1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫の歯みがき~猫のお手入れとお世話(4)

猫の歯みがき~猫のお手入れとお世話(4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の口内は強いアルカリ性なので虫歯になりにくいそうですが、一方で歯周病や口腔内細菌が原因の病気にかかりやすいよう。そうなると、フードが食べれなくなったり、細菌が体内に運ばれて、健康状態が悪くなる恐れも。特に3才を過ぎると80%が口の中に疾患を抱えていると言われています。愛猫の命を守るためにも歯磨きは欠かさないようにしましょう。

歯磨きの回数は?

歯垢は1週間で歯石になり、自宅では落とせなくなります。1週間に1回以上は歯磨きをしましょう

口まわりが触れられると、歯磨きのほか、投薬のときもラクに

いきなり歯磨きをしようとしても、大抵の猫は嫌がってしまうもの。まずは口まわりに触れ慣れさせましょう。口を開けることができるようになると、乳歯から永久歯に生え変わる様子を観察できたり、薬も飲ませやすくなります。

続けることが大事。できることからゆっくりはじましょう

まずは歯みがきを嫌なことと思わせないのが肝心です。怖がったり、嫌がる様子が見られたときは、無理強いせず、最初はガーゼで磨くなど、嫌がらない方法から初めてみて。1日または2日に1回数秒間をなるべく長く続けることによって、歯磨きが猫の習慣になり、嫌がらずにやらせてくれるようになります。

難しければ歯磨きグッズをつかってのケアでもOK。

歯磨きと一緒に使うのが理想ですが、直接歯をお手入れするのが難しい場合は「食べながら」歯垢除去ができるおやつや、「遊びながら」汚れがとれるおもちゃで猫に嫌がられずにケアする方法も。

歯磨きへの近道! 口まわり&歯のタッチ

1.触ると喜ぶところからなでる

スキンシップの延長として、猫が喜ぶあごの下などから優しくなでるところからスタート。その後、あご下を中心に、頬、鼻筋など口まわりを人差し指でやさしくなでます。

2.口まわりを触り、口角を引っ張り上げる

口まわりを触っても大丈夫になったら、両手で猫の口から頬にかけて少しずつ揉むように触ります。その後、さりげなく両手で口角を引っ張り上げてみましょう。最終的に、奥歯まで見えるような“笑顔”になればグッド! ただし、指を嚙まれないように、猫が嫌がったらすぐに手を離すようにしてください。嫌がる猫も多いので、できそうになったら、ほめながらおやつを与えることを繰り返し、“これをすればイイことがある”と猫に好印象をもたせましょう。

3.前歯を触る

片方の手を猫のあご下に添えて、反対側の手の人差し指で上唇を少し持ち上げながら前歯を軽く触っていきましょう。歯を触られることを嫌がるなら、指に愛猫がお気に入りのおやつのペーストやウエットフードの汁をつけてみて。おいしそうなニオイのする指なら受け入れてくれる猫も多いはず。

4.奥歯を触る

片方の手の人差し指で上唇をしっかり持ち上げながら反対側の手の人差し指で奥歯を軽く持ち上げ触っていきましょう。

歯ブラシで歯磨きをする

タッチができるようになったら、一番効果的に細菌の温床である歯垢を取り除ける歯ブラシに挑戦してみましょう。

1.用意するもの

・ペット用の歯ブラシ
・ペット用の歯磨きペースト
・水とペーストを入れる器(仕切り付きなら便利)

2.歯磨きを始める前に

乾いた歯ブラシは、猫が痛がって嫌がる原因に。歯ブラシを水で濡らしてから歯磨きペーストを付けて。歯磨き途中で乾いてきたら、繰り返し行いましょう。

3.猫を膝の上にのせ、リラックスさせる

抱っこができる猫なら膝の上にのせ、触ると喜ぶところからなでて猫をリラックスさせながら歯磨きの体勢に。猫の後方から両手を回す抱え方が安定するのでおすすめです。抱っこが苦手な猫の場合は、台の上にのせて猫の後方から手を回す抱え方をしてみましょう。猫が暴れるなら、お気に入りの布で体を包むのも、猫が安心するうえに、飼い主さんも引っかかれるのを予防できるので、一石二鳥です。

