1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 「ケージは不必要」な猫飼いさんが多すぎ!その考えは勘違いかも…

「ケージは不必要」な猫飼いさんが多すぎ!その考えは勘違いかも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
見つめる猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

猫飼いさんは、お部屋に愛猫のための「ケージ」を置いていますか? 

ねこのきもち編集室が527名の飼い主さんにアンケート調査をしたところ、ケージを置いている飼い主さんは約4割にとどまると明らかに!

円グラフ

飼い始めのころは、ケージを置くご家庭も多いと思いますが、なぜ使わなくなってしまったのでしょう?

記事の後半でも説明しますが……ケージは不必要との考えは、勘違いなのです!

ケージを置かなくなってしまった飼い主さんの理由

見上げる猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

では、アンケートで得られた「ケージを置かなくなったワケ」を紹介していきます。「うちも同じ」という人もいるのではないでしょうか?

・「必要性を感じないから」

・「愛猫がケージでくつろいだりしなくなったため」

・「大きくなって怪我の心配が減ったので」

・「家に慣らせるため。また、ケージという狭い空間に入れるのはかわいそう! 家族だから」

・「自由にさせたいから」

・「子猫から成猫になり、イタズラしなくなったから」

・「引っ越しの際に荷物になるのでやめました」

・「生後2カ月齢で迎えたのですが、その日一晩だけ、おトイレのしつけに使用しただけです。なんの問題もなさそうでしたので、翌日には片付けて、毎晩一緒のお布団で寝ています」

・「子猫のときは1週間くらいケージを置いてました。それは、先住猫に慣れてもらうため。完全室内飼いなので、家の中くらいはせめて自由にしてあげたいのでケージは置きません」

このように、ケージに入れておくのはかわいそう、全然入らなくなってしまったから……という飼い主さんが多いようでした。

ケージは災害時などでのストレスを軽減する効果が!

ケージの中の猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

「うちのコにはケージは必要ない」と考える人がたくさんいるようですが、その考えは勘違いかも! ケージは、もしものときに愛猫のことを守ってくれるのです。

たとえば……

・愛猫がケガや病気をして安静にしていたいとき
・被災して被災所で生活をさせることになったとき


など。

猫は四方を囲まれた狭い空間が好きなので、上記のような場合でも、ケージは猫にとって「落ち着ける場所」となるのです。

日頃からケージに慣れさせないと、いざというとき猫にはストレスに!

眠る猫
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

ケージに慣れておらず、いきなり入れると猫は強いストレスを感じます。

ケージが必要な「もしものとき」に猫がストレスを感じにくいように、ふだんから慣らしておきましょう。

では、どうやったら猫はケージに慣れてくれるのでしょうか? そのくわしい解説は、こちらの記事を要チェック!

>>猫をケージに慣らす~猫に慣らすこと(4)
>>https://cat.benesse.ne.jp/withcat/content/?id=11555



この記事では、猫がケージに慣れるための「3ステップ」が書かれています。ぜひ、飼い主さんは試してみてくださいね♪


出典/ねこのきもちWEB MAGAZINE「猫をケージに慣らす~猫に慣らすこと(4)」

『ねこのきもちアンケート vol.18』
文/Honoka
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る