1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 長時間の留守番に必要なことは?

長時間の留守番に必要なことは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫が安心して留守番できるよう、室内環境に配慮を。くつろげる場所を増やす、いつもと同じ状況をつくる、特別なおやつをあげる、着替えてから出かけない、などのコツも。また、別室で過ごす練習をしておいたり、ペットシッターに頼みたい場合には普段から来客に慣れさせて。

留守中の室内環境は安全にも配慮を

猫は、快適な室内環境であれば、安心して留守番できます。猫だけで過ごすので、窓は閉めて出かけるなど、事故防止対策もしたいですね。

くつろげる場所を増やす

猫は多くの時間を、寝たりのんびりして過ごしているので、くつろげる場所を増やすと効果的。

いつもと同じ状況をつくる

猫は「いつもと同じ」ことに安心します。泊まりの用意も猫がいないところでするといいです。

猫と別室で過ごせるよう練習する

つねに飼い主さんが家にいる場合、ふだんから故意に猫と離れる時間をつくって、徐々に慣れさせ、別々に過ごせるようにしましょう。

外出時に着替え、出かけないようにする

猫は「いつもと違う」ことに、不安になります。外出時に着替えても出かけないようにして、外出着に慣れさせ、不安感を減らしてあげて。

ペットシッターに頼みたい場合は、来客に慣れさせる

留守中、ペットシッターにお世話になりたい場合は、人に慣れさせることも必要。まずは来客に慣れさせてみることから始めるといいでしょう。

長時間留守にする場合は…

特別なおやつを与えて猫のご機嫌をとっておくのも◎。

合わせて読みたい

安心・安全にお留守番をさせるアイデアや、室内環境の整え方を専門家がアドバイス。『ねこのきもち』は愛猫と快適に暮らすコツが満載です。最新号くわしくはこちら

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る