1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫の噛む・ひっかく~猫との暮らしの困りごと(1)

猫の噛む・ひっかく~猫との暮らしの困りごと(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の噛む・引っかくに悩んでいる飼い主さんは多いよう。スキンシップのとき・お手入れのとき・遊んでいるとき、もしくは不意打ちなどいくつかパターンが。応急処置や危険性のある病気につながらないよう、子猫の甘噛みや成猫の噛み癖に注意。高齢猫が急に攻撃的になる可能性も。

「ねこのきもち」読者アンケートでは、約9割の人が引っかかれた経験あり

・経験があり、病院にかかるほどのケガをした… 6.8%
・経験があるけれど、軽いケガや無傷ですんだ… 82.4%
・経験がない… 6.8%
・無回答… 4%
※「ねこのきもち」調べ

よく噛む・引っかかれるのは4つのシーン

(1)なでたり抱っこしたりするスキンシップのとき
(2)爪切りやブラッシングなどのお手入れのとき
(3)おもちゃで遊んでいるとき
(4)思いがけない不意打ちなどのとき

この4つのシーンごとに猫のサインや予防法を覚えておけば、噛む・引っかくの困りごとは減らせます。

猫が噛んだり引っかいたりするのは、ほとんどが飼い主さんから猫に何かをしているとき。それぞれのシーンで猫がどんなことを嫌がるのか、また、嫌がっている様子の見極め方を理解すれば、噛む・引っかくは減らせるはずです。

スキンシップしているとき

愛猫とのスキンシップの時間は何よりの癒し。しかし方法を一歩間違うと攻撃されてしまうことも……。そうならないための予防法やサインを紹介します。

シーン1:抱っこしたら暴れ出し引っかかれた

猫の気分がのらなかったから

ご存知のように猫は気分屋。かまわれたくないタイミングに抱っこされると、どんなにスキンシップが好きな猫でも不快感から攻撃することがあります。

抱っこに不安を覚えたから

猫はもともと拘束されるのが苦手。その上、無理な体勢をさせられたり、不安定な抱き方をされると不安や身の危険を感じ、逃げようとします。

噛む・引っかく されないためにすること

抱っこは猫からアピールしてきたときだけにして

飼い主さんを見つめてきたり、しっぽを立ててすり寄ってきたら、猫が飼い主さんに甘えたがっている証。このタイミングで抱っこすれば、攻撃されることはほとんどありません。

正しい方法で抱っこして

猫が不快に感じない抱っこのコツは、四肢と下半身を安定させること。さらに飼い主さんとの間に隙間をつくらず密着させると安心できます。

身をよじらせたり逃げようとしたらすぐに離して

猫が抱っこを不快に感じると、飼い主さんの腕から逃げようと身をよじらせたり、足を突っ張ったり、嫌がるぞぶりを見せます。このサインが出たら、抱っこをやめるのが理想。

シーン2: 愛猫が近付いてきたのでなでていたらいきなり噛まれた

スキンシップの時間が長過ぎたかから

長時間のスキンシップで猫が「もう充分!」と感じたときに飼い主さんを噛むことが。これは「愛撫誘発性攻撃行動」と呼ばれる、猫によく見られる行動のひとつです。

触った部位や力加減がNGだった

必要以上の力でなでられたり、苦手な部分を触られたりすると、飼い主さんに「やめて」の意味で噛み付くことがあります。

噛む・引っかく されないためにすること

なですぎは×。なでるときは指先で優しく

長時間のスキンシップは猫によっては大きなストレスになるので、気持ちよさそうなところでストップして。猫が毛づくろいするように、指先で軽くなでるくらいがベストです。

猫か好きな部位を中心になでて

猫は自分で毛づくろいできない顔まわりを撫でられるのが好きな傾向にあります。おでこや後頭部・鼻筋・あご周りなど、猫が喜びやすい部位をなでてあげて。

しっぽをパタパタさせたらすぐになでるのをやめて

スキンシップのやめどきは、猫のしっぽをチェックして。パタパタと振り始めたらイライラしているサインなので、なでるのをやめ、そっとしておきましょう。

お手入れしているとき

猫にとって必要不可欠なお手入れですが、苦手な猫は多く、攻撃されやすいシーンでもあります。なるべく猫の負担を減らして噛む・引っかくを防ぎましょう。

シーン: 爪切りの途中、猫が逃げようとした瞬間に引っかかれた

猫は長時間の拘束が苦手だから

自由気ままな猫は、束縛されるのが大嫌い。お手入れによっては何分も同じ体勢で拘束されることになるので、我慢できず逃げ出したくなってしまうのでしょう。

お手入れ自体に恐怖を感じているから

猫は警戒心が強い動物なので、「何をされるかわからない」ことから逃げようとします。また、過去に爪切りで出血したなど、一度嫌な思いをすると、その後もずっと恐怖に感じてしまいます。

