1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫が「爪とぎ」する理由&しつけ対策!防止グッズも厳選

猫が「爪とぎ」する理由&しつけ対策!防止グッズも厳選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「爪とぎ」は多くの猫がする行為の一つですが、その理由や習性については、私たち人間にはいまいちよく理解できないもの。なぜ猫は爪とぎをするのか?猫がどのような気持ちで爪とぎをしているのかをひも解きつつ、壁やふすまなどへのトラブル防止対策や、専用アイテムで爪とぎをしてもらうよう、正しいしつけの方法を探っていきましょう。

猫が「爪とぎ」する理由と習性

一番の理由は爪の手入れをするためです。猫には狩猟本能が備わっているので、獲物を効率よく捕まえるには、鋭い爪が最大の武器になります。特に前足の爪は狩りをするうえで重要なパーツで、常に鋭くしておく必要があるのです。ガリガリと爪とぎをすることで、表面の古くなった爪が剥がれ落ち、鋭く新しい爪になります。家猫でもこの本能は消えることがないので、程度の差はあるものの爪とぎは止めることができない行為と言えます。

また、引っ掻いてキズを付けると同時に自分の匂いを残すことで、マーキングと同様の役割も果たしています。このマーキングも猫の本能に根ざしており、爪で引っ掻く時に肉球から独特の匂い成分を出します。「ここは自分のテリトリーだ」という自己主張をするための大切な動機があるのです。

そのほか、ストレス発散甘えたい気持ちといった心理的な原因でも、猫は爪とぎをします。一日の大半を家の中で過ごしている猫の場合は、広い屋外で遊ぶことができないことによるストレスを感じたり、与えられた餌が気に入らなかった場合でもストレスを感じたりすることがあります。このようにストレスを感じているときにも、猫は爪をとぐことでイライラした気持ちを発散させているのです。

猫が爪とぎとして好むものは麻縄。カーペットや段ボールもほどよい引っかかりがあるのでお気に入りです。床に置いてあるより、壁に立てかけるなど高さがあるもので爪をとぐ習性があります。

狙われやすい家具・インテリア

部屋の壁、ふすまや障子、柱などが一番狙われやすい箇所です。前足の爪とぎを重視する猫は、後ろ足で立った姿勢で爪とぎをします。寄り掛かれる適度な硬さと爪で引っ掻いた時の手応えが抜群ですので、気付いたら爪とぎの餌食に…なんていうこともあります。
ソファやラグマット、カーテンなどの家具類も、猫の爪とぎアイテムになる傾向が強いです。大切なインテリアや家具にキズを付けられては困りますから、狙われやすい場所には先回りしてトラブル対策をしておきましょう

爪とぎのしつけとトラブル防止対策

猫と人間が共に気持ちよく過ごすためにも、爪とぎのしつけはとても大切です。猫が爪とぎをしそうになったら専用アイテムを与えて爪とぎをしても大丈夫な場所を、根気強く教える必要があります。

しつけのコツ

生後2カ月くらいから猫は爪とぎを始めますので、早めにしつけをスタートしましょう。
壁やソファなどの爪とぎをしてはいけない箇所で爪をとごうとしたら、専用の爪とぎグッズを差し出して「爪とぎはここでするんだよ」と、猫の前足をグッズに乗せてあげます。猫の前足を押さえて爪を出し、引っ掻く動作を手取り足取り教えてあげると効果的です 。爪がグッズに引っかかる感覚を猫に体験させることで、「ここが爪とぎをするところなんだ」と理解できるようになります。用意した爪とぎグッズで爪とぎをしたら、おやつをあげると効果的。
たとえ家具や壁などで爪とぎをされても、怒ることは厳禁です。爪とぎをすることは猫の正常な行動なので、やめさせることはできません。それを理解した上で、猫にとって快適な爪とぎ場を用意しましょう。

爪とぎ用アイテムの素材としておすすめなのが、麻縄やダンボールです。猫にとって引っ掻いた時に手応えを感じやすいため、市販の爪とぎグッズにも同様の素材が多く使われています。狙われやすい壁やふすま、柱などにはダンボールを貼ったり麻縄を巻き付けたりすることで、引っ掻きキズから部屋と家具を守ることが可能です。

壁やふすまなどの対策

猫の爪とぎのしつけは早く始められるのが理想的ですが、すでに爪とぎが始まってしまい、家じゅうキズだらけというケースも少なくないでしょう。そのようなケースの対策法は、すでに爪とぎクセが付いている箇所に専用グッズを設置することです。壁や柱などには壁掛けタイプのグッズを、ソファやラグマットなどには据え置きタイプやボックスタイプと、場所に合わせてグッズの形を変えてみてください。

