1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫のトイレ・排泄のケア

猫のトイレ・排泄のケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫はとてもきれい好きで神経質な動物です。トイレの置き場所や掃除の頻度に気をつけてあげましょう。トイレが清潔でないとストレスになってしまうので、できれば毎日掃除をし、お気に入りの砂を入れてあげるなど工夫しましょう。

きれい好きな愛猫のために、トイレ・排泄ケアのポイントを知っておきましょう

猫にトイレのしつけは必要?

本来、猫は砂の上でしか排泄をしない習性があるので、特別トイレの場所をしつける必要はありません。猫は排泄物に砂をかけて、ニオイを消し、敵に居場所を知られないようにしていた習性があります。
また、その猫自身の排泄臭のついたトイレ砂を前の飼い主さんからもらうことができれば、設置するトイレ砂の中に混ぜておきましょう。猫は自分の排泄臭がする場所をトイレと認識して、よりスムーズにそのトイレで排泄するようになるでしょう。もし粗相をしたら、そのオシッコを拭いたティッシュをトイレに置いておくと、トイレと認識するようになります。

どんなトイレ環境が猫は好きなの?

トイレ容器は、大きく深いものに、愛猫の好みの砂をたっぷり入れましょう。トイレの数は「猫の匹数+1個」が理想です。
猫にとって快適なトイレ環境を作るポイントは7つです。

【1】トイレは毎日掃除しましょう。
猫はとてもきれい好きな動物です。トイレが汚れていると排泄を我慢することがあり、病気につながる恐れもあるので、こまめにトイレは掃除して清潔にしてあげましょう。最低1日2回は掃除してあげるのが理想です。
トイレ砂の交換もパッケージに記載されている目安期間を超えないようにしましょう。清潔なトイレ環境は重要ですが、ある日突然新しい容器や違うタイプの砂に変わっていると、猫は不安になります。新しい容器や砂に慣れるまでは古いものも残して置きましょう。

【2】猫の好むトイレ砂を見つけましょう。
トイレ本体の形状や砂の種類は、猫によって好みが分かれます。気に入らないものだと粗相などの原因にもなるので、いろいろ試して愛猫のお気に入りを見つけてあげましょう。

【3】猫がいつもいる場所にトイレを置きましょう。
猫はトイレの場所が離れていると排泄を我慢することがあります。用を足したい、と思ったときにすぐ行けるように、1個はリビングなど猫が一番長く過ごす部屋に置くといいでしょう。

【4】猫が排泄中はあまり近づかないようにしましょう。
排泄の有無や排泄スタイルで異変に気づけることもあるので、確認のために見るのはかまいません。ただじっと見つめるのは猫のストレスになります。見るなら気づかれないように遠くからさりげなく観察するようにしましょう。

【5】排泄物はなるべく早く片付けましょう。
猫が排泄したらすぐにきれいにできればいいですが、日中に留守にすることが多く難しい場合は、トイレの数を増やして猫自身がきれいなトイレを選べるようにするとストレスなく排泄できます。

【6】トイレを定期的に丸洗いしましょう。
毎日掃除をしていても、少しずつ汚れが蓄積されている菌が繁殖し、ニオイ出てきてしまうことができれば2週間に1回ほど砂をすべて取り出してトイレ本体を丸洗いして消毒しましょう。

【7】トイレを静かで暗いところに置きましょう。
排泄中の猫は危険が迫っても逃げられない無防備状態なので、なるべく静かな場所で身を隠して排泄できると安心するようです。特に警戒心が強い猫には配慮しましょう。
なるべく人が通らない、部屋との隅やテーブルの下な。囲まれているところが安心するようです。

何らかの理由でトイレに不満を持っていると、トイレ以外の場所、布団や毛布などに粗相をすることがあります。愛猫の好みのタイプのトイレ容器やトイレ砂を使い、こまめな掃除を心がけて、いつでも気持ちよくオシッコができるように整えておきましょう。