4.歯垢の付きやすい臼歯(奥歯)を磨く

ほかの歯よりも大きな臼歯は、歯垢が付きやすいので念入りに磨いていきましょう。歯ブラシは持っていない手の人差し指で猫の口角を引っ張り上げ、歯ブラシを45°くらい傾けて歯に当てます。左右に小刻みに動かして1本ずつ軽く磨いてきましょう。歯ブラシの持ち方を鉛筆持ちにすれば小刻みに動かしやすく、歯茎を傷つけないように優しい加減で磨けます。

5.犬歯と切歯(前歯)を磨く

歯ブラシを持っていない手の人差し指で上唇を上げ、歯ブラシを45°くらい傾けて歯に当てます。左右に小刻みに動かして1本ずつ軽く磨いていきましょう。長さのある犬歯は左右の横方向だけでなく、上下の縦方向も磨くとパーフェクトです。歯石がたまりやすい歯と歯茎の境目の「歯周ポケット」も意識して磨くように心がけてください。

6.歯ブラシを受け入れない猫には

歯ブラシでなでられるのが好きな猫もいるので、磨く用となでる用の2本持って、口まわりをなでながら歯磨きしてみましょう。歯磨きの成功率がアップするはず。しかしどうしても歯ブラシを受け入れない場合は、歯ブラシよりお小さい綿棒で試してみても。ただ、歯ブラシほど歯垢を落とす効果は望めないので、綿棒に慣れてきたら再度歯ブラシで挑戦して。

歯磨きシートで歯磨きをする

歯ブラシや綿棒での歯磨きがどうしても難しいなら、猫が比較的受け入れてくれやすい“歯磨きシート”がおすすめです。この方法で慣れてきたら、歯ブラシに再挑戦してみましょう。

1.用意するもの

・ペット用の歯磨きシート

2.歯磨きを始める前に

歯磨きシートを人差し指の長さに合うようにシートをカットし、指にしっかり巻き付けていく。少しキツめに巻けば、猫の違和感が少なくなり、歯をスムーズに拭くことができます。

3.猫を膝の上にのせ、リラックスさせる

歯磨きをさせるの「3.猫を膝の上にのせ、リラックスさせる」のプロセスと同じ要領で猫を歯磨きの大勢にしましょう。猫がリラックスできれば、どんな体勢でもOK。

3.歯垢の付きやすい臼歯を拭く

歯磨きシートを巻いていない手を猫のあご下に添えて、シートを巻いた人差し指を猫の口の端から滑らせるように入れて。指の腹で臼歯を左右に小刻みに軽くこすりましょう。

4.歯垢の付きやすい臼歯を拭く

歯磨きシートを巻いていない手を猫のあご下に添えて、シートを巻いた人差し指を猫の口の端から滑らせるように入れて。指の腹で臼歯を左右に小刻みに軽くこすりましょう。

5.犬歯と切歯を磨く

歯磨きシートを巻いていない手の親指で上唇を持ち上げて、シートを巻いた人差し指の腹で左右に小刻みに軽くこすりましょう。長さのある犬歯は上下の縦方向も拭くとグッド!

6.歯磨きシートが入らなければ、ガーゼを使用して!

歯磨きシートに比べ効果や便利さは劣りますが、ガーゼでもOK。同様に指にまき、水やウエットフードの汁を染み込ませれば準備OK。

→動画もチェック!

合わせて読みたい

愛猫の年齢に合わせたお世話や健康管理をしてあげたいですね。『ねこのきもち』なら子猫からシニア猫まで網羅!最新号、くわしくこちら

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る