1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 抱っこの仕方
  5. 獣医師監修|猫を「抱っこ好き」にするには? 猫が抱っこを嫌がる理由も解説

猫と暮らす

UP DATE

獣医師監修|猫を「抱っこ好き」にするには? 猫が抱っこを嫌がる理由も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫が抱っこ嫌いでお悩みの飼い主さんもいるでしょう。そこで今回は、猫が抱っこを嫌がる理由や、猫を抱っこ好きにさせる方法をご紹介します。野良猫だった場合や抱っこで噛まれる場合など、猫の抱っこにまつわるQ&Aもご紹介するので、あわせて参考にしてみてくださいね。

この記事の監修

佐藤 貴紀 先生

 獣医師
 目黒アニマルメディカルセンター 東京ベイ動物病院顧問
 株式会社FORPETS 代表取締役、JVCC動物病院グループ 代表取締役を経て、株式会社WOLVES Hand 取締役

 麻布大学獣医学部卒業
 西荻動物病院副院長
 日本獣医生命科学大学獣医内科学教室研修生
 dogdays東京ミッドタウンクリニック副院長
 株式会社FORPETS設立

●資格:獣医師/獣医循環器認定医

●所属:日本獣医循環器学会

●主な診療科目:循環器科

●書籍:『いぬのココロがわかる本』ぶんか社文庫/『お仕事熱血ストーリー 感動する仕事!泣ける仕事!第2期』学研/『教えて!獣医さん 犬の悩みなんでも相談室』学研プラス/『猫の急病対応マニュアル』鉄人社『動物たちのお医者さん』小学館ジュニア文庫『犬の急病対応マニュアル』鉄人社

●SNS:公式Facebook公式ブログ公式TwitterYOUTUBE『名医のいる相談室』

続きを読む

猫が抱っこを嫌がる8つの理由とは?

スコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫が抱っこを嫌がる理由は主に以下のとおりです。愛猫に当てはまるものがあるかチェックしてみましょう。

(1)自由でクールな性格だから

抱っこが苦手というよりは、自由を奪われることが好きではない猫もいます。この場合、少しだけ抱っこできても、すぐにいなくなることが多いでしょう。

(2)怖がりな性格だから

人に慣れていなかったり、迎え入れたばかりで飼い主さんに慣れていなかったりすると、抱っこを嫌がることがあります。無理に抱っこをすると、抱っこ嫌いになるおそれも。

(3)抱っこに苦手意識がある

動物病院で治療を行う際に、抱っこをされた状態で痛い経験をしたなど、抱っこにまつわるトラウマを抱えているケースも。この場合、抱っこ自体を怖がる傾向があります。

(4)飼い主さんの抱っこの仕方が苦手

飼い主さんの抱っこの仕方が不安定だと、抱っこをさせてくれないことがあります。この場合、正しい抱っこの仕方を学ぶことで、克服できるケースもあるでしょう。

(5)落ち着かない環境にいる

神経質な猫は、うるさい場所やほかの動物・人が来るような環境だと、抱っこをさせてくれないことがあります。ほかの動物や人が来ない落ち着いた場所でトライしてみると、成功するかもしれません。

(6)抱っこのタイミング・気分ではない

何か遊びに夢中だったり、安心して眠っていたり、邪魔されたくないと思っているときなどに抱っこしようとしても逃げられてしまいます。飼い主さんに甘えたそうにしているタイミングを狙うと、抱っこできることも。

(7)飼い主さんから苦手なニオイがする

柑橘系など、猫は苦手とするニオイがあります。飼い主さんの使っている香水やボディーソープ、ハンドクリームなどのニオイが苦手の場合は、逃げてしまうでしょう。

(8)痛みや病気を抱えている

どこかケガをしていたり、痛い部分があったり、内臓疾患があったりすると、猫は抱っこを嫌がります。痛みが原因で嫌がっているので、急に抱っこできなくなった場合は注意しましょう。

