1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 食事・水
  5. 【獣医師監修】成猫への食事の与え方 栄養&体重管理のポイント

猫と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】成猫への食事の与え方 栄養&体重管理のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は、成長が止まって大人になる1才からシニアの入り口と言われる7才までが「成猫期」、加齢に伴う変化が現れてくる7~8才以降が「シニア期(高齢期)」といわれています。成猫期・シニア期に健康で過ごすための、食事の選び方・与え方について解説します。

この記事の監修

長谷川 諒 先生

 獣医師・潜水士
 Ani-vet代表
 往診専門 レイクタウンねこ診療所院長
 きたじま動物病院所属獣医師
 ヤマザキ動物専門学校非常勤講師(薬理学)

 北里大学獣医学部獣医学科卒業
 北里大学獣医生化学研究室研究生在籍 研究テーマ「伴侶動物の鉄代謝」

●所属:国際猫医学会日本猫医学会日本獣医学会

●主な診療科目:内科(猫)/一般診療(外科、内科)/予防医療

続きを読む

成猫期の健康管理のポイント

成猫期(成熟期・維持期)とは、成長が止まってから平均寿命のおよそ半分までの期間で、猫では1才〜7才くらいとされています。この期間は変化が少ないように思えますが、この時期の栄養管理が悪いと健康に影響を及ぼすばかりか、加齢を早めることになります。

とくに避妊・去勢をするとそれまでより必要なエネルギー量が減るため、肥満の予防はこの時期の重要ポイントです。定期的な体重測定をし、体重が増えてきたら獣医師に相談しましょう。食事の量や内容のコントロールのほか、上下運動ができる場所を確保するなどして、適度な運動をさせることも大切です。
成猫期の健康管理が適切だと、愛猫が高齢になっても元気に過ごせるでしょう。

成猫期にかかりやすい病気と食事の関係

愛猫の健康のために、かかりやすい病気と栄養素の関係を知っておきましょう。
乾燥地帯での生活をルーツにもつ猫は水をあまり飲みたがりません。それゆえに、膀胱炎などの下部尿路疾患のリスクが高いので、水をいつでも飲めるようにすることが大切です。とくにこの時期に多いストルバルト尿石症を避けるには、リンとマグネシウムの量の適度な制限も必要です。

猫の死因として多い慢性腎臓病が進行していた場合、リンやタンパク質の過剰摂取が症状を悪化させることがあります。自己流の手作り食や偏った肉食を続けることは避けて、栄養素がコントロールされた総合栄養食を与えるようにしましょう。
健康寿命には歯も大切ですから、歯石の沈着に留意したフード選びも重要です。

シニア期の栄養管理のポイント

加齢に伴う変化が外見や体の機能に現れてくる時期を、シニア期(高齢期)と呼びます。猫では一般的に7~8才以降を指しますが、個体差も大きいものです。

寿命は年々延びていますが、高齢期は病気になりやすい時期です。
高齢期の栄養管理で大切なのは、加齢を遅らせて、高齢になるとかかりやすくなる病気を遠ざけることです。もし病気になった場合には、病気の進行を最小限にとどめるために、病気の特徴に沿った栄養管理が必要になります。

安全で快適な室内飼いが当たり前になってきて、20才以上まで生きる猫も珍しくなりました。栄養面からも飼い主さんがしっかりバックアップしてあげましょう。

シニア期のフードの選び方

高齢期の猫はじっとしている時間や寝ている時間が増え、活動的ではなくなります。筋肉量が減少し、基礎代謝も低下してきます。このため、1日の必要摂取カロリーは成猫期に比べて減少します。これまでと同じフードを同じだけ与えていては栄養が偏りやすいので、シニア用に成分が調整された高齢期用のフードへの切り替えが必要です。

さらに年をとると、食べる量が減ったり消化吸収能力が衰えてきたりすることがあります。その場合には、カロリーが高く、消化によいフードのほうが合う場合もあります。愛猫の体の状態に応じて、獣医師の判断も仰ぎながらフード選びをしましょう。

成猫期・高齢期に気をつけたい、フード・水の与え方について解説しました。愛猫に健康で長生きしてもらうためにも、正しく栄養管理・体重管理を行いましょう。

監修/長谷川諒先生(きたじま動物病院)
文/ねこのきもちWeb編集室
参考&画像・イラスト出典/「ねこのきもち」本誌、ムックより

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る