1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫が威嚇する理由と対処法は?ポーズや鳴き声もご紹介【獣医師監修】

猫と暮らす

UP DATE

猫が威嚇する理由と対処法は?ポーズや鳴き声もご紹介【獣医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫から突然威嚇されると、怖くなったり傷ついたりしてしまう飼い主さんもいるのではないでしょうか。今回は、猫が威嚇する理由とやめさせるためのシーン別対処法について、威嚇するときの鳴き声やポーズ、表情などの特徴とあわせて解説します。

猫が威嚇するときの特徴は?鳴き声・ポーズ・表情

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

まずは、猫が威嚇するときの特徴的なしぐさや行動、様子についてみていきましょう。

猫が威嚇するときの鳴き声

「シャー」「フーッ」「カッ」


近づく相手に対して敵意をむき出しにし、口を開けて牙を見せながら発します。強い恐怖や怒りを感じているときなどに多く、威嚇を無視して近付くと攻撃されることも。ちなみに、「シャー」は、蛇をマネしたものだともいわれています。


「ウワーオー」「アオー」


大きくて高い声でこのように発するのは、不安や強い恐怖心を抱いていたり、パニック状態だったりするときの警戒や威嚇のシグナルです。


「ウウウー」


敵対心を示す唸り声で、のどから絞り出すような低音です。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫の鳴き声~鳴き声の種類・理由、鳴くときの気持ち、注意すること」

猫が威嚇をするときのポーズ

体勢(頭・背中)

黒猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

頭を低くし背中をぎゅっと丸めて、背中の毛を逆立てるポーズです。防衛しつつ、いつでも相手に飛びかかれるような体勢を確保しているのでしょう。

耳がスゴイ猫

耳に力が入り後ろに反るときは、怒りや拒否の気持ちを表します。「このままだと攻撃するぞ!」と強気で怒りをアピールするときや、同居猫や窓の外に見える野良猫に対して見せることが多く、人に対して見せるときは、「近づかないで!」という意味もあります。
また、怒りが強ければ強いほど、耳の反り具合も強くなる傾向に。これ以上回らないほど耳を反らせているときは、強い怒りや拒否の気持ちといえるでしょう。

尻尾

しっぽ

強気で「怒ったぞ!攻撃するぞ!」とアピールするときは、しっぽの根元が上がり、先が垂れる弓なりの形になります。これは、猫同士で優位な方が力を誇示するためにすることが多いようです。また、体を大きく見せる効果があるため、猫相手に威嚇するときなどは、しっぽを大きく膨らませ、左右に激しく振ることも。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「見かけ倒し? 動物界で1、2を争うビビリでビリ【ざんねんな猫の生態】」

猫が威嚇をするときの表情


相手を威嚇する際の猫の目は、瞬きの回数が減り見開いた状態となります。瞬時に瞳孔が開いて黒目部分が増え、その後は威嚇する対象に照準を定めようと黒目が細くなります。



大きく口を開け、牙である犬歯をむき出しにします。同時に、鳴き声を出して威嚇することも。なお、怒りのレベルが低い場合は、口を開けないこともあります。


ひげ


怒りで表情筋が強張ると、ヒゲの付け根にも強い力が加わります。また、口を開けて威嚇するため、顔の後方、斜め上方向に反ります。

気持ちでさらに二分化する!?

