1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【獣医師が解説】予防はできる?「猫白血病ウイルス感染症」の基礎情報

【獣医師が解説】予防はできる?「猫白血病ウイルス感染症」の基礎情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫に感染のおそれがある「猫白血病ウイルス感染症」とは、一体どんな病気なのでしょうか。今回は、感染のルートや感染後の症状、そして予防法まで、飼い主さんの不安と疑問にお答えします。猫を飼い始めたら、まずは検査とワクチン接種ですよ。

知らないと怖い「猫白血病ウイルス感染症」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛猫をが外出しがち、最近猫を飼い始めたばかり、といった飼い主さんの中には『感染症』を心配している方も少なくないでしょう。大切な愛猫の健康は、飼い主さんならば誰もが気になるところでしょう。

ここで質問です。感染症の中でも、死に至ることもある「猫白血病ウイルス感染症」について詳しく理解していますか?「名前くらいしか知らない」「初めて聞いた」という方は、まずはこの病気について正しく理解しましょう。知識をつけることが、愛猫を守る最初の一歩です。

猫白血病ウイルス感染症とは

まず「猫白血病ウイルス感染症」とは、一体どんな感染症なのでしょうか。猫白血病ウイルス感染症は、レトロウイルス科に属しているウイルスに感染して起こります。「FeLV」とも表記されるこのウイルスは、人や他の動物への感染はありません。しかし、初感染で7割以上が発症し、特に子猫では80~100%の確率で発症し命を落とすことも多く、ワクチンを接種しても100%感染を防ぐことができない恐ろしい病気なのです。

猫白血病ウイルス感染症は、猫から猫に感染する病気なので、他の猫と接する機会のない猫は安心しても良いでしょう。しかし、外に出かける猫や多頭飼いの猫は注意が必要です。猫を飼い始めたらすぐにでも、動物病院にて感染症のチェックを行うことが重要になります。

「これって感染しているの?」気になる症状とは

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫白血病ウイルス感染症に感染した場合、どんな体調の変化が訪れるのでしょうか。外に出かける猫やノラ猫を迎え入れた飼い主さんは、今から紹介する症状に愛猫が当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

・元気や食欲がなくなる
・体重の減少
・歯ぐきが白っぽい(貧血)
・下痢
・発熱
・リンパ節の腫れ
・口内炎
・鼻炎

気になる症状があれば、病院で診てもらうことをおすすめします。多頭飼いの場合は他の猫への感染も疑われるので、早めに受診しましょう。

「感染しているかも」と思ったらどうするの?

まずは来院前に、病院へ連絡を入れましょう。感染の可能性があると病院内で隔離しなければならないこともあるので、事前に連絡しておくとスムーズに対応してもらえます。また他の猫への感染を防ぐためにも、キャリーケースから猫を出さないようにしましょう。

どこから感染するの?子猫がかかりやすいってホント?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

それでは、どのようなルートで感染してしまうのでしょうか。主な感染経路をご紹介します。

母猫からの感染

母猫が感染していた場合、子猫が感染するリスクは高まります。母猫の胎盤や母乳から感染してしまうのです。免疫機能が充分に発達していない子猫は、体外にウイルスを追い出すことができません。そのため成猫よりも発症するケースが多く、死に至ることもあるでしょう。

接触感染

ウイルスは血液に含まれていることから、唾液から糞尿に至るまでウイルスが生息しており、そこから多くの接触感染を引き起こします。毛づくろいや同じお皿での食事、トイレの共有などで感染することがあります。

感染の流れ

ウイルスに感染した時期を「急性期」といい、1週間~数ヵ月ほどで症状が出ると言われており、発熱やリンパ節の腫れなどの症状があらわれます。この「急性期」を経て回復する場合は、血中からウイルスが消失し、ウイルス排泄はなくなり、以降発症することはなくなります。ウイルスを排除できなかった場合は感染が続きます。

「急性期」の症状はいったんおさまり、数カ月から数年は表面的に健康的な状態が続き、「無症候キャリア期」と呼ばれます。

感染が続くと3年以内に発症することも多く、がん、血液や免疫の病気、他の感染症など様々な病気が見られます。

気になったら検査をしよう

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

新しい猫を飼い始めたときや疑わしい症状があらわれたときは、本当に感染しているかどうかを調べてもらいましょう。事前に動物病院に連絡を入れてから、受診してください。

陽性の場合

陽性反応が出たからといって、必ずしも発症するとは限りません。中には陰転する猫もいるので、3~4ヵ月後に再検査を行います。そこで陽性が出てしまうといつ発症するか分からないので、体調の変化に気をつけましょう。初期の段階ならば、免疫力を高める治療で陰転する可能性があるので、早めの検査が重要になります。

陰性の場合

陰性の場合は、感染していなかったと見なされます。しかし感染直後でウイルスの数が少ないと反応が出ないこともあります。まだ安心はできません。このようなとき、『PCR』という方法でより詳しく検査することもあります。

どんな治療方法になる?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

現状では根治する治療法はなく、発症した場合はその症状を抑える治療を行います。貧血のときは輸血、悪性リンパ腫のときは抗がん剤治療といった方法をとり、症状を和らげることになります。検査で陽性反応が出た猫は日々の体調を確認し、問題があればすぐに病院を受診しましょう。

予防にはなにが有効?私たちにできることは

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ワクチン接種が有効といわれていますが、ワクチンで100%感染を防げるわけではありません。一番の予防は、感染猫との接触を断つことだとも言われています。また、感染したとしても飼い主さん次第で発症を抑えられることもあるようなので、感染したからといって悲観せずに前向きに対処してください。

『トイレはいつも清潔に』『新鮮な水や食事を用意する』など、猫にストレスを与えないということも大切です。感染する可能性のある猫を飼うのならば、まずはワクチンで予防し、健康に気遣いながらストレスフリーの生活を送らせましょう。それが飼い主さんとしてできる、最善のことではないでしょうか。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「【獣医師が解説】猫エイズってどんな病気?上手に付き合っていくコツ」

出典/「ねこのきもち」16年5月号『ねこの5大感染症』(監修:服部幸先生)
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/ICHINOKI
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る