1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【獣医師が解説】愛猫が涙を流してる?それって病気のサインかも

【獣医師が解説】愛猫が涙を流してる?それって病気のサインかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の涙は少量なら正常な代謝活動といえますが、大量に出ていたり鼻水や食欲の低下などを伴っていたりした場合は病気かもしれません。いつもと違う体の異変が現れたら、早めに獣医師に相談しましょう。そんな猫の涙と病気との関係性についてご紹介します。

猫が涙を流すのは感情の現れ?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

悲しいことや嬉しいことに直面すると、人は涙を流して感情を表します。それと同様に、猫の涙は感情によって流されるのでしょうか?結論からいうと、猫は感情の起伏で涙を流すことは無いようです。しかし、愛猫の顔を見ると涙で濡れていることはありませんか?その涙はもしかすると、病気のサインかもしれません。

涙が出るシチュエーション

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

いきなり「病気かも…」といわれても、どうしていいか分かりませんよね。まずは、猫の涙が見られるシチュエーションを覚えておきましょう。

ご飯を食べているときの涙

猫が涙を流しながらご飯を食べているときは、細かいゴミが目に入ったからかもしれません。猫のエサ皿は地面に近いところに置かれるため、床にあるチリやゴミが目に入りやすいのです。また、ご飯を食べているときは鼻涙管が詰まりやすくなるため、涙が出やすくなります。

あくびで涙

猫も人と同じように「あくび」をすると涙が出ます。猫の涙には「目の潤いを保つ分泌する」ためのものと「刺激に反応」して出るものがあります。猫があくびをするときは顔の筋肉が大きく動きくため、涙腺が刺激され涙が出やすくなります。

この2つの涙は、普段の生活で見られる涙です。こういった日常の涙なら心配はいりませんが、そうでない場合は次項で取り上げる病気の可能性があります。気になったら、早めに獣医師に相談しましょう。

猫の涙から疑われる病気:感染症などが原因の場合

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「結膜炎」

「結膜炎」は、ウイルスや異物の刺激、ひっかき傷などが原因となって結膜に炎症が起きる病気。まぶたの裏側の粘膜「結膜」が赤く腫れて、目ヤニや涙量の増加などの症状が現れます。治療は炎症を抑える点眼や二次感染に対する抗生剤の点眼など、結膜に対する「局所治療」が主体になります。

症状の強さや経過によっては、飲み薬などを併用する場合も。炎症によるかゆみや違和感から目をかくとさらに悪化することもあるので、猫が目を気にする場合にはエリザベスカラーなどを使用して目を保護します。

「猫ウイルス性鼻気管炎」

「猫ウイルス性鼻気管炎」に罹患すると、元気・食欲がなくなり、発熱・鼻水・くしゃみ・結膜炎による涙眼などの症状がでます。「猫ヘルペスウイルス」をもっている猫との直接接触や、くしゃみや咳などで浴びる唾液などの飛沫で感染します。冬場の乾燥した季節に感染が多いのですが、ワクチン接種で予防できます。このウイルスは一度感染してしまうと、免疫ができて症状がなくなっても、ウイルスは神経細胞の奥に隠れています。そして時間が経って猫がストレスを受けたり、猫の免疫力が下がったりすると再発することもあります。

一般的には、飼育環境や臨床症状などから判断して治療に移ります。もしくはウイルス抗原、ウイルス核酸、ウイルス抗体を検出する血清学的診断法があります。ウイルスに対する治療と並行して、二次感染による症状の悪化を予防するため、抗生剤を併用し治療にあたります。

「猫カゼ」

「猫カゼ」とは主に、猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウイルス感染症)と猫カリシウイルス感染症を指しています。くしゃみや鼻水、涙、目やになど目に症状が出やすく、症状が進むと発熱や目の充血・腫れなどが起こります。ウイルスが鼻やのどから感染して炎症を起こすことや、症状が人のカゼと似ていることから「ただのカゼ」と思われがちですが、ウイルス自体が人のカゼと違うため、猫カゼを簡単に考えることをせずに獣医師の診察を受けましょう。