その他の対策として、猫の嫌がる柑橘系などの匂いを爪とぎクセの場所に付けるという方法があります。スプレー式の猫よけグッズが販売されていますので、爪とぎしてほしくない場所にスプレーすることで猫が近寄らなくなる効果が期待できます。しかし、猫の嫌がる匂いが家の中にあることは、猫にとってはストレスになります。
猫よけグッズは最終手段、なるべく頼らずに爪とぎグッズで爪をといでくれるようにしつけましょう。

編集部おすすめ爪とぎ&トラブル防止対策おすすめグッズ

爪とぎは猫にとって本能的なもののため、無理やり止めさせることは不可能です。どうせガリガリしてしまうのなら、猫が気に入る爪とぎグッズを用意してあげるのが賢い選択と言えます。猫が気に入ってくれる素材や形を取り入れた、おすすめ爪とぎグッズやトラブル防止対策グッズをご紹介します。

麻縄ポールのキャットタワー

麻縄がぐるぐると巻きつけられたポールに、段差の付いたスペースが作られているキャットタワー。手応えを感じられる麻縄で爪とぎをしながら、タワーを上り降りすることで適度な運動になります。猫はザラザラした素材のもので爪とぎするのが大好き。麻縄のザラザラな質感は爪とぎタイムをリラックスできるものにしてくれます。
家の中で過ごすことが多い猫には、タワーを上ったり降りたりすることで運動不足からくるストレスも解消できるのが魅力です

>麻縄ポールのキャットタワーを探す
麻縄ポール キャットタワー

爪とぎダンボール

爪とぎ専用のダンボールは、ミルフィーユのようにダンボールを何層にも重ねて作られています。爪への引っ掛かりは抜群で、猫も大満足でガリガリできること請け合いです。爪とぎの頻度が高い猫や、ちょっとやんちゃな性格の猫にダンボールの爪とぎはおすすめです。

>爪とぎ段ボールを探す
爪とぎ段ボール

壁・ふすま用ひっかき防止シート

>ひっかき防止シートを探す
猫 ひっかき防止シート

こちらは、爪とぎをしてほしくない箇所に貼る防止シートです。ツルツルした素材のため、これを貼った箇所で猫は爪とぎができません。

爪とぎに関して、猫はツルツル素材には目もくれません。あくまでもザラザラ素材であることが猫にとっては重要なのです。そのため、防止シートは絶対にキズを付けられたくない箇所に貼っておけば、猫を寄せ付けないという効果が期待できます。すでに爪とぎが始まってしまった壁やふすまなどの対策としても効き目があります。

実は簡単!DIYで爪とぎを手作りする方法

市販の爪とぎグッズも優秀ですが、実は簡単に自作することもできます。猫の好みや引っ掻きクセに合わせて、柱や壁に手作りの爪とぎを取り付けてみましょう。これからご紹介する方法は、柱やテーブルの足に使えるタイプです。制作時間はテーブルの足1本でたった15分です。

用意するもの

  • 麻ひも(6mmの太さがちょうどいいです)
  • 押入れシート
  • 木工用ボンド
  • セロハンテープ
  • ハサミ
  • 固定用テープ(マスキングテープなど)

作り方

  • ① 押入れシートを適当な大きさに切って巻き付けます
  • ② 開始2~3周にはたっぷり木工用ボンドを塗ります
  • ③ 結んで巻き付けを開始、3周ほど巻き付けます

  • ④ ボンドが乾くまで、はがれないようにマスキングテープやガムテープなどで固定します
  • ⑤ きつく、かたく巻き付けてゆきます
  • ⑥ 終了2~3周にもたっぷり木工用ボンドを塗って巻き付けます
  • ⑦ ボンドを塗った部分に、開始部と同じようにテープで固定します
一晩乾かして、固定したテープを外せば完成です。

猫にとって爪とぎは、とても大切で重要な意味を持つ行為です。猫の気持ちを正しく理解して、しつけを行うことで家がボロボロになるのを防ぐことができます。また、猫が爪とぎで好む場所や質感がわかれば、どこにどのようなグッズを設置すればよいのかも、おのずとわかってきます。グッズをうまく活用しながら、猫が思い切り爪とぎできる環境を作ってあげましょう。



【監修】八木田智洋(獣医師・かんもん動物病院)
麻布大学 卒業(獣医放射線学研究室在室) 
「親切」、「丁寧」、でインフォームドコンセント(説明と同意)を重視し、より質の高い医療を提供。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る