1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 災害対策
  5. 【獣医師監修】猫に首輪をつけるメリット・デメリットは?おすすめアイテムや選び方も

猫と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】猫に首輪をつけるメリット・デメリットは?おすすめアイテムや選び方も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫に首輪をつけるとさまざまなメリットがあります。そこで今回は、猫に首輪をつける必要性やメリット・デメリットについて解説します。猫の首輪の選び方や慣れさせる方法、おすすめの首輪などもご紹介するので参考にしてみてください。

猫に首輪をつけるメリット

かわいい猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

飼い猫であるという目印になる

完全室内飼いの猫でも、脱走する危険性がゼロとはいい切れません。万が一脱走してしまった場合、愛猫に首輪がついていないと、野良猫か飼い猫かという見分けがつきにくくなりますが、首輪をつけていれば「飼い猫」だという目印になるでしょう。

脱走時の迷子札になる

猫が首輪をつけることに慣れていると、そこに飼い主さんの名前や連絡先、愛猫の名前などを記入した迷子札をつけられるため、もしものことがあった場合に、飼い主さんにのもとに戻れる可能性が高くなります。
最近では猫にマイクロチップを装着させて身元確認する方法がありますが、マイクロチップを入れていない猫には首輪が役立つでしょう。

居場所がわかりやすくなる

鈴のついた首輪の場合、愛猫の居場所がわかりやすくなるというメリットも。動いたら鈴が鳴るため、猫がどこにいるのかわからないときはもちろん、ほかの部屋やクローゼットの中に閉じ込められてしまったときなどにも、見つけやすくなります。

猫に首輪をつけるデメリット

リボンの首輪
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ストレスになる場合がある

猫は「いつもと同じ」を好み、身に起こる変化を嫌う傾向があるため、成猫になってから首輪をつけようとすると、嫌がることが多いです。
また、首輪がついていることで思うように毛づくろいできず、ストレスを感じる猫もいます。

皮膚炎を招く場合がある

首輪をつけていると首まわりの毛や皮膚に摩擦が起こり、抜け毛や皮膚炎を招く場合もあります。1つの首輪を長く使い続けると汚れがたまりやすいため、複数の首輪をローテーションし、汚れたら洗うなどの対策が必要です。

事故につながるおそれがある

狭い場所を通ろうとしたときなどに首輪がほかのものに引っかかり、身動きが取れなくなる危険性も考えられます。首が締まってしまうと、最悪の場合呼吸ができなくなることもあるので、できればセーフティバックルがついている首輪を選びましょう。

猫に首輪は必要なの?

ご紹介したように、猫に首輪をつけることにはデメリットがあります。

しかし、デメリットで挙げた点は飼い主さんが注意さえすれば回避できることも多く、首輪をつけることで得られるメリットのほうが大きいといえるでしょう。迷子防止などの面からも、猫に首輪をつけることをおすすめします。

猫の首輪の選び方や理想のサイズは?

サイズは人の指2~3本が入るくらい

猫の首輪は、人の指が2~3本入るくらいのサイズを目安に調節するといいでしょう。毛のボリュームを含めると、ぴったりのサイズになるのがベストです。
それよりきついと猫が窮屈に感じやすく、それよりゆるいと猫が取ろうとした際に引っかかる危険があります。幅は1cm程度のものが気になりにくいようです。

素材や重さに気をつける

まだ首輪に慣れていない猫だと、鈴の音がストレスになることもあるので、はじめは軽くて飾りのついていないシンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。
素材は布がベストです。革素材は独特のニオイや重さが猫のストレスとなる可能性もあるため、あまりおすすめできません。

すぐに外れるつくりのものを

窒息などの事故防止のためにも、セーフティバックルがついていて、何かに引っかかると外れるタイプの首輪を選ぶのがおすすめです。
また、伸縮性のある素材の首輪も、事故につながる危険性が低くなるでしょう。

愛猫を首輪に慣れさせるには?

猫を首輪に慣れさせるには、「首輪=楽しいもの(不快でないもの)」と思わせることがポイントです。愛猫の好きなことを利用して、気をそらすようにして首輪をつけていきましょう。

子猫のうちからつけ始める

ほかのトレーニングなどにも通じますが、成猫になってから首輪に慣れさせるよりも、子猫のときから慣らしておくほうがスムーズです。愛猫に首輪をつけると決めたら、早めのタイミングで慣れさせるようにしましょう。

リボンなどの軽い素材を巻くことからスタート

よりスムーズに首輪に慣れさせるには、首輪の前段階として、布製のリボンなどの軽いものを首に巻くことから始めてみましょう。

リボンを使った慣れさせ方

  1. 猫に食事を与えるとき、首輪より軽いリボンなどを用意して、猫がフードを食べようと近づいてくるのを待ちます。
  2. フードを与える直前に、猫の首にリボンをつけます。猫が嫌がったら食後にすぐ外しましょう。これを食事のたびに繰り返し行います。/li>
  3. リボンをつけることを猫が気にしなくなったら、今度はリボンを首輪に替えて、フードを与えるときに「つける→外す」を繰り返して慣れさせます。

フードよりも遊びやブラッシング、飼い主さんとのスキンシップが好きな猫の場合は、好きなことをする直前に上記の方法を試すのもいいでしょう。

嫌がったらすぐに外すことも大切

首輪の練習を進めていくうえで、猫の慣れ具合が一進一退するのはつきものです。「昨日はおとなしくつけさせてくれたのに今日は嫌がる」といったときは無理強いせず、すぐに首輪やリボンを外しましょう。根気強くトレーニングを進めていくことが大切です。

おすすめの猫用首輪3選

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

今人気の猫用首輪をご紹介します。つけ心地のよさや安全性などのポイントを押さえた首輪をピックアップするので、ぜひ参考にしてください。

猫のあらゆる動きにフィットするストレッチ素材を使用し、つけ心地にこだわった首輪です。強い力がかかると外れるセーフティバックルつきで、首まわりもちょうどいいサイズに調節できます。
重さは約5gと非常に軽量かつおしゃれなデザインが◎。かわいらしい魚の鈴がアクセントにもなるでしょう。

猫壱「猫用首輪 ちりめん手毬」

猫用のさまざまな商品を扱う『猫壱』が販売する、落ち着いた和柄がおしゃれな首輪です。
シルクに似たなめらかな手触りが特徴の「国産ちりめんレーヨン」を使用し、首や被毛に負担がかかりにくく、サイズ調節可能なところもうれしいポイント。
留め具にはセーフティバックルを採用し、一定の負荷がかかると外れるようになっています。

TOPWAN「迷子札刺繍首輪」

犬・猫用グッズを販売する『TOPWAN』の、名前や電話番号などの刺繍をオーダーできる首輪です。首輪と刺繍のカラーは選べるので、世界に1つだけの首輪が作ることができますよ。
ナイロン素材なので汚れたら水洗いでき、乾きやすいのもポイント。セーフティバックルつきの首輪にも変更可能です。

首輪はつけるのがベター。根気強く慣れさせよう

丸い目の猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

首輪は子猫のときからつけておき、自然に慣れさせるのが一番ですが、成猫になってからでも、身元確認のために首輪に慣れてもらうようにしましょう。
首輪をつけることが難しい場合は、マイクロチップの装着も検討してみるのもひとつの手です。

参考/
「ねこのきもち」2008年10月号『やさしく慣らそう! 掃除機 首輪 キャリーケース』(監修:中村太先生)
「ねこのきもち」2010年3月号『猫がうれしいグッズのサイズを調べました!』(監修:高野のり子先生)
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/松本マユ
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る