1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 【獣医師監修】猫ひっかき病とは 猫にひっかかれて受診すべき症状は

猫と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】猫ひっかき病とは 猫にひっかかれて受診すべき症状は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「愛猫に急にひっかかれた」という経験はありませんか?実はそのときのひっかき傷が原因で、『猫ひっかき病』という感染症を発症するおそれがあるのです。今回は、猫ひっかき病の特徴や症状、ひっかかれた場合の対処法や予防法などについて解説します。


監修/佐藤貴紀先生 獣医循環器学会認定医

猫ひっかき病ってどんな病気なの?原因は?

優雅に佇むMIX猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

まず、猫ひっかき病がどんな病気なのか、特徴や感染経路などについて見ていきましょう。
猫ひっかき病とは、人がこの病気の病原菌が歯や爪に付着している猫にひっかかれる、もしくは、噛まれたり傷をなめられたりすることで感染するおそれのある病気です。

この病気の病原菌は、「バルトネラ・ヘンゼレ」と呼ばれる細菌ですが、バルトネラ・ヘンゼレは、すべての猫の体内に常在している菌ではありません。

この菌を保菌しているネコノミが猫に寄生して、グルーミングなどの際に口内や爪が菌に汚染されることで、その猫から猫ひっかき病に感染してしまうのです。

猫ひっかき病でリンパ節炎に?どんな症状が出るの?

バルトネラ・ヘンゼレの潜伏期間は平均2週間(早くて数日)といわれ、発症すると傷口が虫刺されのように赤く腫れて化膿します。1~2週間経つとリンパ節が腫れて圧痛を生じ、膿で満たされるリンパ節炎になります。

リンパ節の腫脹による疼痛のほか、発熱、悪寒、全身の倦怠感、食欲不振、頭痛、吐き気などの症状も現れ、重症化すると、心内膜炎や脳炎など、別の病気を併発するおそれも。

原因はネコノミ!注意が必要な季節とは

バルトネラ・ヘンゼレを媒介するネコノミは、気温が高くなる初夏から秋口にかけて大繁殖します。
これは猫の繁殖期と重なるため、親猫・子猫ともにバルトネラ・ヘンゼレを保菌するおそれが。特に子猫はネコノミに寄生されやすいだけでなく、じゃれる延長で人をひっかいてしまう危険性も高くなるため、注意が必要です。

猫ひっかき病に感染するリスクを抑えるためにも、猫はできるだけ完全室内飼育で飼うようにしましょう。

猫にひっかかれた!正しい処置は?

2匹でくっつく猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫にひっかかれてしまった場合は、そのまま放置せず、すぐに応急処置することが大切です。
出血のある・なしにかかわらず、まずは傷口を水でよく洗いましょう。ひっかき傷が深いと、時間が経つにつれて細菌が体内に深く入り込み、病気が重症化するおそれがあります。
ひっかかれた場所を流水で洗ったら、傷口によく泡立てた石けん泡をのせて菌を傷口から浮かせ、水で菌を洗い流します。

水洗いした後も出血が止まらないようであれば、清潔なガーゼやタオルを使い、傷口を15分ほど直接圧迫して止血しましょう。時間をおいて止血してしまうと、逆に菌を体内に押し込む危険性があるので、止血は水洗い後すぐに行うようにしてください。

受診したほうがいい症状

ひっかき傷が深かったり、止血後に体調の異変を感じたりする場合は、すぐに病院を受診しましょう。受診の際に、猫にひっかかれたことを伝えておくと、治療もスムーズに進みます。

前述したように、猫ひっかき病の病原菌には、平均2週間の潜伏期間があります。猫にひっかかれてから、数日~数週間後に猫ひっかき病を発症する危険性は十分考えられるので、応急処置と傷の経過観察はしっかり行いましょう。

予防のためにも!ひっかきやすい猫の特徴は?

寝っころがってカメラ目線になるマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫にひっかかれないようにするには、ひっかきやすい猫の特徴を把握して、間違った対応をしないことが重要です。
例えば元は外で暮らしていたノラ猫などは、ほかのノラ猫と縄張り争いをするなどの経験があるため、完全室内飼いの猫よりも警戒心が非常に強いです。人やほかの猫との接し方を知らずに生きてきたこともあり、恐怖心からひっかいてしまう場合もあります。

また生まれたばかりの子猫にも爪は生えていますが、ひっかいたりする動作はまだできません。生後4週ほどたってある程度歩いたり動いたりできるようになると子猫はより活発に遊んだりじゃれたりするようになるため、悪気はなくても好奇心などから人を噛んだり、ひっかいたりしてしまうことが。猫は生後2ヶ月までに学んだことが性格のベースになるといわれているので、この時期の対応には十分に注意しましょう。

オス猫はメス猫よりも縄張り意識が高いため、敵と認識した相手や不快に思ったものなどに対して手が出やすい傾向にあります。特に未去勢のオス猫は、ホルモンの影響でより攻撃性が高くなる場合も。

1匹で飼われている猫は、多頭飼いのようにほかの猫から受けるストレスがない反面、じゃれあいなどで退屈しのぎができないので、刺激を求めて飼い主さんに強くじゃれついて、噛んだりひっかいたりしてしまうことがあります。

