1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 【獣医師監修】子猫への食事・水の与え方 子猫に必要な栄養とフードは?

猫と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】子猫への食事・水の与え方 子猫に必要な栄養とフードは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は生まれてからたった1年で成猫になるため、子猫から1才になるまでの期間に著しく成長します。そのため、食事で必要な栄養をとれるようにすることが大切です。離乳したあとの子猫にフードを与えるうえで、大事なポイントを確認しておきましょう。

この記事の監修

長谷川 諒 先生

 獣医師・潜水士
 Ani-vet代表
 往診専門 レイクタウンねこ診療所院長

きたじま動物病院所属獣医師

シュシュキャットクリニック所属獣医師
 ヤマザキ動物専門学校非常勤講師(薬理学)

 北里大学獣医学部獣医学科卒業
 北里大学獣医生化学研究室研究生在籍 研究テーマ「伴侶動物の鉄代謝」

●所属:国際猫医学会日本猫医学会日本獣医学会

●主な診療科目:内科(猫)/一般診療(外科、内科)/予防医療

続きを読む

生後半年までの子猫へのフードの与え方

猫は、生後約4カ月までに成猫の体重の50%まで急激に成長し、その後10カ月〜12カ月くらいまで成長が続きます。その成長を助けるために、筋肉をつくるたんぱく質と、歯・骨など身体の形成にかかわるミネラルが多く必要になります。
「子猫期用(成長期用)フード」は、成猫用フードよりも高たんぱく・高カロリーの、栄養価の高いフードになっています。また、ドライフードでは子猫が食べすいように粒が薄めか小さめになっています。

子猫は飼い主さんが与えるフードのみによって成長していきます。子猫用(成長期用)フードの表示に記載されている、愛猫の体重や月齢による給与量を参考にしながらフードの量を適切に増やして、健康的な成長を促すことが大切です。

生後6カ月以降の子猫へのフードの与え方

ミヌエットのラテちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

生後6カ月を過ぎると成長がゆるやかになりますが、まだたんぱく質が多く必要な時期です。1才までは基本的には高たんぱくの子猫用フードを与えましょう。
1才からは、成猫用フードに切り替えてください。ただし去勢・不妊手術後は太りやすい傾向にあるため、体重増加が気になったら獣医さんと相談して、早めに成猫用に切り替えてもいいでしょう。

いつでも新鮮な水が飲めるようにする

子猫がフードを食べるようになると、離乳期にフードに混ぜていた水分もなくなるので、いつでも新鮮な水が飲めるようにすることも大切です。小さな体でも飲みやすい器の高さにして、溺れないように器の大きさにも留意しましょう。

子猫には、ライフステージにあった高たんぱく・高カロリーの「子猫期用(成長期用)フード」を与えて、健康的な成長を促しましょう。また、十分な水分補給も忘れずに行ってくださいね。

監修/長谷川諒先生(きたじま動物病院)
文/ねこのきもちWeb編集室
参考&画像・イラスト出典/「ねこのきもち」本誌、ムックより

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る