シニア猫のトイレ・排泄ケア

足腰が弱ってきたシニア猫は少しの段差もまたくのが一苦労で、粗相の原因にもなります。ステップ台を横に付けるなどまたぎやすくなる工夫をしましょう。使い古したタオルをたたんでステップ台の代わりにしてもよいでしょう。

飼い主さんの、猫のトイレのお悩み解決Q&A

【Q】猫の排泄物がトイレの外に出て困るとき。トイレ砂はもちろん、排泄したウンチまで激しくかくので、ウンチがトイレの外に出てしまうことがよくあります。
【A】フチが高い野菜洗い用の容器の中にトイレを置くようにしたところ、容器がカバーとなって、排泄物が飛び散らず、ずいぶん楽になるでしょう。

【Q】トイレ砂の飛び散りで、排泄後、足の指に挟まったトイレ砂をトイレの外に出てから落とす場合があり、トイレのまわりに砂が飛び散ることがあります。
【A】細かい粒から大粒の砂に替えると砂が足の指に挟まらず、飛び散らせなくなるでしょう。猫は排泄物のニオイを消し、敵に居場所を知られないようにしていた習性があります。激しくかく行為は、不安を消し、安心感をアップさせるためのものでしょう。

【Q】これまでトイレで排泄していた猫が、トイレ以外の場所で粗相をするようになった。
【A】粗相があった場合、多くは 何かしら理由があります。まずは、きれいなトイレ環境を整えることが大切です。粗相は、猫がトイレ環境に不満をもっていることが原因の場合が多いです。ですから、家のトイレ環境や猫の状況に応じて、トイレの掃除やトイレ砂の素材、置き場所、個数などを見直す必要があります。また、病気のサインの場合もあるので、受診したほうがいいケースも
あります。 


【Q】長毛猫で、排泄物がお尻の毛に付きがちなのだけどお尻を拭いてもいいものか?
【A】猫は基本的にはお尻を拭かなくてOKです。
拭かれることにストレスを感じ、ウンチを我慢する可能性もあります。猫の性格にもよりますが、捕まえられてお尻を拭かれることにストレスを感じる猫は少なくないでしょう。とくにウンチのあとすぐにお尻を踏まれる経験を繰り返していると「トイレでウンチをすること」と「お尻を拭かれる」ことを
 結び付けて覚える可能性大。その結果、ウンチを我慢して便秘になるなど健康を害したり、トレイ以外の場所で隠れてウンチをしたりするようになる可能性もあります。
猫は通常、とてもキレのよいウンチをしますし、自分で舐めてきれいにするので、拭く必要はありません。長毛の猫でお尻周りの毛が汚れやすい場合は、トリミングの際にお尻周りの毛をカットしてもらいましょう。高齢の猫や病気の猫は、汚れが付いている場合のみ、湿らせたコットンなどでやさしく拭きましょう。

どんな問題も鍵を握るのはトイレの状態です。
猫のトイレトラブルの相談を受けた時、お宅の環境やトイレの状態を実際に見て、アドバイス
することがあります。その経験から思うのは猫のトイレトラブルをなくすには、できるだけこまめに掃除をして、清潔に保つことです。これに尽きる気がします。
こまめに掃除をすると、猫がストレスなく排泄できるだけでなく、愛猫の排泄シーンや排泄物を
目にする時間も自然に増えます。異変に気付きやすくなるのもメリットでしょう。

乳飲み子猫の排泄ケア

生後3週齢前後までは、子猫は自分では排泄できず、母猫にお尻をなめてもらって排泄します。
母猫がいない場合はその排泄サポートを飼い主さんがしてあげましょう。
詳しくはこちらで紹介しています。

→「乳飲み子猫を迎えたら」

合わせて読みたい

愛猫との関係作り、病気予防、お手入れのコツ、困りごと解決など、すべての特集をその道のプロが監修。
『ねこのきもち』の最新号についてくわしくはこちら

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る