1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫のフードで見かける「グルテンフリー」「グレインフリー」って?

猫のフードで見かける「グルテンフリー」「グレインフリー」って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャットフードなどを選んでいるときに、「○○フリー」という言葉を目にすることがあるでしょう。「○○フリー」とは、○○が入っていないことを指します。今回は、そのなかでも「グルテンフリー」と「グレインフリー」の意味について解説します。

「グルテンフリー」とは?

キャットフードを食べる猫

小麦をはじめとする麦類には、グルテンというたんぱく質が含まれています。人と同じように、猫もグルテンに対する食物アレルギーをもつ場合、麦などのグルテンを含む食物を除く必要があります。そういったグルテンアレルギーの猫のために、麦を原材料に使わないで作られたフードのことを「グルテンフリー」と呼ぶことがあるのです。

「グレインフリー」とは?

本の前に座る猫

「グレインフリー」とは、グルテンだけでなく、穀物全般を原材料に使っていないものを指すようです。愛猫に穀物のアレルギーがある場合には「グレインフリー」のものを選ぶのもひとつの選択肢です。

「猫は本来穀物を食べないので、グレインフリーにしたほうがいいのでは?」という声もありますが、キャットフードに含まれる穀物は加熱することでアルファ化(消化されやすい構造に変化)するため、問題なく消化されるといわれています。

アレルギーのもととなる「アレルゲン」はさまざま

診察中の猫

猫のアレルギーのもととなるアレルゲンはさまざまですが、その多くはたんぱく質です。離乳期前後の免疫があまり発達していない時期に口にしたものに多く、牛肉・乳製品・魚によくみられるようです。

小麦以外にも、特定のアレルゲンを原材料から除いた機能性フードはいろいろあります。愛猫に食物アレルギーがある場合、アレルゲンとなる物質を正しく取り除くことが大事ですが、アレルゲンを正確に特定することは難しいでしょう。そのため、気になる症状がある場合は本当に食物アレルギーかどうかも含め、かかりつけの動物病院で食事について相談してみましょう。

猫のフードは、成長や健康状態に合わせてきちんと選ぶことが大切です。アレルギーがあってもなくても、かかりつけの獣医師などに相談しながら、愛猫に合ったフードを選んであげましょう。

参考/「ねこのきもち」2017年11月号別冊『キャットフード大事典』(監修:獣医師 へリックス株式会社代表取締役社長 ペット栄養学会理事 ペットフード協会新資格認定制度実行委員会委員長 徳本一義先生)
文/AzusaS
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る