1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫が膀胱炎になる原因と、症状とは?~治療法、予防法も解説

猫が膀胱炎になる原因と、症状とは?~治療法、予防法も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫から血尿が出たり、頻繁にトイレに行くったりしているとき、それは膀胱炎が原因かもしれません。膀胱炎といっても、ストレスだったり、食餌だったりと、原因はさまざま。病院で膀胱炎と診断されたら、まずは愛猫の環境を見直してみましょう。

1. 猫膀胱炎の症状とは?

血尿

尿が赤みを帯びることもあれば、血餅といって血の塊が尿に混ざることもあります。しかし猫砂が固まるタイプのものだったりすると色の変化に気づきにくいかもしれません。鉄っぽい臭いで気づけることもあります。

頻尿

頻回に排尿することです。膀胱に少し尿が溜まると尿意をもよおしてしまうので、1回の尿量がかなり少なくなり、何度も何度もトイレに入ります。しまいには、残尿感でトイレに行き、トイレで排尿姿勢をとってもまったく尿が出ないといこともあります。

トイレ以外での排泄

今までトイレで排尿できていたのに突然トイレ以外の絨毯や布団、玄関などで排尿してしまうのも膀胱炎の症状であることがあります。

尿路閉塞

膀胱炎の進行が急激に進み、結石や血餅等の炎症産物が尿道に詰まりまったく尿が出なくなってしまう状態です。一見、頻尿の時のように何度もトイレに行っては踏ん張る様子が見られますが、尿路閉塞の状態が長く続くと急性腎不全を引き起こすため全身状態が急激に悪化します。この尿路閉塞は尿道が細く長いオスに多く見られる症状です。

下腹部や陰部を執拗に舐める

猫はストレスがあると、身体の1部をはげるまで舐めてしまうということがありますが、膀胱炎で膀胱や尿道に違和感を感じていると、膀胱のある下腹部辺りや尿道の出口を舐めるということがあります。しかしこの症状はどの猫でも起こる症状ではありません。

2.猫の膀胱炎の原因とは?

ストレス

猫はストレスがあると膀胱炎になりやすいと言われています。ストレスといっても内容は様々で、飼い主さんや猫自身を取り巻く環境の変化はもちろんのこと、近所での工事の騒音やトイレの個数や状況、またお部屋の芳香剤や柔軟材などの香りが影響することもあります。去勢や避妊手術をしていない猫であれば、発情期のストレスも原因となり得ます。また特に周りには変化がなくても、猫が歳を取ってきてストレスを感じやすくなることで発症することもあります。

食餌

ミネラルの多いおやつや、人の食べもの、ミネラルウォーターなどにより、尿中にそのミネラルが析出し結晶化することで、膀胱炎の原因になることがあります。結晶化した状態を放っておくと結石となりさらに重度の症状を引き起こすことがあります。

細菌感染

何らかの原因で細菌が膀胱内に進入し感染を起こすことで、膀胱炎を引き起こします。猫の膀胱炎の原因としては少ないとは言われています。細菌の進入経路は尿道以外にも歯槽膿漏を引き起こす細菌が血中に入り、そこから感染を起こす場合もあると考えられています。また猫自身の免疫力が低下することで、感染を引き起こす場合もあります。

3. 猫の膀胱炎の治療方法、治療費とは?

※写真はアプリ「まいちにのねこのきもち」に投稿いただいたものです。

注射、投薬、補液(点滴)

初期治療として止血剤や消炎剤の内服や注射、また尿量を増やすために補液を行なうことがあります。また細菌感染が原因であれば抗菌剤の内服が処方されたり注射の処置を受けることがあります。                

療法食

療法食のみ処方されて様子をみることもあります。療法食で治療する場合は一時的に食べさせて終わりにすることもあれば生涯それのみを食べ続けなくてはいけない場合もあります。

治療費は?

数千円から数万円までかなりの幅があります。と言うのも、1度の内服や注射や補液等の処置の後、環境を改善することで治まったり、食餌を変更するだけで落ち着くこともあれば、膀胱炎を何度も繰り返し、その都度費用がかかることもあるからです。

また食餌の変更がある場合は、ほとんどが療法食への切り替えになりますので、市販されているフードよりは費用は高くなります。そしてまれではありますが、膀胱に結石ができてしまったり、尿路閉塞を繰り返す場合は手術することもあり、手術費用は数十万円かかります。

4. 膀胱炎を予防するには?

トイレ環境の整備

猫の膀胱炎はトイレ環境が直接影響することが多々あります。トイレの個数は家にいる猫の頭数プラス1つが理想と言われています。また落ち着いて排泄ができるように人通りの少ない場所、猫が落ち着ける場所がいいですね。猫砂もトイレの形状や大きさも猫の好みに合ったものを探し出すと良いでしょう。

ストレスの早期発見、改善

猫の膀胱炎の多くの原因となるストレスは、早く気づいてあげられることが重要です。猫の様子がおかしくなる前に、飼い主さんが環境、状況の変化に敏感になりましょう。普段より愛猫の好みや生活スタイルを把握していれば症状が出てしまった後でも環境の改善にすばやく対応できるはずです。

定期的な尿検査

尿検査は比較的安価ですぐに結果の出る検査です。健康診断のつもりで半年に1度受けるといいでしょう。採尿は自宅で行い、その日のうちに動物病院へ持って行きましょう。採尿が難しいようであれば、動物病院で行なうことも可能です。自宅、動物病院での採尿方法につきましては、直接動物病院に問い合わせましょう。

5.トイレで注意することとは?

費用はかかってしまいますが、いくつかのトイレと猫砂を用意して愛猫の好みを把握しましょう。いまあるトイレでもほとんど使われていないものがあれば、置き場所や砂を変えてみましょう。またトイレを常に清潔に保つことは大切ですが、猫の排泄を見守りすぐに掃除を始めると、それがまたストレスになることもありますので注意しましょう。

この記事は、ねこのきもち相談室の獣医師が執筆しています。

【ねこのきもち相談室とは】

飼い主さんの“愛猫ともっと仲良くなりたい”にこたえる猫のこと総合誌「ねこのきもち」の購読者が利用できるサービスです。
経験豊富な獣医師が愛猫の状況・症状に合わせて的確なアドバイス。愛猫の困りごと、疑問・質問などにお答えしています。
動物病院に行くかどうか迷った時や、愛猫の困ったクセや関係性で悩んだ時、電話一本ですぐに専門家に相談できるサービスは、会員の方からも、信頼を寄せていただいています。
「ねこのきもち」について詳しくはこちら

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る