1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫の鳴き声~鳴き声の種類・理由、鳴くときの気持ち、注意すること

猫の鳴き声~鳴き声の種類・理由、鳴くときの気持ち、注意すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫に話しかけたとき、ミャ~と返事のように鳴かれたら嬉しいですよね。一方、しつこく鳴かれると、意味がわからず心配になることも…。猫飼いさんにとって永遠のテーマ、「何を訴えて鳴いているの?」を、鳴き声の高さと状況から解説します。

猫は人との暮らしのなかで鳴き方を覚えるようになった

おもに単独行動をとっていた野生時代の猫は、敵に居場所を知られないようにするため、1匹で鳴いたり、猫同士で鳴き合ったりすることはあまりしませんでした。しかし、人から食事を与えられる飼い猫は、飼い主さんに自分の気持ちを伝えることが必要になり、自然と鳴き声を発する能力が発達したと考えられています。

鳴き声の高さで猫の気持ちがわかる!

猫の鳴き声の意味を推測するには、鳴き声の高さがヒントになるそうです。声の高さは、発生するときの力の加減に左右されるため、猫の気持ちが顕著に表れるそう。さらに、鳴いたときの時間や場所、前後の猫の行動で、より詳しく猫の気持ちを読み取ることができます。
ふだんの鳴き声より高い場合、ふだんと同じで高過ぎず、低過ぎない場合、ふだんより低い場合を解説します。

ふだんより高い猫の鳴き声は、甘えや興奮の気持ちを表している

猫は、声を張って鳴くことが少ない動物です。あえて力を入れて高い声を出すのは、人の気を引こうとしたり、甘えたかったりする気持ちを表現するため。また、興奮して気持ちが高ぶっていると鳴き声が高くなる傾向があります。

・家族の姿が見えなくなると、扉の前でニャオ~ン
家族の姿が見えず、不安な気持ちになっています。高い声で鳴いたらどこかから出てきてくれるのではと期待していることも。猫は、人に何かして欲しいとき、その要求が通るまで高い声で繰り返し鳴く傾向があります。過去に要求が通った経験から学習し、意図的に鳴くこともあります。いつも鳴き声に応えていると、激しいおねだりにつながりかねないので、ときには無視をすることも必要でしょう。

・特定の人に呼ばれたときだけウニャア~
甘え気分で返事をしているのでしょう。特定の人に高めの声で鳴く場合、その人を信頼している、大好きな気持ちを伝えている、と考えられます。

ふだん通りの鳴き声の高さなら、控えめな主張や挨拶の気持ち

猫の鳴き声が、ふだんと変わらず高過ぎず、低過ぎない高さなら、平常心に近いと考えられます。強い主張ではなく、「~してくれたらいいな」という控えめな気持ちを伝えたり、人同士の挨拶や返事に近い感覚で鳴くことが多いようです。

・朝、起きたときに近づきながらニャッニャッ、ニャッニャッ
猫が短い発声で鳴くのは上機嫌な証拠です。「おはよう」と挨拶に来ているのでしょう。今までの経験から「このあとはゴハンかな~」と想像しながら鳴くのが、毎朝のルーチンになっているのでしょう。いわば、人なら「ルンルン♪」と鼻歌を歌っているような気持ちですね。

・仰向けにごろんとなりながらウンニャッ
猫がお腹を出しているのは、人に対して安心しているよ、信頼しているよ、という意味。お腹を見せてかわいく鳴けば「こっちを向いてくれるかな」と淡い期待をしているのでしょう。猫がこんなふうに鳴いてくるときは、好む部位をなでて応えてあげましょう。

ふだんより低い鳴き声は、強い主張や威嚇などの気持ちを表現している

猫の低い鳴き声は、強い感情を表現する方法のひとつ。顔つきや動作だけでなく、低めの声で、主張をアピールするのです。何かしてほしいことや、やめてほしいことなどを強い感情で伝えようとしています。

・ウンチをしたあと、大きな声でヌォ~ン
猫がトイレ前後に興奮状態になるのは、野生時代の名残から。無防備になる排泄時に敵に狙われていないかと不安な気持ちから鳴くこともあります。トイレ砂で排泄物を隠してみたものの、少し落ち着かないため、不安そうに鳴いているのでしょう。また、このようなときは、飼い主さんが猫の不安要素を見極めてあげることも大事。トイレ環境なのか、同居猫がいたら、その関係性なのか、日ごろの生活をよく観察し、猫の不満要素を解消してあげたいですね。

・ほかの猫をなでていると、その猫を睨みながらウニャ~
猫が相手を睨むのは、敵意や抗議を表現しているからですが、さらに低い鳴き声がプラスされるときは、「どいてほしい」という気持ちがより強いのでしょう。飼い主さんは、両方の猫を順番になでるなど、平等に接するように心がけましょう。

猫が人の言葉をしゃべる!?

よく、「うちの猫は人の言葉をしゃべるんです」とか、「人の言葉をしゃべる猫」などが、ネットで話題になっていたりしますよね。「ゴア(ハ)~ン」や「オニャ(カ)エリ~」など。人が都合よく解釈しているケースもあるかもしれませんが、そういった音に聞こえる場合、ほとんどが飼い主さんとのコミュニケーションから生まれた鳴き声といえるでしょう。猫がたまたまその鳴き声で人に応えたときに、飼い主さんが喜んだり、いいことをしてくれたりした経験から学習し、同じタイミングでその鳴き声を繰り返すようになったと考えられます。

こんな猫の鳴き声には注意が必要

・夜中にうろうろしながら、高い声でアオ~ン
若い猫の場合は、遊びが足りていなくて不満がたまっている状態です。高齢猫の場合は、認知症の可能性も。猫は犬よりも認知障害が起きにくいといわれていますが、頻発するなら、一度獣医師に相談しましょう。

・同居猫が亡くなったあと高い声でウミャーウミャー
この場合、いつも一緒だった同居猫が突然いなくなったことで不安を感じ、飼い主さんに助けを求めているのかもしれません。部屋のニオイの変化や飼い主さんの元気のない様子からも、ふだんと違う雰囲気を察しているのでしょう。あまりに続くようなら、一度獣医師に相談を。

出典:『ねこのきもち』2016年10月号「鳴き声の「高さ」で気持ちがわかる! サウンドオブMEOW(ミャー)ジック」

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る