愛猫の性格や体調もチェック

普段から触られるのに慣れていない猫だと、飼い主さんになでられることや、お手入れをされることに嫌悪や恐怖を感じて、噛んだりひっかいたりしてしまうことがあります。触られる箇所が気にいらなかったり、長時間拘束されることに我慢できなかったりする場合も同様です。

また、体調の変化によって攻撃的になる場合もあります。これまで触っても、噛んだりひっかいたりしたことがなかったのに、急にひっかいてくるようになったという場合は、触られている箇所に痛みを感じていたり、体調不良に伴うストレスを感じ、苛立ちやすくなっていたりする可能性が。突然触られるのを嫌がるようになったときは、一度受診してみましょう。

猫ひっかき病にならないため!日ごろから気をつけておきたいこと

横を見続けるブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫ひっかき病に感染しないためには、ひっかかれないよう正しい対応をしてあげるのはもちろん、ひっかかれる状況をつくらないようにすることも大切です。

おもちゃなど、噛まれても危なくないものを上手に使いながらこまめに遊んであげる時間をしっかりとることで、退屈からくる過剰に乱暴なじゃれつきやかみつきなどは減らせる傾向があります。
猫が退屈して飼い主さんにじゃれてこないよう、1日3回以上は遊ぶ時間を設けましょう。1回5~10分程度の短い時間でも、構われる回数が多いことでストレスの発散になります。
しっかり遊んで、きちんと発散させてあげましょう。

また、触られることやお手入れが嫌いな猫の場合は、少しずつ慣れさせましょう。急に体全体を触ってしまうと、嫌がって逆効果になるので、まずは優しく声掛けをしながら額や喉元、頬など元々触られることを受け入れやすい部位から短時間、軽く触ることから始め、その後は愛猫の様子を見ながら徐々に触れている時間を延ばしたり、触る箇所や範囲を広げていくのがポイント。しつこくしすぎないことが大事です。
猫の体がこわばってきたり、触られることを嫌がったりするそぶりが見られた場合は、触るのをやめてすぐに自由にさせてあげてください。

エスカレートさせないよう、習慣づけよう

猫が遊びに夢中になりすぎると、興奮してひっかいてしまうことがあります。遊んでいるうちに鼻息が荒くなる、周りが見えなくなるほどおもちゃを追いかけるといった様子が見られたら、いったん構うのをやめて猫が落ち着くまで待つようにしましょう。

また、猫が噛んだりひっかいたりしてきた場合、そのままにしたり、要求に応えたりしていると攻撃グセがついてしまいます。
遊びの延長での攻撃の場合には、低い声で「あっ!」や「だめ!」などの短い言葉を発したり、ほかの人に別の場所から音を出してもらったりして、猫を驚かして気をそらしてください。猫の気がそれた瞬間に攻撃から逃れ、猫の気が落ち着くまで別の部屋に行くなど距離をとって離れるなど、それ以上猫の相手をしない意思表示をしましょう。

病気を媒介するノミ対策も行おう

猫のひっかきグセだけでなく、病気を媒介するノミへの対策も行いましょう。
基本的にノミが生息しがちな暗い縁の下や草むらなどには近寄らせないようにしましょう。

猫にノミが付くと、首筋の後ろや尾の付け根など、毛づくろいをしにくいところに留まることも多く、その部位に砂粒のような黒いノミの糞が集中して見つかることもあります。普段からブラッシングのときなどにノミやノミのフンがないかよく観察するようにしてください。

また、ノミの駆除薬などを使用するのもおすすめです。動物病院で処方してもらうことができ、スポイトタイプ、注射、スプレー剤の3種類が主流。予防のためなのか、すでについてしまっているのかなどにより適したものが異なるため、獣医師と相談のうえ選択するといいでしょう。

猫ひっかき病にならないためにも、愛猫との関係を大切に

寝ているアメリカンショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫ひっかき病は怖いものですが、猫もわざと感染させようとしているわけではありません。猫がひっかいてしまうのは、それ相応の原因がありますので、まずはなぜ猫がひっかいてくるのか原因を探り、ひっかきグセがつかないよう正しい対処としつけをしましょう。

また、猫にひっかかれた後に出血をしていなくても、バルトネラ・ヘンゼレ菌が体内に入り込んでいることは十分考えられます。そのまま放置していると重症化するおそれもあるので、水洗いなどの応急処置をした後は、病院で診てもらうと安心ですよ。

監修/佐藤貴紀先生



獣医循環器学会認定医。麻布大学獣医学部卒業後、西荻動物病院、dogdays東京ミッドタウンクリニック副院長に就任。2008年白金高輪動物病院を開業。中央アニマルクリニックを附属病院として設立し、総院長に就任(現在は顧問獣医師)。動物病院のグループ化を進めるJVCC動物病院グループ株式会社CEO。東京都目黒に開院したJVCCグループ二次動物医療センター目黒病院のセンター長であり、自身の専門である「循環器」科を担当。愛犬はミニチュア・シュナウザーのまりもちゃん

参考/「ねこのきもち」2017年3月号『シーン別にサインと予防策をご紹介!噛む・引っかくされる前にできること』(監修:もみの木動物病院副院長 村田香織先生)
   「ねこのきもち」2018年3月号『猫の"しちゃう"ワケを知って"させない"!噛む引っかく「0」飼い主宣言』(監修:帝京科学大学助教 動物看護士 小野寺温先生)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る