1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 食事・キャットフード
  5. チキンミールを使用したキャットフードは安全?人気フードランキングつき

猫と暮らす

UP DATE

チキンミールを使用したキャットフードは安全?人気フードランキングつき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャットフードに使用されるチキンミール。今回はチキンミールとはどのようなものか、心配する必要があるのかを、ペットフードに関する法律などを通して解説。愛用者の多いフードブランドについても紹介します。

この記事の監修

徳本 一義 先生

 獣医師
 へリックス株式会社代表取締役社長
 日本ペット栄養学会理事
 ペットフード協会新資格検定制度実行委員会委員長
 日本獣医生命科学大学非常勤講師
 帝京科学大学非常勤講師
 など

●資格:獣医師 経営学修士(MBA)

●所属:日本ペット栄養学会

続きを読む

チキンミールって何?

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「チキンミール」とは、チキンを“ミール状”、つまり粉末状にしたものを指す言葉です。チキンは通常、鶏肉のことであり、家禽肉という場合は鶏肉のほか、七面鳥の肉などの場合もあります。
猫はもともと狩猟本能が強い肉食動物であり、人や犬よりも多くのたんぱく質を必要とします。そして鶏肉には、そのたんぱく質やミネラルなどの栄養素が豊富に含まれているため、チキンミールは猫にとって良質な栄養源といえるのです。粉状にしても栄養価は変わりません。

◇粉にするメリットって?
・ミール状にした原材料は水分を含まないため、傷みにくく輸送性に長ける
・半分以上が水分である生肉と比べると重量あたりの栄養価が高い
・ドライフードは粉状にしなくては製造できない

チキンミールは「怖い」といわれるけど、それって本当?

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ミール状にする前の状態がイメージしにくいためか、衛生面や何が入っているのかを不安に思い、「怖い」と感じる飼い主さんもいるようです。しかし、現在チキンミールなどのペットフードに使われる動物由来の原材料については、その安全を確保するため、原料の収集先や製造、輸送について、国として厳重な規制を行っています。

◇どのように安全性を確認しているのか知りたい!
ミールには食用に適さない羽などの部位が含まれていると思っている人もいるかもしれませんが、それは誤解です。ミールに食用に適さない部分は含まれません。チキンミールの場合、原料の収集先を家禽農場や食鶏処理場、カット場等の食品工場のみに限定しており、とくに農場から収集する際は、家禽以外の動物が混ざっていないことを目視で確認できるよう、解体処理がされていないものなどに限っています。
また、国内で販売されているペットフードに使用する動物由来のミールは、農林水産大臣から飼料としての製造基準に適合していると確認を受けるか、独立行政法人である農林水産消費安全技術センター(通称FAMIC)からペットフード用として製造基準に適合していると確認された製造ラインでしか製造することが許可されていません。人が食べる農産畜産物も含め、飼料やペットフードの製造・輸入などは、FAMICが国の指示によってきちんと安全管理を行っています。

ミールや添加物についての真実はこちら!

ペットフードの安全性を守る法律もある

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

日本には、「飼料安全法(飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律)」や「ペットフード安全法(愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律)」という、食品となる家畜に与える飼料やペットフードの安全を守るための法律が存在し、それぞれの製造方法や成分規格が定められています。飼料安全法に対応する法律は世界各国にありますが、「ペットフード」に対する法律は見当たりません。世界でも類を見ない法律です。

◇原材料や製品の抜き打ち検査まで実施されている
製品となったペットフードに関しては、「カビ毒」「残留農薬」「重金属」「有害微生物」「使用上の注意が必要な添加物」について、「ペットフード安全法」によって基準や規格が定められています。さらに、それらが守られていることを確認するために、FAMICが製品メーカーの立ち入り検査、原材料や製品の抜き打ち検査を行うなどして、製造から販売に至るまで、その品質を守っています。

このように、法のもとによる規制や検査があるため、粗悪であったり、誤った製造方法で作られたりといったキャットフードが見つかってしまうと、製造や輸入販売をした企業はその製造責任を問われることになるのです。安全ではないものを生産した結果、健康被害が起きてしまうと、消費者のみならず企業側にも大きな損失となるため、法の整備が整った今日では、製造企業や輸入業者は法律や規格の遵守に努めています。そのため、販売されているフードは安全性に配慮されていると考えて良いでしょう。

猫にとって大切なのは栄養バランス!

ねこのきもち投稿写真ギャラリー

原材料について疑問を持ち、どのように安全が守られているのかを知ることも大切です。しかし、猫の健康にとってもっとも大切なのは、そのフードに含まれている栄養素のバランスなのです。
それでは、実際にほかの飼い主さんはどのようなフードを愛猫に与えているのでしょうか。ねこのきもちアプリ」ユーザーが選ぶフードブランドランキングを下にご紹介します。

ドライフードブランドランキング
1位ロイヤルカナン ジャポン
ロイヤルカナン

フランスに本社があるロイヤルカナンは、「すべては犬と猫のために」をモットーに、栄養学に基づいて安心かつ安全なフードを作る大手ペットフードメーカーです。最先端の研究のもと、世界共通の製造工程で、どの工場でも同じ高い品質のフードが作られています。
ロイヤルカナンのキャットフードは、「猫種別」「ライフステージ別」「お悩み別」「病中病後の療法食」など、ラインアップが豊富な点が特徴です。
2位ネスレ ピュリナ ペットケア
ピュリナ ワン

「ピュリナワン」は、 ペット専門栄養士による栄養設計で、健康6要素(理想的な体格/抵抗力の維持/健康的な骨格と関節/消化吸収性と便/皮膚・被毛の健康と目の輝き/健康な歯)に必要な栄養を、バランスよく満たしたプレミアムフードです。
3位ユニ・チャーム
銀のスプーン 三ツ星グルメ

大切な猫に「毎日大好きなものを食べて、毎日幸せでいてほしい」という想いが詰まったフードブランド。「銀のスプーン 三ツ星グルメ」は「銀のスプーン」から生まれた最上級の食事で、厳選された素材を使用し、贅沢な魚のうま味をギュッと詰め込んでいます。

愛猫の健やかな成長のためには、栄養バランスがきちんと調整された総合栄養食を主食とすることがおすすめです。ランクインしているフードブランドでは、さまざまな総合栄養食が販売されているメーカーもありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【ランキングでわかる】おすすめキャットフードの評価・評判の真実|獣医師監修

ランキング/2021年1月~2月「ねこのきもちアプリ」内調査(回答者数 566人)
※掲載商品はランクインしたブランドの一例を紹介しています。


監修/徳本一義先生(へリックス株式会社代表取締役社長)

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る