噛む・引っかく されないためにすること

触られるのが苦手な部分にふだんから触って慣れさせて

猫が触られるのが苦手な部位はふだんのスキンシップで少しずつ触って慣れさせて。子猫の頃から触っておくと、スムーズに慣れさせることができます。

ほかのことで気をそらして

苦手なお手入れをするとき、一緒に猫の好きなことをすると気がそれるのでスムーズにいく場合が多いよう。愛猫の好みによっておやつや適度なスキンシップなど、気をそらすものを変えてみて。

拘束時間がなるべく短くなる工夫をして

お手入れを「怖い」と思わせないためには、とにかく早く終わらせることが大切。1回のお手入れの時間を短くしたり、2人で行ったり、寝ているすきに行うなど、拘束時間をできるだけ短くする工夫を。

猫の体がこわばってきたらすぐに自由にしてあげて

慣れないお手入れに恐怖を感じ、緊張すると、猫の体に力が入り、耳が外向きに。攻撃前のサインなので、抱っこしていてその様子が見られたらすぐに自由にしてあげましょう。

自宅でするのが難しい場合は無理せず動物病院へ

極度に怖がったり、お手入れグッズを見ただけで逃げ出してしまうようなら、飼い主さんがお手入れをするのは難しいでしょう。無理せず、動物病院などでプロに行ってもらって。

遊んでいるとき

ジャンプしたり猛ダッシュしたり…… 遊んでいるときは、猫が活発になるぶん、攻撃されると大きなケガにつながりかねません。予防法とサインを紹介します。

シーン: じゃらしおもちゃで遊んでいたら愛猫が飛びかかってきた

本能が刺激され、興奮し過ぎてしまったから

猫にとって遊ぶことは狩りをしているのと同じこと。遊びで野生の血が騒ぎ、興奮し過ぎてしまうことがあります。そのためおもちゃだけでなく、飼い主をターゲットにして襲いかかることも。

噛む・引っかく されないためにすること

飼い主さんの手や足で遊ばせないで

飼い主さんの手や足で遊ばせていると、猫はその手足を“獲物”だと思い、攻撃の対象と認識してしまいます。遊ぶときは必ずおもちゃを使うようにして。

鼻息が荒くなったりヒートアップしたら一時中断して

鼻息が荒くなる、周りが見えなくなるほどおもちゃを追うなどしたら、興奮し過ぎている証。遊びをやめ、猫の呼吸が整うまでおもちゃは隠して。

おもちゃは竿やひもの部分が長いものに

興奮しやすい猫なら、おもちゃから見直してみても。竿やひもが長いおもちゃなら、飼い主さんとの距離を保って遊ばせられるので、勢い余って攻撃されることはなくなるでしょう。

不意打ちなどそのほかのとき

何もしていないのに急に攻撃してくる、何かをアピールするために噛むなど、予測しにくいシーンでの予防法をお教えします。

シーン1: 猫とすれ違った瞬間にいきなり噛まれた

飼い主さんの素早い動きが“獲物”に見えるから

猫の獲物はネズミや蛇など、素早い動きをする動物。そのため家の中でも飼い主さんの素早い動きを見て狩りモードになり、噛んだり引っかいたりすることが。

遊びの欲求が満たされず不満だから

猫はもともと外で獲物を探す生活をしていました。しかし昨今はほとんどが室内飼いなので、家の中では刺激が足りず、退屈しのぎで攻撃行動をすることが。

噛む・引っかく されないためにすること

猫が近くにいるときは素早い動きをしないで

本能を刺激しないよう、猫の近くを通るときはゆったりした動きを心がけて。またドアの動きに反応しないよう、猫のいる部屋に入るときにはドアはゆっくり開けましょう。

1日最低3回は遊ぶ時間をつくって

猫を退屈させないよう、1日最低3回はおもちゃを使って遊び、ストレスを発散させて。1回の時間は5~10分ほどでOK。回数を増やしてあげたほうが猫は喜びます。

シーン2: ゴハンの時間が近くなると噛まれた

「噛む=ゴハンが出てくる」と覚えているから

猫は欲求を通すために、飼い主さんにさまざまな方法でアピールをしてきます。たまたまお腹がすいて噛んだときに飼い主さんがゴハンをくれたことを覚えていて、それ以降、欲求の意味で噛むようになったのでしょう。