猫を「抱っこ好き」にさせる方法

ミケ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫を抱っこ好きにさせるためには、以下のような方法を取り入れてみるとよいでしょう。

ステップ1:コミュニケーションを見直す

たとえば、よく話しかけたり、そのコの気持ちよい場所をなでてあげたりするなど、愛猫の近くにいてあげるだけでも、コミュニケーションは強化されます。

また、オモチャなどで誘導し、ひざの上に乗せることから始めるのもよい方法です。臆病な性格の猫の場合は、そばで静かに落ち着いて過ごし、「私は怖くないよ」と教えてあげましょう。

そして、猫が甘えやすい状況をつくり、ひたすら待つことが大事です。決してすぐに抱っこをしようとしてはいけません。猫から甘えてきて、今なら大丈夫かな?と思えるタイミングを見極めましょう。

猫が抱っこしてほしいタイミングとは

甘えたいとき

「飼い主さんに甘えたい」という心理がはたらいているとき、猫は抱っこをせがんできます。上の動画のコのように、何度も足にからまってきたり、何度も膝の上にのってきたりした場合は、甘えたい気持ち、つまり抱っこをしてほしいタイミングといえるでしょう。

暖を取って温まりたいとき

寒い季節、猫はより暖かいところへと移動したがります。飼い主さんの腕の中は、暖を取れて安心感も得られる、まさにベストポジションです。

また、飼い主さんがお風呂上がりのときにすり寄ってくるという様子も見られますが、これもお風呂上がりの飼い主さんの体温で、自分も温まりたいという心理からくる行動です。もしお風呂上がりに猫が体をこすりつけてきたら、抱っこをしてほしいタイミングといえるでしょう。

ステップ2:猫が落ち着く抱っこの仕方を覚える

よくありがちなのが、猫を仰向けにして、お腹を見せるような姿勢での抱っこ。それだと「拘束された」と思ってしまう猫も多く、猫自身の自由が効かないことに不満を感じて逃げられてしまいます。

猫が嫌がりにくい正しい抱っこの仕方は、以下の記事で画像つきで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ステップ3:「抱っこ=いいことがある」と思わせる

抱っこされることが猫にとって「うれしい」や「気持ちいい」といったポジティブな感情に直結するように習慣づけると、抱っこに対する好感度が上がります。

たとえば、猫が自分では届きにくい耳の後ろや顎下を軽くかくようになでてあげたり、抱っこする際に猫の大好きな布をひざに置いてあげたり、少量の好物のおやつをあげたりするのがおすすめ。このような方法を繰り返して、「抱っこ=いいことがある」と覚えさせましょう。

そして、少しでも抱っこができたら、猫が逃げてしまっても「ありがとう」といって自由にしてあげてください。無理強いせずに根気よく続けることが大切です。

猫の抱っこにまつわるQ&A

ミックス
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ねこのきもちWEB MAGAZINEには、以下のような抱っこにまつわるお悩み・疑問がよせられていますので、あわせて参考にしてみてください。

Q 抱っこをしているときに噛みます

Q 野良猫を保護しましたが抱っこができません

Q 上手に抱っこができません

焦らずじっくり時間をかけることが重要

ミケ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

抱っこが苦手な猫も十分愛らしいですが、抱っこを好きになってくれれば、さらに絆も深まるでしょう。猫を抱っこ好きにさせるために重要なのは、時間をかけてコミュニケーションをとることです。

抱っこがうまくいかずに逃げられたときは、すぐに抱っこしたり、怒ったりしてはいけません。焦らずじっくりと時間をかけて、深追いせずに猫のペースに合わせてコミュニケーションを続けながら、じっくり待つようにしましょう。

参考/「ねこのきもち」2017年11月号『読者の愛猫781匹から見えてきた!毛色×性格 相関データFile』
監修/佐藤貴紀先生(目黒アニマルメディカルセンター東京ベイ動物病院顧問)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る