猫のイラスト

猫が威嚇をするときの表情は、そのあと攻撃的であるか防御的であるかによって変化します。攻撃性が強いときほど瞳孔は細くなり、耳が外を向くのに比べ、防御性が強いときは耳を伏せ、声で威嚇するために口を開ける傾向があり、瞳孔は反対に開きがちになります。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫の鳴き声~鳴き声の種類・理由、鳴くときの気持ち、注意すること」

猫の威嚇をやめさせる「しつけ」はある?シーン別対処法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫は一般的にしつけにくいとされ、犬に行うような「しつけ」はありません。そのため、猫の威嚇についてはしつけてやめさせるという考え方ではなく、飼い主さん自身が上手な対処法を知っておくことが大切です。
ここでは、よくあるシーン別の対処法についてご紹介します。

先住猫が新入り猫に威嚇したら

新入り猫は、先住猫からすれば“ただの敵”です。敵を排除するために激しく威嚇することもあるでしょう。侵入者がいることをニオイで知り、威嚇が始まるようであれば、まずは新入り猫をいったんゲージに入れて別室で過ごさせ、先住猫の威嚇が収まるのを待ちましょう。その後は、ゲージ越しに数分程度だけ対面させ、徐々にその時間を延ばしながら様子をみてください。
猫同士の挨拶にお互いのニオイを交換するという行為がありますが、それを利用し、飼い主さんが双方の猫の顔周りをなでて手にニオイをつけ、それを相手の猫の体にすりつけることで慣れさせていくのもおすすめです。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「先住猫がいる場合の猫の迎え入れ」

同居している猫同士が威嚇したら

多頭飼いをしている家庭の場合、何らかの理由により猫同士が突然威嚇し合ったり、喧嘩をし始めたりすることがあります。そんなとき下手に手を出すと攻撃される恐れがあり、非常に危険です。猫同士が喧嘩をする原因は縄張りの侵害などにあるので、どうしても威嚇行動が止まらないときは別々の部屋で過ごさせるなど、縄張りの範囲をしっかりと分割し、猫たちの様子を観察するようにしてください。

遊びやブラッシング・スキンシップ中に威嚇されたら

愛猫のブラッシングやスキンシップの最中、おもちゃで遊んでいるときに威嚇をされてしまったら、まずはその嫌がっている行為を中断し、目をそらして無視の姿勢をとるのが効果的です。威嚇をする猫と目を合わせる行為は、「今から喧嘩をするよ」という合図と同じこと。気が立って興奮している猫が落ち着くまで、その場を離れてそうっとしておくようにしましょう。

小さい子どもや赤ちゃんに威嚇したら

動きが読めず、突然大きな声を出すこともある小さい子どもや赤ちゃんは、猫にとって恐怖の対象です。そのため、猫が威嚇をし始めたときには、すぐに子どもや赤ちゃんを猫から遠ざけましょう。基本的に猫から積極的に近づくことはほとんどなく、子どもや赤ちゃんから近づくことが多いので、なるべく両者を接近させないようにするのもひとつの手です。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫ってしつけできる?猫の困ったを「叱る」と「褒める」で改善!」

猫が威嚇する理由を知っておこう

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫が威嚇するのには、さまざまな理由が考えられます。なかには、健康にかかわるものもあるので、しっかりと理解しておきましょう。

恐怖や敵意を感じている

猫が強い恐怖を感じたとき、さらにその場から逃げることができないと判断した場合には、自分の身を守るために“恐怖性攻撃行動”または“防御性攻撃行動”と呼ばれる威嚇行動を取ることがあります。
これは、恐怖心の強い猫に多く、威嚇声をあげることで、なんとかその場を切り抜けようとしているのです。また、飼い主さんが自分の知らないニオイをつけて帰宅したときなど、ニオイに対して不快感をあらわにし、唸るケースもあります。

縄張りに侵入された

縄張りに侵入してきた他者に対して行う、ひっかきや噛みつきといった威嚇行動のことを、“縄張り性攻撃行動”といいます。猫が放つ独特の体臭に包まれた縄張りは、猫にとってはストレスを解消するための大切な場所。このような場所に侵入者が現れたり、あるいは縄張り自体が部屋の模様替えなどで急になくなってしまったりするときに、不安を感じて威嚇行動をとってしまうことがあるようです。

