1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. ねこの生活スペースを作る

ねこの生活スペースを作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子猫はもちろん成猫の場合も迎え入れる前に、猫の生活スペースをつくってあげましょう。猫が室内で生き生きと元気に暮らせるためには、適度に刺激が感じられて、かつ安心感を得られる環境づくりが大切です。猫の生活スペース作りのポイントを知って、猫が新しい生活を楽しくスタートできるように準備しましょう。

猫のグッズの置き場所を工夫して、猫にとって快適な生活スペースを作りましょう。

◆生活スペースについて

新しい環境にとまどってビクビクしている猫を、可愛いからと必要以上に構ったり触ったりしないようにしましょう。家に着いたらキャリーケースに入れたままか、あるいは部屋の中に猫用の生活スペースを整えてそこに入れ、食事とトイレと、自由に歩かせる時間以外は構わないようにしましょう。
生活スペースは、居間や食堂など家族が集まるにぎやかな場所でなく、その隣ぐらいの、観察しやすい部屋がベストです。
成猫の場合は、部屋を1つ決めて、最初は、その部屋を猫の生活スペースとするのがよいでしょう。その部屋は、誤飲誤食をしないように小さなものを出しっぱなしにしないようにしたり、感電しないようにコンセントやコードを保護したりするなど、猫にとって危険なものがないようにしましょう。
子猫の場合は、半畳ぐらいのスペースを囲って、部屋のコーナーに生活スペースを作るか、ケージを置いてあげましょう。出入り口やテレビの脇などは落ち着かないので避けてください。

◆フードボウルや水の置き場所について

成猫の場合は、落ち着いて食事ができる、静かな場所がいいでしょう。人目に付かない部屋の隅や比較的人の出入りが少ないキッチンも、飼い主さんがお世話をしやすいのでおすすめです。猫はきれい好きで嗅覚も優れているので、器はトイレからなるべく離れた場所に置くようにしましょう。子猫の場合は、半畳ほどに区切ったスペースの中に、トイレや、寝床と一緒に近くに置きます。

◆寝床(猫ベッド)について

子猫の場合は、寝床はベッドでも、キャリーケースに毛布を入れたものでもOKです。家具などの足場があると、猫はすぐジャンプして柵の外に出てしまうので、寝床は壁際のコーナーに接するように置きましょう。前の飼い主さんなど猫自身のニオイのついた布類をもらえれば、それも入れるとよいでしょう。子猫の場合、迎え入れから落ち着くまでの2~3週間は、寝床は穴を開けた段ボール箱でも代用できます。穴の縁は布テープで保護してください。
成猫の場合は安心できる部屋の隅や、少し高さのある場所や窓のそばに置くのがベターです。またフレンドリーな猫なら、ソファの上など飼い主さんに近い場所、臆病な猫なら机の下に置いたり、部屋の隅っこに置いたりするなど愛猫の性格に合わせて置き場所を選ぶのもいいでしょう。

◆トイレについて

トイレの数は、置けるなら、「猫の匹数+1個」が理想的です。
猫は、本来、砂の上でしか排泄しない習性があるので、特別トイレの場所をしつける必要はありません。また子猫の場合も自分の排泄臭がする場所をトイレと認識するので、できれば排泄物のニオイのついたトイレ砂を新しいトイレ砂に混ぜてあげるとトイレの場所を、よりスムーズに覚えるでしょう。
トイレの場所は子猫の場合は囲った生活スペースの中に設置しましょう。
成猫は、テーブルの下や部屋の隅など囲まれた場所や、なるべく人が通らない場所など落ち着ける環境に設置するのがよいでしょう。

◆爪とぎ器について

寝起きや伸びのついでなどにも爪とぎをしますから、爪とぎ器も生活スペースに用意しましょう。
猫にとって爪とぎは本能的な行動なので、やめさせることはできません。爪をといでいい場所がないと、壁や家具などで爪をといで傷つけられる可能性もあります。壁や家具で爪をといで、そこに肉球から出るニオイが付くと、以後猫はそこを爪とぎの場所と認識してしまいます。早めに爪とぎ器で爪をとぐことに慣れさせてください。用意した爪とぎ器でとぐ習慣が付くとそんな心配もなくなります。爪とぎ器は床と垂直と水平、両方向にとげるように設置してください。
出っ張りや縄張りの出入り口でマーキングをするので、爪とぎ器は部屋のドアの近くや目立つ家具、玄関などに置くといいでしょう。また爪とぎはストレッチの役割もあるので、寝床の近くに置けば寝起きに伸びをしながら爪とぎができます。