猫カゼに効く特効薬は無いので、基本的には猫自身の免疫力によって治癒していきます。動物病院では点眼・点鼻薬、飲み薬や点滴などにより、感染拡大や二次感染を防ぐ治療を行います。

猫の涙から疑われる病気:外傷などが原因の場合

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「流涙症」

「流涙症」は、鼻が短い「ヒマラヤン」や「ペルシャ」、「エキゾチックショートヘア」などの鼻ぺちゃな外見の短頭種などに発症しやすい病気です。涙量や目やにが増加し、涙やけや鼻の横に湿疹ができることも。涙があふれ顔に流れ出てしまい、目頭から鼻の脇にかけて被毛が汚れたり変色したりします。角膜炎や結膜炎が原因で発症することもあるので、短頭種以外の猫も注意が必要です。

発症理由はさまざまなので治療方法はその原因によって変わってきますが、角膜炎や結膜炎がある場合は抗生剤や抗炎症剤を使います。

「眼瞼内反症」

「眼瞼内反症」は、「流涙症」と同じく鼻が短い「ヒマラヤン」や「ペルシャ」、「エキゾチックショートヘア」などの短頭種や、老齢猫に時折みられる病気です。まぶたの一部が内側に折り返された状態になり、毛の生えた皮膚が目の表面を刺激するので、涙や目ヤニが出やすくなります。また、眼の表面が常に刺激されるため、角膜炎や結膜炎になりやすくなります。涙や目やにの量が増え、光を眩しそうにすることもあります。

内反したまぶたの皮膚や毛の刺激が原因の場合は、主に点眼薬などを使用する内科的な対症治療を行います。まぶたの長さが長すぎるなど、まぶたの形態そのものが内反の原因になっている場合には、外科手術で内反を矯正する治療が必要になる場合があるので、まずは獣医師の診断を仰ぎましょう。

「ブドウ膜炎」

「ブドウ膜炎」は、ひっかき傷などの外傷や、猫エイズに猫伝染性腹膜炎、トキソプラズマ症といった病気が原因となり、目にある虹彩や毛様体、脈絡膜などに炎症が起こる病気です。猫伝染性腹膜炎の場合は重症になることが多いので、早期の治療が必要になります。症状としては、涙や目やにの量が増え、結膜炎の症状などが見られることがあります。ときに角膜の裏側が濁ったように見る「前房出血」が認められることもあります。

白目の充血・瞳孔の縮小・眼圧の低下・スリット検査などから診断し、発症のきっかけとなる原疾患を治療します。並行して、目そのものの炎症や細菌感染などに対する対症治療も行います。

ウイルスやアレルギーをブロック!予防法を紹介

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

昨今では、人と同様に猫も花粉症になることが分かってきました。愛猫が春先に辛そうにしていたら、それは花粉症かもしれません。しかし猫の花粉症は診断が難しく、なかなか確定診断に至りません。ならば、事前にアレルギーのもとになる花粉や、感染症を引き起こすウイルスをあらかじめブロックしておきましょう。

・家に入る前に服に付いた汚れや花粉を落とす
・空気清浄機・加湿器を設置する
・洗濯物は部屋干しする
・床を水拭きする

床に落ちた花粉が猫の毛に付くと、毛づくろいの最中に花粉が体内に取り込まれてしまいます。花粉やウイルスを除去するため、掃除はこまめに行いましょう。

猫が涙を流す原因はさまざまですが、もしかしたら病気のサインかもしれません。異常を感じたら、早めに獣医師に相談しましょう。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(目)」

出典元/『ねこのきもち』2017年12月号「猫カゼは人のカゼと違うんです」(監修:弓削田直子先生)
    『ねこのきもち』2017年3月号「粘膜に症状が現れる病気」(監修:重本仁先生)
    『ねこのきもち』WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(目)」
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る