なんらかの刺激やストレスによる八つ当たり

欲求が満たされずイライラが募ると威嚇行動に出ることがあります。これは“転嫁性攻撃行動”と呼ばれ、簡単にいえば『八つ当たり』です。お腹が空いているときや大きな騒音があったときなど、さまざまなストレスが引き金となります。

飼い主さんにしつこく触られた

気持ちよさそうにしている愛猫を見て、良かれと思いなで続けていたら突然噛みつかれた……なんて経験、飼い主さんなら一度はあるのではないでしょうか。
気まぐれな猫の場合、自ら飼い主さんにスキンシップを求めたとしても、触れられるのをしつこいと感じると攻撃に出ることもあります。これは“愛撫性攻撃行動”といい、理由としては「もう十分!」という合図や「なでるのが下手!」という不満など、さまざまなものが考えられていますが、実は明確にはなっていません。

食べ物やおもちゃをとられた、とられそう

猫は食べ物やおもちゃをくわえたまま威嚇することがありますが、それは猫が生まれながらに持つ狩猟本能によるものであり、食べ物やおもちゃを獲物だと認識し、それを横取りされまいとしているのでしょう。そういったときの威嚇行動のことを“捕食性攻撃行動”といい、これは獲物に対して条件反射的に行われていると考えられています。
また、類似のものに“遊戯性攻撃行動”があります。これは、猫が飼い主さんと遊んでいる最中などに、ついエスカレートして威嚇したり、勢い余って手を傷つけたりしてしまう行動のことです。

病気やケガをしている

威嚇行動には攻撃の意図のほかに、防衛という意味合いも含まれています。そのため怪我をしていたり体調を崩していたりするときに、自分を守ろうとして他者を威嚇する猫もいるのです。
例えばしっぽをドアに挟まれてしまったときや、関節炎などの病気のときなどには、『疼痛(とうつう)』と呼ばれる、「じっとしていても感じるような、うずく痛み」があるため、威嚇をするのです。これは、“疼痛(とうつう)性攻撃行動”と呼ばれます。

妊娠中や産後である

人の場合も、妊娠中や産後など、子供を守ることに必死になり、母親がイライラしてしまうといったことがありますが、それは猫も同様です。妊娠中などの威嚇行動は“母性攻撃行動”と呼ばれ、その行動自体は自然なものです。人が不用意に子猫を母猫から引き離そうとするようなことがなければ、攻撃されることはほぼないでしょう。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫の気持ち~猫の心と体(4)」

猫それぞれの威嚇の原因と対処法を見極めて

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫の威嚇行動には、必ず何かしらの原因があります。ストレスや不安を抱えていたり、あるいは体調を崩していたり、それぞれの原因により対処法も変わるため、まずはそれを見極めることが大切です。ただし、あまりにも激しく威嚇をする場合は、専門家による治療が必要になることもあります。その際は、行動の専門家に相談することも検討してみましょう。

参考/「ねこのきもち」2016年6月号『顔を見れば気持ちはわかる、猫も。ねこの「喜怒愛楽」』(監修:川崎市環境影響評価審議会委員 「ねこの博物館」館長 日本動物科学研究所所長 哺乳動物学者 今泉忠明先生)
   「ねこのきもち」2016年8月号『猫のQOL(クオリティオブライフ)を尊重するために知っておこう!』(監修:帝京科学大学助教 動物看護師 小野寺温先生)
   「ねこのきもち」2017年12月号『どうしてそうなった!?不思議だけど愛おしい ざんねんな猫の生態』(監修:「ねこの博物館」館長 日本動物科学研究所所長 哺乳動物学者 今泉忠明先生)
   「ねこのきもち」2018年5月号『キッカケのない突然の攻撃行動 猫の激怒症候群って何?』(監修:獣医師 菊池亜都子先生)
   「ねこのきもち」2018年9月号『キホンからカンチガイしやすいものまで パーツでわかるねこのきもち』(監修:帝京科学大学助教 動物看護師 小野寺温先生)
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/菜々
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る