◆ケージについて

部屋にコーナーを作る以外に、ケージを置いてあげるのも、猫にとっての生活スペースになります。頑丈な囲いのケージは、一見オリのようで「猫を閉じ込める」と感じるかもしれませんが、猫は四方を囲まれた狭い空間が好きなので、ケージが快適なら猫も気に入るはずです。
生活スペースとしてケージを利用する場合、食事や睡眠、トイレの場所を分けられる2段、3段の高さがあるタイプを選びましょう。猫は床面積が広いことより、上下に移動できる空間があるほうが安心するためです。キャスター付きなら移動もラクに。ケージは、壁に接した部屋のコーナーに置くと猫も落ち着けます。逆に避けたいのはキッチン、階段付近、テレビやドアの脇など、人の出入りが多くて騒がしい場所。人と同じく湿気がなくて風通しのいい場所が、猫も快適なのです。ケージ内にトイレを設置してもOKです。

◆事故にならないように、部屋を整えましょう。

人が普段生活しているスペースの中には、誤食・感電といった事故の危険になりそうな
状況がたくさんあります。物はできるだけ収納して、猫の開けられない場所にしまいましょう。

詳しくは、こちらも見てください。

事故・ケガ防止について

成猫が楽しく過ごせる4つの快適スペースを作りましょう

【1】外の様子が見える場所をつくりましょう。 外の景色・ニオイを満喫できるといい刺激になります。

室内飼いの猫にとって、刻々と変化する空の様子や鳥などを眺めることは、生活の中でいい刺激になります。窓のカーテンをいくつか開けておくなど、外の景色がよく見える場所を用意するといいでしょう。
また、猫は優れた嗅覚で、ニオイからあらゆる情報をキャッチします。飼い猫は、室内に自分のニオイを残して安心する一方で、外のニオイから刺激を感じてワクワクします。そのため外の新鮮な空気を嗅げると、目新しさにワクワクするはずです。飼い主さんが家にいる間は、網戸にした窓の前など猫が外のニオイを満喫できる場所も用意してあげるといいでしょう。
ただし、見慣れない猫を怖がることもあるので、なるべくノラ猫と対面させないように気をつけてください。ノラ猫が近くまで来る窓はカーテンを閉めた状態にしたり、目隠しをしたりするなど、対面させない工夫をしましょう。

【2】暗くて狭い場所を用意しましょう。 いざというときに身を隠せる場所があると猫は安心します。

猫は野生の頃、外敵から身を守るために、岩穴などに身を隠して休息していました。そうした警戒心の名残から、現在も来客などの見知らぬ人や大きな音に驚いたときに、怖がって逃げる様子が見られることがあります。そんなときのために、猫がさっと身を隠すことができる、暗くて狭い場所を用意しましょう。例えば、クローゼットのドアを少し開けておき、中にフタを開けた段ボール箱を置くと、猫にとって、いい隠れ家になります。押し入れなどに扉を開けたキャリーケースを置いてもOKです。猫が身を隠せて、安心できるスペースになります。

【3】高さがある場所をつくってあげましょう。 室内を眺めたり、上下運動したりすることで、心も体も健康になります。

もともと猫は、木に潜む虫や鳥を捕まえるときなどに、木に登る機会がありました。それと同様に、室内で暮らす猫も、高い場所に飛び乗ることで狩りの本能が満たされて、「楽しい」と感じます。また、周囲を見渡して安全を確認できるので、安心感も得られるようです。こうした欲求を満たせるように、例えば猫タワーや高さのある家具など、猫が自由に乗ってもいい場所をいくつか用意してあげるといいでしょう。また、猫タワーや棚を並べると、アスレチックのように運動スペースが広がって、猫はより楽しむことができます。

【4】静かな寝場所をつくってあげましょう。 騒がしくない場所ほど猫は安眠できます。

野生時代の猫は、岩穴など落ち着ける場所でたっぷりと睡眠をとり、狩りに備えていました。室内で暮らす現在も、睡眠は大切な欲求のひとつで、安心できる環境を好みます。ですから、猫が落ち着いて眠れるように、猫用のベッドは、ドアの近くや人の通り道などを避けておくといいでしょう。また猫が寝ているときは、近くで走り回らないようにするなど、静かにしてあげましょう。
猫ベッドは、ソファの下や家具同士の間などの薄暗い場所や、部屋の隅などに置いても、身を隠せることで猫は安心して眠れるでしょう。

合わせて読みたい

猫を飼う上で知っておきたいこと、疑問に思うこと、この1冊に全部お任せ!
毎号ふろくつき『ねこのきもち』最新号、くわしくはこちら

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る