お腹が減っている時間が長すぎるから

鳴き続けるなどして必死にアピールしても欲求が叶わないときに、攻撃して伝えようとすることも。お腹がすき過ぎてやむを得ず攻撃している可能性もあります。

噛む・引っかく されないためにすること

食事の回数を見直して

フードの量は変えずに食事の回数を増やしてみて。猫が空腹を感じる時間を短くすることができるので、アピールされることが少なくなります。

食事をゆっくり食べさせる工夫をして

とくに早食いしてしまう猫におすすめ。食べにくい器で食事させたり、知育おもちゃをつかって遊びながら食べさせたりすれば、同じ量のフードでも時間をかけて与えることができます。

噛む・引っかく された瞬間にすること

「あっ!」「だめ!」など短い音で猫をハッとさせる

攻撃がエスカレートしないよう、なるべく早く興奮した猫から離れる必要があります。飼い主さんが「あっ!」「だめ!」など短い言葉を発して猫を一瞬驚かせ、その隙に落ち着いて猫から離れましょう。
→スキンシップ・お手入れ・不意打ちなどのシーンに有効

無視して部屋を出る

遊んでいるときに噛んだり引っかいたりするのは、猫が夢中になっているから。攻撃されたらすぐに遊ぶのを中断し、部屋を出ていくと、夢中になれる楽しい遊びができなくなると猫に学習させることができます。
→遊んでいるときのシーンに有効

噛む・ひっかく されたあとにする飼い主さん用応急処置法

ケース1: 出血がない、または少量で傷が深くないとき

(1)流水で傷口をよく洗う
消毒などはせず、まずはできるだけ早く流水で洗って。傷口を清潔にすることが大切です。
(2)石鹸を泡立て傷口に置くようにして洗う
石鹸をよく泡立て、泡を傷口にのせて優しく洗って。泡の界面活性作用で菌を浮き上がらせることができます。その後、水でよく洗いましょう。
(3)その後変化があればすぐに病院へ
上の処置で血が止まったらこのまま様子をみてかまいません。ただし、出血が止まらない、痛みが続く、腫れてきたなどの症状が現れたら、速やかに病院で診てもらって。

ケース2: 出血があり傷が深いとき

(1)流水で数分洗う
深い傷の場合、時間をおいてしまうと細菌が体内に入り込み重症化する可能性が高くなるので、初期対応までのスピードが重要です。できるだけ早く流水で数分よく洗いましょう。
(2)血が止まらない場合、清潔なガーゼやタオルで15分ほど圧迫する
上の処置で血が止まらない場合、清潔なタオルやガーゼで圧迫を。ただし、時間が経ってから圧迫すると、菌を体内に入れてしまうことになるので、洗ってから時間をおかないのがポイントです。
(3)圧迫しながら一刻も早く病院へ
傷の具合によっては傷内部の処置や、縫合処置が必要になるので、なるべく早く医師に診てもらいましょう。可能なら圧迫しながら病院へ。

噛む・引っかくでかかる怖い病気

猫ひっかき病

パルトネラ菌が引っかき傷などから侵入してかかる病気。感染後、発疹やリンパ節の腫れ、発熱などの症状が現れます。重症になるとリンパ節の切開を行うことも。

(写真:姫野病院 吉田 博先生)

パスツレラ症

ほぼ100%の猫が口内に保有するパスツレラ菌による病気。傷口が腫れ、激痛に襲われます。肉芽腫や骨髄炎を併発することも。抗生物質での治療を行います。

(写真:日本大学医学部 荒島康友先生)

合わせて読みたい

噛む、ひっかくなどの困りごと解決策が満載!愛猫の困りごと解決は『ねこのきもち』にお任せください。 最新号くわしくはこちら

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る