1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫に散歩は必要ない?室内飼いのコツと散歩させる場合の注意点

猫に散歩は必要ない?室内飼いのコツと散歩させる場合の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の散歩は絶対必要というわけではありませんが、外が好きな猫にとっては散歩が良い刺激になることもあります。今回は、室内でも猫にストレスを感じさせないコツと、散歩に出す場合の注意点を解説します。

室内飼いはストレスが溜まる?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

室内飼いを決めたら徹底して

小さい頃から室内で育ち、自分の縄張りが家の中だけだと認識している猫は、たとえ外を見ていても、中に侵入してくるものがいないか見張っているだけだと言われています。しかし一度でも外に出たことのある猫は、窓から見える範囲も自分の縄張りだと認識し、外に出たがって鳴くことがあるようです。

外に出たがっている猫を鳴くのを止めさせるのは難しいですが、室内で飼うことを一度決めた場合は「室内飼い」を必ず徹底するようにしてください。

室内飼いでもストレスや運動不足にならない方法

完全に室内飼いにすると決めたら、猫が安全に楽しく過ごせるような環境を作るとよいでしょう。猫には本来、単独で獲物を捕まえるハンターとしての本能が備わっています。

室内では狩りができないので、棒付きおもちゃを用いて狩りの本能を駆り立てる遊びを取り入れたり、キャットタワーやトンネルを用意して猫が運動できるようにしたりするなど、室内でもストレスが溜まらず満足できるように、工夫してあげてくださいね。

脱走を防ぐためにできること

猫が脱走するきっかけで多いのは、窓や玄関から出てしまうケースです。ドアを開けると同時に外に出てしまうこともあるため、家族全員が玄関や窓の開閉に気をつける必要があります。また暑い季節は、窓を開けて網戸だけの状態にしている家庭も多くあると思います。網戸は猫が開けたり破ったりしやすいので、ストッパーをつけたり柵を取り付けたりするなど、脱走できないように対策しておきましょう。

猫に散歩は必要?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

家の外は猫にとって危険な場所

猫に散歩が必要かどうかは賛否両論で、専門家の間でも意見が分かれるところです。家の外は、猫にとってリスクの高い場所です。交通事故に遭ったり猫同士のケンカに巻き込まれたり、感染症をもらってきたりする可能性があるためです。また、きちんとリードを握っていないと、急に走り出して迷子になってしまう恐れもあります。猫が外に興味がなく外出を嫌がるようであれば、無理に連れ出すことはないでしょう。

外に出たがるようなら安全な場所で散歩を

何年か外で育ったことのある猫や好奇心が強い猫は、外に出たがる傾向にあるため、安全な場所で散歩をさせてあげるのもよいでしょう。また、動物福祉の観点から動物本来の暮らしを推奨する、「環境エンリッチメント」という言葉もあります。エンリッチメントとは「豊かにする」という意味で、動物の暮らしを心身ともに豊かにするという考え方です。外が好きな猫にとっては散歩中の自然との触れ合いが刺激になり、良い気分転換になるかもしれません。

猫を散歩させる場合の準備や注意点

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ハーネスとリードを用意

猫と散歩をする場合、必ず必要となるのがハーネスとリードです。猫は体が柔らかいため、首輪にリードを付けるだけだとすり抜けてしまう恐れがあります。腕に通すタイプのハーネスなら、猫の体に負担がかかりにく安全です。できれば専門店に直接猫を連れて行き、体にぴったりフィットするサイズのハーネスを購入しましょう。いざという時に見つけやすいように、ハーネスとリードは目立つ色にすると良いですね。

まずはハーネスに慣れさせる

いきなりハーネスを装着しようとしても、抵抗する猫もいると思います。まずは家のなかで、ハーネスをつける練習をしてみましょう。ハーネスをつけた状態でお菓子を与えれば、ハーネスに対して良い印象を持ってくれるかもしれません。ハーネスに慣れるには時間がかかることもありますが、無理はせず気長に待ちましょう。

慣れたら敷地内から

ハーネスに慣れてきたら、ベランダや庭など敷地内で歩き回る練習をします。ベランダにはワイヤーネットを張るなど、脱走には充分注意してくださいね。また、敷地の外に散歩に出す場合は、事前のワクチン接種やノミ・ダニなどの予防策も忘れずに行いましょう。車通りの激しい道路は避け、家の周りを歩くだけでも充分いい刺激になるはずです。

猫を迷子にさせないために装着する「マイクロチップ」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

マイクロチップはなぜ必要?

脱走や災害などで猫が迷子になると再会できる可能性は低く、運よく再会できても痩せていたり汚れていたりして確信が持てないケースもあります。そんな場合に役立つのがマイクロチップです。家の中で飼っている場合でも玄関や窓、ベランダなどから脱走してしまうこともあります。特に、去勢・避妊手術を受けていない猫は、発情期に外に出たい衝動に駆られることがあるので、マイクロチップを装着していたほうが安心です。

装着方法や値段は?

マイクロチップは体内に埋め込むものなので、装着することに抵抗がある飼い主さんも多くいるでしょう。しかし、猫にかかる体の負担は皮下注射を打つときとあまり変わらないと言われています。長さは約12mmで、耐久年数は約30年だといわれています。費用は数千円~1万円程度で、情報登録料として千円が別途必要となります。動物病院の外来で簡単に装着できますので、まだの方は検討してみてください。

完全に室内で飼う場合でも、外に出す場合でも、猫がストレス少なく過ごせるのが一番です。もし散歩に連れて行く場合は、準備をしっかりして安全に気をつけましょう。猫にとっては外の空気に触れさせるだけでも充分なので、無理なく散歩を楽しめるといいですね。

出典元/『ねこのきもち』 「愛猫のために知っておきたいQ&A45」
    『ねこのきもち』2017年8月号「イマドキ猫の健康事情(猫の迷子とマイクロチップ)」(監修:鵜飼佳実先生)
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る