1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫に首輪は必要? サイズの目安やつけ方、慣れさせ方まで

猫に首輪は必要? サイズの目安やつけ方、慣れさせ方まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

完全室内飼いが増えたこともあり、最近では首輪をしていない猫も多いよう。ですが、猫に首輪をつけていると、目印や身元確認にもなるので便利です。慣れてない猫に首輪をつけるには? そんな多くの飼い主さんの疑問にお答えします。

猫に首輪は必要なの?

最近では、マイクロチップ装着という身元確認の方法がありますが、マイクロチップを入れていない場合は、いざというときのために首輪が役立ちます。猫が首輪をつけることに慣れていると、そこに愛猫の名前や飼い主さんの名前・連絡先を記入した迷子札をつけておくことができます。そうしておくことで、愛猫の身元を明確にすることができ、脱走などで万が一愛猫が行方不明になった際に、飼い主さんのもとに戻る可能性が高くなります。

慣れていないのに急につけると、ストレスになることも

成猫になって急に首輪をつけようとすると、習慣になっていないので、嫌がる猫が多いでしょう。猫は「いつもと同じ」を好み、身に起こる変化を嫌う傾向があるからです。首輪がついていることで、思うように毛づくろいができず、違和感を覚えて嫌がり、ストレスに感じる猫もいます。

首輪のサイズが合っていないと、事故につながる心配が

とくに怖がりの猫だと、首輪を嫌がり、取ろうとして爪で自らを傷つけてしまったり、
口に首輪が引っかかり大暴れしてパニックになってしまう恐れがあります。必要以上に怖がってしまうと、その記憶が消えずに二度と首輪ができなくなってしまうことも。また、サイズの合わない首輪をしていると、何かの拍子で首輪が引っかかって猫が宙吊りになり、もがいて首が締まってしまう心配もあります。危険な事故を避けるためにも、サイズやタイプ選びは慎重にしたいですね。

猫に合った首輪のサイズとつけ方は?

猫の首輪は、人の指がやっと3本入るくらいを目安に調節するといいでしょう。ちょうど、毛のボリュームを含めてぴったりになるくらいがいいですね。それより締まっていると猫には窮屈に感じられるでしょうし、それより緩いと、猫が取ろうとして口に引っかかってしまう危険があります。幅は1㎝くらいのものが、気になりにくいようです。必ず、どこかに引っかかると外れるタイプの「猫用」の首輪を選びましょう。

首輪をつけることに慣れさせるには?

猫に首輪をつけてもらうためには、首輪=楽しい(不快でない)と体験させることが肝要です。愛猫の好きなことを利用して、気をそらすようにして首輪をつけていきましょう。

キホンの首輪の慣れさせ方

1 首輪より軽い感触のリボンなどを用意して、猫がフードを食べようと近づいてくるのを待ちます。
2 フードを与える直前に、猫の首にリボンをつけます。食後、猫が嫌がったらすぐ外します。これを食事の度に繰り返して行います。
3 首にリボンをつけることを猫が気にしないようになったら、今度はリボンを首輪に替えて、フードを与えるときに「つけ、外す」を繰り返して慣れさせていきます。

猫がフードより、遊びやブラッシング、飼い主さんとのスキンシップが好きなら、その好きなことの直前などに同様の方法で試してみてもいいでしょう。

まとめ

首輪は、子猫のときからつけて習慣にし、自然に慣れさせるのが一番ですが、それができなかった場合でも、身元確認のためにつけておいたほうがベター。脱走しやすい猫や、災害時にも首輪がついていると、離れてしまったとしても愛猫が見つかりやすくなります。成猫からつけるなら、時間をかけて根気よく、無理強いしないように行ってみてください。

出典/「ねこのきもち」2008年10月号『やさしく慣らそう! 掃除機 首輪 キャリーケース』(監修:中村太先生)、「ねこのきもち」2010年3月号『猫がうれしいグッズのサイズを調べました!』(監修:高野のり子先生)

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る