1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 「グルテンフリー」、「グレインフリー」と書かれたキャットフードの意味や効果とは

「グルテンフリー」、「グレインフリー」と書かれたキャットフードの意味や効果とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グルテンフリーとは小麦が入っていない、グレインフリーとは広く穀物を含んでいないという意味です。愛猫に食物アレルギーがある場合には、まず獣医師に相談し、フードの種類を決めるようにしましょう。

「○○フリー」と書かれたフードの意味とは?

 原材料にこだわったフードの宣伝の中で、「○○フリー」などの言葉を目にします。これは「○○が入っていない」という意味の言葉です。
 よく目にするものとして「グルテンフリー」、「グレインフリー」のフードが挙げられます。
 「グルテンフリー」のグルテンとは、小麦などの麦類に含まれているたんぱく質を意味します。そのため「グルテンフリー」と書かれているフードは、穀物のうち小麦を避けているという意味です。
 人でもそうですが、グルテンに対する食物アレルギーがある場合、麦を含む食品を避けるなどする必要があります。グルテンアレルギーのある猫のためのフードに麦を原材料に使わないものがあり、これらを「グルテンフリー」と呼ぶことがあるのです。
 また、「グレインフリー」のグレインとは、穀物を意味します。そのためグレインフリーと書かれているフードはグルテンだけでなく、広く穀物(グレイン)を原材料に使用していないことを指すようです。穀物にアレルギーがある場合には、選択肢の1つとなるでしょう。
「猫は本来穀物を食べないから避けたほうがいいのか」と、疑問に思われている方もいるかもしれませんが、キャットフードに含まれる穀物の炭水化物は加熱でアルファ化(消化されやすい構造に変化)していて、問題なく消化されることが実証されています。

アレルギーのもとになるアレルゲンは小麦だけ? 

アレルギーのもととなるアレルゲンはさまざまですが、その多くはたんぱく質です。 免疫が未熟な離乳期前後に口にしたものに多く、猫の場合は牛肉・乳製品・魚が多いとされていますが、食環境によっても異なります。
 小麦に限らず、特定の物質を原材料から排除した機能性フードはいろいろあります。食物アレルギーの場合はアレルゲンを正しく排除することが必要ですが、その一方でアレルゲンの特定が難しいという側面もあります。気になる症状がある場合には、自己判断でフードを変更するのではなく、本当に食物アレルギーなのかも含めて動物病院で確かめ、食事について相談してください。

引用元:ねこのきもち『キャットフード大事典』

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る