1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【猫の首輪】つける?つけない?メリットとデメリット、サイズ選びと慣れさせるコツをご紹介

猫と暮らす

UP DATE

【猫の首輪】つける?つけない?メリットとデメリット、サイズ選びと慣れさせるコツをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

完全室内飼いが増えたこともあり、最近では首輪をしていない猫も多いよう。ですが、猫に首輪をつけていると、目印や身元確認にもなるので便利です。慣れていない猫に首輪をつけるには? そんな多くの飼い主さんの疑問にお答えします。

猫に首輪は必要?

メリット

最近では、マイクロチップ装着という身元確認の方法がありますが、マイクロチップを入れていない場合は、いざというときのために首輪が役立ちます。猫が首輪をつけることに慣れていると、そこに愛猫の名前や飼い主さんの名前・連絡先を記入した迷子札をつけておくことができます。そうしておくことで、愛猫の身元を明確にすることができ、脱走などで万が一愛猫が行方不明になった際に、飼い主さんのもとに戻る可能性が高くなります。

デメリット

成猫になって急に首輪をつけようとすると、習慣になっていないので、嫌がる猫が多いでしょう。猫は「いつもと同じ」を好み、身に起こる変化を嫌う傾向があるからです。首輪がついていることで、思うように毛づくろいができず、違和感を覚えて嫌がり、ストレスに感じる猫もいます。
また、首周りの毛や皮膚に摩擦が起こって、抜け毛や皮膚炎を招くことも。複数の首輪を用意してローテーションし、汚れたら洗うなどの対策が必要です。

身元を確認できるため付けるのがベター

猫に首輪をつけることにはデメリットもありますが、迷子防止などの面から首輪はつけておくほうが良いでしょう。デメリットで挙げた点に注意すれば、猫に首輪をつけることで得られるメリットのほうが上回ると言えます。

猫に合った首輪のサイズとつけ方

大きさは人間の指が2~3本入るくらい

猫の首輪は、人の指がやっと2~3本入るくらいを目安に調節するといいでしょう。ちょうど、毛のボリュームを含めてぴったりになるくらいがいいですね。それより締まっていると猫には窮屈に感じられるでしょうし、それより緩いと、猫が取ろうとして引っかかってしまう危険があります。幅は1㎝くらいのものが、気になりにくいようです。

素材や重さに気をつける

猫用の首輪は、さまざまなデザインや素材のものがあります。その中から、はじめは軽くて飾りのついていないシンプルなデザインのものを選びましょう。素材は布がベストです。革素材は、独特のニオイや重さが猫のストレスとなる可能性もあるため、あまりおすすめできません。
小さな鈴がついているものも多いですが、まだ首輪に慣れていない猫にはその鈴の音がストレスのもとになることも。極力シンプルな首輪を用意してあげると、猫も不安がらずにつけることができます。

すぐに外れるつくりのものを

どこかに引っかかると外れるタイプの「猫用」の首輪を選びましょう。木の枝などに首輪が引っかかっても猫の力でも留め具が外れるため、窒息などの怪我や事故の防止になります。伸縮性のある素材のものも、事故につながる危険性は低くなります。

首輪をつけることに慣れさせるには?

猫に首輪をつけてもらうためには、首輪=楽しい(不快でない)と体験させることが肝要です。愛猫の好きなことを利用して、気をそらすようにして首輪をつけていきましょう。

キホンの首輪の慣れさせ方

子猫のうちからつけはじめて慣れさせる


しつけにも通じますが、首輪に慣れさせるのも成猫よりは子猫からのほうがスムーズです。首輪をつけさせると決めたら、早めにスタートしましょう。

リボンなどの軽い素材を巻くところからスタート


首輪の前段階として、布製のリボンなどの軽いものを首に巻くことから始めると、よりスムーズに首輪に慣れさせることが可能です。
<進め方>
1 首輪より軽い感触のリボンなどを用意して、猫がフードを食べようと近づいてくるのを待ちます。
2 フードを与える直前に、猫の首にリボンをつけます。食後、猫が嫌がったらすぐ外します。これを食事の度に繰り返して行います。
3 首にリボンをつけることを猫が気にしないようになったら、今度はリボンを首輪に替えて、フードを与えるときに「つけ、外す」を繰り返して慣れさせていきます。

猫がフードより、遊びやブラッシング、飼い主さんとのスキンシップが好きなら、その好きなことの直前などに同様の方法で試してみてもいいでしょう。

嫌がったらすぐに外してあげて


首輪のトレーニングを進めていく上で、一進一退はつきものです。昨日はおとなしくつけさせてくれたのに今日は嫌がる。そんなときは無理強いせず、すぐに首輪やリボンを外してあげましょう。根気強くトレーニングを進めていくことが大切です。

首輪はつける方がベター。根気強く慣れさせよう

首輪は、子猫のときからつけて習慣にし、自然に慣れさせるのが一番ですが、それができなかった場合でも、身元確認のためにつけておいたほうがベター。脱走しやすい猫や、災害時にも首輪がついていると、離れてしまったとしても愛猫が見つかりやすくなります。成猫からつけるなら、時間をかけて根気よく、無理強いしないように行ってみてください。また、マイクロチップの装着も同時に検討してみましょう。

参考/「ねこのきもち」2008年10月号『やさしく慣らそう! 掃除機 首輪 キャリーケース』(監修:中村太先生)、「ねこのきもち」2010年3月号『猫がうれしいグッズのサイズを調べました!』(監修:高野のり子先生)

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る