1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 風邪・感染症
  5. 猫伝染性腹膜炎「FIP」とは?猫の命にかかわる感染症を獣医師が解説

猫と暮らす

UP DATE

猫伝染性腹膜炎「FIP」とは?猫の命にかかわる感染症を獣医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、猫の感染症の中でも特に危険度の高い「猫伝染性腹膜炎(FIP)」について、その概要や治療法、感染経路や予防について解説します。万が一発症したときに早期発見ができるよう、病気について少しでも多く学んでおきましょう。

この記事の監修

荒木 陽一 先生

 獣医師
 プリモ動物病院 練馬院長

 東京農工大学農学部獣医学科(現 共同獣医学科)卒業

●資格:獣医師

●所属:日本獣医がん学会

●主な診療科目:一般診療(外科・内科)、救急診療、腫瘍科

続きを読む

猫伝染性腹膜炎(FIP)はどんな病気?

かごに入った猫
getty

「猫伝染性腹膜炎(FIP)」とは、猫の不治の病ともいわれている病気です。この病気は不明点が多く、現段階では特効薬となるワクチンはありません。

「猫コロナウイルス」が原因

「猫伝染性腹膜炎(FIP)」の原因となるのは、猫コロナウイルスです。

猫コロナウイルスに感染したあと、猫の体内でウイルスが突然変異し、毒性の強いFIPウイルスとなることで発症するとされています。猫コロナウイルスの状態では、症状が現れないか軽い腸炎になる程度ですが、FIPウイルスに変異して発症すると、ほとんどが死に至ります。

ただし、突然変異する前の猫コロナウイルスは、どこにでもいるウイルスだということを知っておいてください。ある調査では、複数飼いの猫の80~90%、一匹飼いの猫の30~50%程度は感染歴があると推計されています。先にも説明しましたが、猫コロナウイルス自体は病原性が弱いので、無症状のまま自然に回復することが多いでしょう。

なお、「猫コロナウイルス」と、2020年より世界的に蔓延している「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)」は異なるものです。

FIPウイルスに感染すると

猫コロナウイルスが猫伝染性腹膜炎(FIP)へと突然変異をする原因やタイミングは、まだ解明されていません。そして、FIPウイルスに感染したあと、体の中で何が起こっているか、ということも同じように分かっていないのです。

まだ研究段階ですが、“免疫の過剰反応によって、体が壊れていくのではないか”と考えられています。

猫伝染性腹膜炎(FIP)の症状には2つのタイプがある

寝そべる猫
getty

FIPは、ドライタイプとウェットタイプの2種類に分類されますが、どちらも次のような初期症状が現れます。

  • 高熱

  • 元気がない

  • 食欲低下

  • 体重低下

  • 黄疸

  • 下痢、嘔吐


  • また、2種類のタイプを同時に併発する場合や、一方だけの症状だったのに、もう片方の症状が後から出てくる場合もあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

    ドライタイプ

    イラスト/島内美和子

    「ドライタイプ」は成猫に多く見られるタイプ。さまざまな臓器に肉芽腫or結節状の病変ができ、場所によって症状が異なるのが特徴です。次のような症状が見られます。

  • 脳に異常が出た場合→異常行動や痙攣、発作などの神経症状

  • 目に異常が出た場合→角膜の白濁、目の虹彩が赤く濁る


  • そのほか、肝臓や腎臓、すい臓の障害なども報告されています。

    ウェットタイプ

    イラスト/島内美和子

    「ウェットタイプ」は子猫に多く見られるタイプ。発症すると、血液中のたんぱく質が血管の外に漏れ出し、胸腔や腹腔に体液が溜まるため、次のような症状が現れます。

  • そこまでご飯を食べていないのに腹部がパンパンに膨れる

  • 胸部が張っている

  • 脱水症状や黄疸


  • 胸腔や腹腔に体液が溜まることで肺が圧迫されて呼吸がしにくくなるため呼吸数が増え、呼吸困難に陥る場合もあるので、注意が必要です。

    猫伝染性腹膜炎(FIP)の診断と治療法

    猫の横顔
    getty

    どんな検査をする?

    FIPの初期診断は、タイプによって異なります。

    ウェットタイプは、お腹や胸に水が溜まり、その水を分析することで診断を行います。一方、ドライタイプの場合は、数日の発熱や体重減少、元気がない、黄疸、眼球の異常、発作、痙攣といった症状と、血液検査による特異点が見られるかどうかを確認します。当てはまる項目が複数あるとFIPの可能性が考慮され、特殊な検査を受けることになります。

    FIPの診断で用いられる検査のひとつが猫コロナウイルスに対する血液中の抗体検査です。
    また、リアルタイムPCR法という遺伝子検査でFIPウイルスを検出する方法もあります。いずれの場合も、院内検査ではなく、採取した血液や糞便などを検査センターへ送り、検査を行います。

