1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 留守番
  5. 暑い季節の「留守番」は危険がいっぱい【熱中症を起こさせない猫の留守番対策】3つ

猫と暮らす

UP DATE

暑い季節の「留守番」は危険がいっぱい【熱中症を起こさせない猫の留守番対策】3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い季節の留守番は特に注意が必要です!

暑い季節、それは猫の体調に異変が起きやすい季節です。
特に、飼い主さんがそばに居られない留守番中は、部屋の温度が高くなって熱中症を起こす危険性が。大切な猫の健康を守るためにも、これからの季節に実施したい留守番時の熱中症対策を紹介します。

エアコンをつけて出かける

涼しい部屋で過ごす猫(ミヌエット、メス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

外出時に、エアコンを使って室温をコントロールすることは大切です。猫は28度前後の温度を快適と感じるため、留守番中に猫が過ごす部屋は、室温をそのくらいの温度で保っておきたいです。家の構造にもよりますが、なるべく部屋全体が28度前後に保たれるよう調節しましょう。

エアコンの効きすぎが心配な場合には

部屋が暑すぎるのは危険ですが、エアコンが効きすぎるのも猫の体によくありません。猫が寒いと感じないためには、エアコンの風を上向きに設定して、体に直接当たらないようにする工夫も必要です。それでも寒さを感じる猫がいるかもしれませんので、寒いときにくるまれる毛布を1枚置くと安心でしょう。

部屋を自由に移動できるようにする

階段の上の猫(スコティッシュフォールド、オス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

エアコンを使った暑さ対策は必要ですが、猫が寒いと感じる場合には、自らの意思で居場所を探せることも重要です。部屋のドアが完全に閉め切られていなければ、猫が自由に部屋を移動して、心地よい場所を見つけることができるでしょう。

ドアは、ただ開けておくのでは危険!

ただドアを開けておくだけでは、何かのはずみにドアが閉まって移動の妨げになる心配が。意図しない“締め出し”や“閉じ込め”を防ぐためにも、ドアストッパーを使って扉をしっかりと固定しましょう。

ひんやりグッズも活用するとよい

冷蔵庫の前を陣取る猫(スコティッシュフォールド、オス)
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

エアコンをかけていない部屋には、ひんやりグッズを置くといいでしょう。市販のグッズのほか、保冷剤を厚めのタオルでくるんで使用したり、水を入れて凍らせたペットボトルを専用の袋などに入れて置いたりすれば、簡単にひんやりスポットができあがります。

誤飲や事故を防ぐことも忘れずに!

猫が保冷剤を噛んでしまうと、空いた穴から中身が飛び出し、誤飲する危険性が。保冷剤は猫がかじらないものを選び、直接触れて体を冷やしすぎないよう、必ずタオルや布にくるんで使用しましょう。
また、ペットボトル袋の紐も、猫が興奮して事故を起こす心配が。使用する前に、あらかじめ紐を切っておくと安全でしょう。

飼い主さんがそばで様子を見守ってあげられないからこそ、猫の留守番は、いろんな可能性を想定して対策する必要があります。暖かい日が増える春先から熱中症対策を開始して、この夏を快適に乗り切りましょう。

参考/「ねこのきもち」2018年8月号『ありがちトラブルを回避!対策で守る失敗しないお留守番』(監修:獣医師 菊池亜都子先生)
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る