1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫がこたつで丸くなるのは危険?手作り「猫こたつ」のポイント

猫がこたつで丸くなるのは危険?手作り「猫こたつ」のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足を入れた瞬間からポカポカと体を温めてくれるこたつは、人はもちろん猫にだって人気の家電です。しかし、猫がこたつを使うときには、注意しなければいけないことが。危険な点やポイント、「猫こたつ」のつくり方、寒い冬を快適に過ごす工夫を紹介します。

猫のこたつ使用|やけどや脱水、熱中症の危険が!

こたつ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

やけどの危険

猫がこたつのヒーター部分に接触することでやけどを負ったり、低温やけどを起こしたりする危険があります。低温やけどとは、低温の熱に長時間触れることで発症し、気付きにくいことから重症化しやすいやけどです。
やけどの程度が中度以上になると、その部分が水膨れや腫れ、脱毛、炎症などの状態になり、重度になると皮膚がむけて壊死する場合もあります。普通のやけどより治りにくく、痛みも長期化しやすいため注意してあげましょう。

脱水の危険

普段から水を飲む量が少ない猫は、暖かい場所に留まることで脱水のリスクが高まります。脱水症をチェックする方法は、猫の首の後ろや背中を軽くつまんでみることです。手を離したとき、皮膚が瞬時に元に戻れば問題はなく、1~2秒かけてゆっくりと戻る場合は、脱水状態に陥っているかも。鼻や歯茎が乾燥していないかどうかも確認しましょう。
その場合は、水を飲ませることが大切です。自分で飲まない場合は、スポイトなどを用いて口の端に水をたらすと飲むでしょう。こたつのそばには、普段から水皿を用意しておくのもおすすめです。

熱中症の危険

夏に多い熱中症ですが、こたつの中に長時間いると冬でも熱中症を起こす危険があります。熱中症は急激な体温上昇に体が対応できず、体温調節ができなくなる症状です。体に熱がこもってしまうため、苦しそうな口呼吸を繰り返し、自力で動けなくなったり意識が無くなったりと危険な状態に。命の危険があるので一刻も早い処置が必要になります。

猫のこたつ使用|酸欠や乾燥、コードも危険!

こたつデビュー
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

酸欠の危険

人がこたつの中に入れるのは足や体ですが、猫は全身をこたつの中へ入れてしまいます。暖かい場所で熟睡してしまうと、酸欠状態になっても気付かずに眠り続けてしまうことがあります。ときどきこたつの中を覗いて、猫の状態を確認しましょう。
熱は逃げてしまいますが、こたつ布団をトンネル状にして空気の通り道を作るなどの工夫をしてあげてください。

乾燥の危険

猫の皮膚はとてもデリケートなので、乾燥するとフケが出やすくなりかゆみを引き起こすことも。特に、こたつの中では乾燥が進んでしまうので、皮膚が弱い猫は長時間の使用は避けましょう。

コードの危険

こたつに限らず、コードにじゃれる猫は多いでしょう。電気の通っているコードを噛んだり引っかいたりすると、感電ややけどの危険があります。また、通電していない状態のコードを傷つけると、次に電気を通すとき火事の原因になることも。
コードにカバーを付けたり、カーペットで隠したりなどの対策をして、イタズラさせないようにしましょう。

こたつを使う際の注意点

ここはええのー
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫がこたつを使うとき、さまざまな危険があることが分かりました。上記の危険に加え、さらに注意したい点は以下の通りです。普段から心がけておくことで、愛猫を危険から遠ざけることができるでしょう。

・一酸化中毒を起こす練炭こたつは使用しない
・温度設定はできるだけ「弱」に設定する
・留守のときは電源をOFF
・普段の食事に水分を増やす
・猫がこたつに入っているときは、ときどき状態をチェックする

湯たんぽを使って「猫こたつ」を手作り!

ぼくのハウスニャ!
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

冷たい体を温めてくれるこたつは、猫に居心地の良さと共に危険を与えることもあります。では、猫を安全に温めてくれるものはないのでしょうか?ここで、電気を使わない「猫こたつ」を手作りする方法をご紹介します。

「猫こたつ」の作り方

用意するものは、2Lペットボトル用の段ボールを2つと湯たんぽ、こたつカバーだけです。簡単に作れるので、時間があるときに作ってみてはいかがでしょうか。

1. 段ボールの面積の広い面同士を接着して、2階建ての段ボールハウスをつくります。
2. 2階部分に湯たんぽを入れ、段ボールに上からこたつカバーをかけます。(1階部分の出入り口は開けておいてください)

保温性の高くクッション性のある段ボールは、猫が好む素材です。野生時代のすみ家である穴蔵に近い作りにすれば、喜んで入ってくれるでしょう。さらに、ふわふわ毛布を敷いたりかけたりすれば、暖かさもアップします。
湯たんぽを置く面は段ボールが2重になっているので、多少重さのある湯たんぽでも大丈夫。湯たんぽが冷たくなったら取り替えてあげてください。

猫と一緒に「ポカポカ冬ごもり」をしよう!

おこた
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

こたつが無くても部屋を温かく保つ工夫

暖かい空気は上にたまります。猫が上へ移動しやすいように猫タワーを設置したり、タンスの上を猫の居場所として開放したりするとよいでしょう。リビングのソファーに毛布を掛けて、ぬくぬくスペースを作ってあげるのもおすすめです。
さらに、加湿器で湿度を上げれば体感温度も上がり、デリケートな皮膚の保護にもなります。冷気が入る窓際には、スポンジのマットなどを立てかけ保温してください。厚手のカーテンを閉めるだけでも、冷気をシャットアウトできますよ。

トイレや水、フード皿付近も温かく

トイレの場所が寒かったり遠かったりすると、排せつを我慢してしまう猫がいます。廊下などの冷える場所は避けて、猫が長時間過ごすリビングや寝室にトイレを増設してあげましょう。また、水、フード皿付近には、マットを敷いて冷えを解消してあげてください。

ホットカーペットは半面をオン

猫は快適な場所を探す達人です。ホットカーペットは半面だけをオンすれば、体温調節しやすくなり節約になります。寒いときには、カーペットに寝ている飼い主さんに寄り添ってくれるかもしれません。

寒い冬には、猫と一緒にこたつでまったりしたいですよね。しかし、使い方によってはこたつが危険な場所になることも。こまめに猫の状態を観察し、異変を感じたらこたつから出しましょう。こたつが無くても快適に過ごせる部屋作りにも挑戦してみてください。

参考/「ねこのきもち」2016年8月号『真夏の夏バテ・熱中症事件ファイル』(監修:ノヤ動物病院院長野矢雅彦先生)
   「ねこのきもち」2017年11月号『お留守番どきの備えも 部屋ごとに寒さ対策しよう 私と猫の冬ごもり計画』(監修:モノカどうぶつ病院院長 小林清佳先生)
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る