    FIPは診断が難しく不明点が多い

    FIPは、診断が難しい病気です。血液中の抗体検査は、あくまで猫コロナウイルスに対する検査であり、FIPウイルスと猫コロナウイルスを区別するのが難しいため、この抗体価が高いからといってFIPであるとは断定できません。また、PCR法においても、感染初期などでウイルス数が少ないと陰性となる場合もあるようです。

    いずれにせよ、単独でFIPを確実に診断するのは難しいため、最終的には、これらの検査結果やさまざまな所見を総合して判断されます。

    このように、不明点が多いのがFIPの特徴といってもいいでしょう。もし、愛猫に疑わしい症状が現れた場合には、様子をしっかりと確認し、かかりつけの獣医師さんに相談することをおすすめします。

    FIPの治療法

    現状ではFIPの完治は難しく、出ている症状に合わせて治療薬を投与して症状を軽くするような、延命治療が主な目的となります。治療には、抗生物質や抗炎症薬、ステロイド、インターフェロンなどが使われます。

    インターフェロンとは、ウイルスの増殖を抑えるために体内で作られるたんぱく質の一種です。なんらかのウイルスに感染して体内で作られているインターフェロンの作用が追い付かなくなったときに、体外からインターフェロンを投与してウイルスの増殖を抑えます。

    しかしながら、インターフェロンの効果もFIPの症状の回復や病気の進行そのものに対して劇的な効果があるわけではありません。悲しいことですが、治療してもよくならないことがほとんどといってもいいでしょう。特に子猫のときにFIPと確定した場合は、ある程度の覚悟が必要です。

    猫伝染性腹膜炎(FIP)を発症しやすい猫はいるの?感染は?

    積み木で遊ぶ猫
    getty

    FIPは感染するの?

    「猫伝染性腹膜炎」と病名がつけられていますが、FIPウイルス自体が感染するわけではなく、コロナウイルスが猫の体内でFIPウイルスに変異すると考えられています。猫コロナウイルスはほかの猫の便を通じて感染するので、多頭飼いをしている飼い主さんはトイレを清潔にするよう心がけてください。

    まずは、FIPウイルスの元となる猫コロナウイルスに感染しないことが一番ですが、残念なことにペットとして飼われている猫の多くはこのウイルスに感染しているため、FIPを防ぐのはなかなか難しいでしょう。

    FIPを発症しやすい猫はいる?

    猫コロナウイルスがFIPウイルスに変異する条件は、いまだ明確にはなっていません。しかし、FIP発症の原因となる猫コロナウイルスは、感染した猫の排泄物などからうつるため、少しでもほかの猫と接する環境にいる(いた)猫は、感染・発症のリスクがあります。

    傾向としては、比較的若い猫やストレスの多い猫に発症しやすいようです。また、遺伝で発症するかどうかもはっきりとわかっていませんが、過去の症例から、猫種ではベンガルに比較的多いともいわれています。

    ブログで報告「FIPが完治」??

    インターネットブログなどで「FIPが治った」という報告があがることがあります。本当に完治したのなら嬉しいことですが、このようなケースは生検やFIPの特殊検査をしていない場合が考えられます。

    つまり、FIPによく似た症状を発症していたため、FIPの診断が確実ではなかったということでしょう。実際に「治った」と報告されるケースでは、確定診断まで進んでいなかった場合が多いのです。

    猫伝染性腹膜炎(FIP) できる予防・対策はしておこう!

    膝の上でくつろぐ猫
    getty

    FIPは予防が困難な病気ですが、猫コロナウイルスの感染をできるだけ防ぎ、愛猫にとって居心地のいい環境づくりをすることが大切です。飼い主さんは、次のような対策をしておきましょう。

    対策1.猫コロナウイルスを持ち込まない

  • 飼い始めのときに「感染症のチェック」を受ける

  • 愛猫に触れる前にはきちんと手を洗い、アルコール消毒する習慣をつける

  • 外出先では、病歴が分からない猫に触らない
  • 対策2.ストレスの少ない、清潔な環境を整える

  • フードや水は常に新鮮なものを用意する

  • 多頭密飼いを避ける

  • 日中は適温を確保し、冷えやすい夜間は暖かい寝床を用意するなど、室温管理を徹底する
  • 飼い主さんが感染症の症状を事前に知っておくことは、何よりも早期発見につながりますし、ストレスのない生活は他の病気の予防にも有効です。「愛猫に健康に過ごしてもらうために、私たちができることはなんだろう」と常に問い続けていきたいものですね。

    参考/「ねこのきもち」2016年5月号『防げる?治せる?付き合える?意外と知らないねこの5大感染症』(監修:東京都江東区の猫専門病院 東京猫医療センター院長 獣医師 服部幸先生)
    監修/荒木陽一先生(プリモ動物病院 練馬院長)
    イラスト/島内美和子
    文/hattori
    ※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

    CATEGORY   猫と暮らす

    UP DATE

    関連するキーワード一覧

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    人気テーマ

    あわせて読みたい!
    「猫と暮らす」の新着記事

    新着記事をもっと見る