1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【獣医師の解説】症例写真つき~猫の歯周病の症状は?進行すると?予防法は? 

【獣医師の解説】症例写真つき~猫の歯周病の症状は?進行すると?予防法は? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫も長生きの時代。また、食事環境も変わってきていることから、現在では3才過ぎた猫の8割以上に歯周病の心配があるといわれます。歯周病はたんに歯の問題だけでなく、猫の全身の健康にも害を及ぼす恐れが。どうしたら防げるのか、獣医師に解説してもらいました。

猫の歯周病ってどんな病気?

歯周病とは、歯肉に炎症が起こる歯肉炎や、歯の周りの組織が炎症を起こす歯周炎の総称です。歯垢が蓄積し、歯石化すると、ひどい口臭がしたり、歯肉が赤くなったりします。猫は激しい痛みを感じ、食事も満足にとれなくなり衰弱してしまう恐れがあります。

歯周病になりやすい猫って?

歯周病の元は、猫の歯に付着した歯石です。歯石のもとは、食べ物のカスと細菌などが含まれた歯垢。これが唾液中のカルシウムを取り込んで石灰化し、歯石になります。猫の場合、歯垢が歯石になる期間が1週間と人より短く、さらに歯みがきが難しいことが多いため、歯石がつきやすくなってしまうのです。ひどい歯周病は、7才を過ぎた高齢猫に多く見られますが、歯石は2才を過ぎると付着が見られるといわれるので、若い猫でも、そしてどんな猫でもかかる可能性があるのです。

猫の歯周病はどんなふうに進行するの?

猫の歯周病の原因は、歯垢中の細菌です。また、歯垢が石灰化して歯石になると、その上から歯垢が付くことに。最初は、細菌が歯と歯ぐきの間に入り込み、歯ぐきが炎症を起こすと歯肉炎になります。さらに進行すると、歯を支える周辺組織が炎症を起こす歯周炎になります。これらが歯周病なわけですが、悪化すると歯が抜け落ちてしまうこともあります。歯石を放っておくと、その上に付着した歯垢中の細菌が、歯ぐきやその近辺の血管を通って全身に運ばれ、心臓や腎臓をはじめとする、さまざまな内臓疾患を引き起こす可能性も。歯ぐきが腫れると、猫はフードを食べづらくなり、食欲が低下、充分な栄養がとれずに体力が落ちて、病気にかかりやすくもなってしまうのです。

歯周病 初期(軽症)の例

奥歯の上下、歯ぐきに近い歯の表面がうすい黄土色に変色しています。

歯周病 中期の例

上下の奥歯に歯石が付き、とくに下側の歯は歯石が盛り上がっています。歯ぐきも赤く腫れています。

歯周病 重症の例

歯ぐきが真っ赤で、上下ともにびっしり歯石がついています。とくに上側の歯ぐきに膿がたまっているのがわかります。

猫の歯周病の治療法は?

まずは原因である歯垢、歯石を取り除きます。重度の炎症がある場合は、その部位の歯を抜きます。これらの処置を施す際は全身麻酔が必要になります。病状が進行し、細菌が血管から全身にまわって内臓に疾患が出た場合は、その病状に応じた治療を施します。

猫の歯周病の予防法は?

多くの猫がかかる歯周病を予防するには、原因となる歯垢を歯石になる前に取り除くしかないので、歯ブラシで猫の歯を磨くのが、いちばんの予防法です。ただし、既に歯石がついてしまっている場合は、歯石の上からいくら磨いても効果は期待できません。歯みがきをする前に、愛猫の歯と歯ぐきの健康状態をチェックしましょう。健康な猫の歯ぐきは、全体的に薄いピンク色。歯には歯垢や歯石がついておらず、白色です。このような状態なら歯みがきをしてもOK。歯ぐきが赤く腫れ、歯に歯石が付いて黄土色の場合、歯ブラシを当てると猫が痛がるので、まずは動物病院で治療の相談をしましょう。

猫の歯みがきのやり方

猫の歯はとても小さいので、歯ブラシはブラシ部分が小さいタイプのものを使って。歯ブラシは柄の真ん中を鉛筆のように持ち、ブラシ部分を水またはぬるま湯で濡らして行います。猫の体の上から覆いかぶさるようにして、しっかり保定して行いましょう。猫が動かないように誰かに手伝ってもらい、体を押さえてもらうとスムーズでしょう。
1 猫の口角を持ち上げ、歯ぐきと奥歯の間にブラシを当て、横方向に小刻みにみがきます。
2 猫のヒゲの付け根を上げて、前歯は横方向に、長さのある犬歯は縦方向にもみがきます。

歯みがきの頻度は、1日1回できれば理想的ですが、2~3日に1回でも歯垢は取り除けるので、少しずつでもトライしてみましょう。

「歯みがきは無理!」な場合はデンタルケアグッズを

猫によっては「どうしても口元を触ることができない」タイプもいるでしょう。その場合は、ドライフードやおもちゃなど、デンタルケアを意識した製品を上手に利用してもいいでしょう。デンタルケアを意識した製品は、独特な形状で噛むと歯に付いた歯垢を落としたり、唾液の分泌を促して歯垢を洗い流したりする効果が期待できるといわれます。口の中にたらすだけの液体歯みがきもあります。

まとめ

一度歯石が付くと、猫の場合、全身麻酔をかけて歯石除去をしないと取り除けません。心配は少ないとはいえ、全身麻酔は猫の体に負担がかかるもの。そうならない前に、ふだんのデンタルケアでなるべく歯石がつかないようにしてあげたいですね。人と同様、猫にとっても長生きのために歯の健康は大事なのです。

出典:『ねこのきもち』2010年9月号「長生きにつながるカンタン歯みがきしてみよう」、同2015年5月号「ねこのお口トラブルは日頃のチェック&ケアで防いで」(ともに監修:フジタ動物病院院長 藤田桂一先生)

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る