこの仕方をご紹介します。

こんな抱き方はNG!猫が好きな抱っことは?

MIX ミケ チロルちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は抱っこされるとき、体がぐらぐらしたり、落ちそうになったりすると、嫌がる傾向があります。また、必要以上に拘束するなど、ある程度の自由がない抱き方をされても、不安やストレスを感じてしまうことがあるので注意しましょう。

猫を抱っこするときは、猫に負担をかけないよう意識することが大切。猫は安定していて圧迫感がなく、適度に自由のある抱っこを好むので、愛猫が抱っこさせてくれないとお悩みのかたは、以下の方法を試してみてください。

猫に負担をかけない抱っこをしよう!

MIX 茶トラ がんもくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

1. 猫を両手で持ち上げる

猫の両脇に手を入れ、左右の親指と人差し指で肩甲骨を押さえます。そして、薬指と小指で前足の付け根をはさみ、持ち上げましょう。

または、お腹側から前足の付け根に一方の手を添えて、首の後ろをつまんで持ち上げてもOK。胸周りを掴むのは、両手で胸を圧迫してしまうのでNGです!

2.猫を膝にのせ、前足の下からお尻の下へ腕をまわす

猫を持ち上げたら、ひざの上に横向きにのせます。持ち上げている時間が短いと、猫が嫌がりにくいので、素早くのせるようにしましょう。

ひざの上にのせたら、猫の頭側にある自分の腕を、猫の前足の下からお尻の方へまわします。二の腕のあたりに猫をもたれさせ、もう片方の手は猫の胸あたりに添えてください。

3.お尻をしっかり抱えて、猫の体を引き寄せる

お尻を片方の手のひらで包むようにしっかり抱え、猫の体を自分の方に引き寄せたら抱っこ成功です! もう片方の手は猫が腕から抜けないように、猫の胸に添えましょう。

この方法なら、猫は体や頭を動かすことができ、体に負担もかかりません。安心・快適な抱っこに、愛猫もリラックスしてくれるでしょう!

愛猫との関わり方を見直すことも大切!

MIX ミケ マリリン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ちなみに、猫が抱っこを嫌がる理由はほかにも、日々のコミュニケーションの不足や、抱こうとするタイミングが悪いという場合もあります。そのため、ふだんからたくさん話しかけたり、スキンシップを心掛けたりすることで、抱っこさせてくれるようになるケースも。

愛猫が抱っこさせてくれないときは、負担をかけない抱っこを心がけるのはもちろん、ふだんの接し方を見直してみることも大切でしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

参考/「ねこのきもち」2019年10月号『“できない”も “できてるつもり”も もう、大丈夫。パーフェクト抱っこできるようになりたい』(監修:アニマル・ケアサロンFLORA院長 日本ペットマッサージ協会理事 中桐由貴先生)
文/Yumi
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る