1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. ねこタワーのメリット、選び方

ねこタワーのメリット、選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫が好む上下運動ができたり、爪とぎができたり、くつろぎの場所になったりと、ねこタワーにはあると役立つメリットがいっぱい。愛猫に合った高さを選ぶ、愛猫に合った場所に置くなど、用意するときのポイントを知っておいて。また、安全対策も万全にしましょう。

愛猫に合った高さを選ぶ

猫の年齢、性格、環境などによって、適した高さは違います。天井までのハイタワーと、1〜1・5m程度のミニタワーそれぞれがどんな猫におすすめか、列挙しました。子猫はすぐミニタワーを用意するか、成長を待ってハイタワーにするか飼い主さんの考えで。

〔ミニタワーがおすすめなのは〕
・子猫: ジャンプ力が発達途上。落下の心配があるので
・高齢猫: 弱った足腰に配慮して
・足腰の弱い猫: 落下の心配があるので

〔ハイタワーがおすすめなのは〕
・太り気味の猫: 運動不足解消に
・活発な若い猫: 運動量確保、ストレス解消
・複数飼いの若い猫: 複数で上り下りする遊び場として

愛猫に合った場所に置く

ねこタワーに決まった置き場所はありません。愛猫のふだんの様子から、性格や好みに合った置き場所を考えます。ひなたぼっこや、外を眺めるのが好きな猫は、窓辺に。飼い主さんが好きな猫は、家族の集まる賑やかな部屋。自由を好むマイペースな猫には、人の出入りが少なく静かで寒くない部屋に。

安全対策を万全に

家具で足場を作る

高い場所から飛び降りる以外に、横へも移動できるよう、家具などを並べて足場を作る。

着地の衝撃が少ない床材を

飛び降りたとき、猫の足への衝撃が少なくすむよう、床にマットやボードを敷くことも考えて。

危険物をどかす

たとえばストーブやガラス製品など、間違って飛び降りると危険な物は、遠ざけて。

滑らない工夫を

棚板が木材だと滑る場合も。滑り止めにカーペットなどを貼り付けてあげてもいいでしょう。

しっかり突っ張る

天井突っ張りタイプは、天井に接する部分が大きいか、2本以上の柱で支えている物を選ぶ。

ねこタワーの4つのメリット

上下運動ができる

猫は野生時代、獲物を探したり敵から身を隠したりするために、高い木などを上り下りしていました。ねこタワーでこの上下運動が充分にできると、ストレス解消にもなります。

爪とぎ場所になる

ねこタワーの柱の多くは、爪とぎができるように麻縄が巻かれています。伸び上がって高い位置で爪とぎができるので、他でとがずに、ねこタワーで爪をとぐ猫も多いよう。

いたずら防止になる

上下運動がしたくて、猫は思いも寄らぬ場所によじ登ることも。カーテンに登られてボロボロ、棚の物を落とされて破壊、ということもねこタワーがあれば改善されるかも

リラックススペースになる

暖かい、下にいる猫より優位になれる、周囲が見渡せるといった理由から、猫は高い場所が好き。ねこタワーがあると、猫のリラックススペースが増えます

※ タワーを設置する際は倒れても問題のない場所に設置してください。天井に突っ張るハイタワーは、予め設置できるかメーカーやお店で確認しておきましょう。
※ 小さなお子様(未就学児)のいるご家庭では転倒の恐れがありますので、「ねこタワー」をご使用の際は充分ご注意ください。

合わせて読みたい

安心・安全にお留守番をさせるアイデアや、室内環境の整え方を専門家がアドバイス。『ねこのきもち』は愛猫と快適に暮らすコツが満載です。最新号くわしくはこちら

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る