1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【獣医師が解説】猫からフケが!予期される病気やケアグッズを紹介!

【獣医師が解説】猫からフケが!予期される病気やケアグッズを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫のフケは、少量なら正常な代謝活動といえますが、かゆみを伴っている場合や脱毛が見られた場合は病気かもしれません。いつもと違う体の異変が現れたら、獣医師に相談しましょう。フケ対策のケアグッズも併せてご紹介します。

猫からフケが!何が原因?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

フケとは、皮膚が生まれ変わるタイミングで古い角質がはがれ落ちた物です。猫にも皮膚の生まれ変わりは起きるので、そのタイミングで人と同じようにフケが出ます。被毛の色が濃い猫は、白いフケが目立つこともあるでしょう。フケが出やすくなる原因は、乾燥・ストレス・体質・感染症・病気・高齢化などさまざま。「古い角質なら心配いらないんじゃない?」なんて思わずに、大切な愛猫の健康状態をよく観察してみましょう。

フケの症状を伴うトラブル:皮膚疾患

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「疥癬(かいせん)」

「疥癬(かいせん)」は、「猫小穿孔ヒゼンダニ」というダニが寄生することで発病します。疥癬に感染している猫や犬との接触や、ブラシなどの共用によって感染することが多いので、多頭飼いをしている家庭やドッグランなどの公共の場では注意が必要です。飼い主が疥癬に感染した猫を抱くと衣服にヒゼンダニがついてしまい、帰宅して飼い猫を抱くことで感染してしまう場合もあります。疥癬に感染すると激しいかゆみを示すことが多く、皮膚は発疹やフケ、かさぶたがみられます。

少し削った皮膚を顕微鏡で検査することでヒゼンダニの特定に至るケースもありますが、非常に小さいため見つからないこともあります。ヒゼンダニが特定された場合、治療はダニ駆除薬の投与を行います。もし同居猫がいる場合は同様に投薬したほうがよいでしょう。今まで使用していたタオルや毛布、ベッドなども消毒し、室内の清掃を徹底することで猫の周囲からダニを取り去ることが重要です。寄生虫は疥癬だけでなく、ツメダニ(フケが多い)シラミもあります。

「皮膚糸状菌症」

「皮膚糸状菌症」は、皮膚の常在菌である「糸状菌」が温度・湿度の上昇などにより繁殖し、不衛生な生活環境や猫の免疫力の低下などが原因で皮膚病を引き起こします。通称「猫カビ」とも言われており、菌を持っている猫と接触することで感染します。母子感染も多く、大半が子猫期に発症します。触るだけで同居猫や人にも感染しやすいので、注意が必要です。

「皮膚糸状菌症」は、主に耳周辺や手、足などに円形の脱毛が起き、悪化すると赤みのある発疹やフケ、かさぶたが見られます。かゆみはありませんが、お腹の毛が束になって抜け落ちることで気付くケースが多いようです。病変部は、円形の脱毛や赤い発疹ができて周りにかさぶたができるなど、「リングワーム」といわれる特徴的な症状を示します。このような症状をもとに診断し、必要があれば菌を培養して特定することもあります。

病院では、抗真菌剤の内服や抗真菌剤を含む外用薬、抗真菌剤を含むシャンプーなどで治療します。治療を行う際は、病変部付近の毛を刈って病変部の拡大を防ぎ、治療をしやすくします。なお、住環境も殺菌が必要です。猫ベッドなどの洗えるものは、漂白剤を使って殺菌しましょう。

※飼い主さんに感染した場合は、強いかゆみを伴う紅斑が首などにできます。症状がみられた場合は、皮膚科で「猫を飼っている」ことを伝えれば診断がスムーズになるでしょう。

「アレルギー」

食べ物に含まれる成分に反応する「食物アレルギー」や、ノミの唾液に反応して背中の脱毛症状がみられる「ノミアレルギー」、ほこりや花粉などのアレルゲンを吸い込むことで発症する「アトピー性皮膚炎」などがあります。今まで健康だった猫でもアレルギーは突然発症することがありますので、愛猫の様子をよく観察することが大切です。

アレルギーの症状はフケの他にも、かゆみを伴う脱毛などの症状が見られます。患部を気にするため疾患部分をよく舐めるようになり、壁や柱などに体を押しつけてかゆみを緩和させようとします。かゆい部分を爪で引っかいたりするので、その部分が傷になっていたりします。

「食物アレルギー」の場合は、アレルゲンになりやすい材料を除いた療法食を試しながら症状の出ない副露を探します。「ノミアレルギー」の場合は、駆除薬やかゆみを抑える治療を行います。
「アトピー性皮膚炎」の場合はアレルゲンを特定することが難しいため、かゆみを抑えるステロイド剤や抗ヒスタミン剤を用いて治療にあたります。

フケの症状を伴うトラブル:乾燥・ストレス・体質・高齢化

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

【乾燥】
空気が乾燥していると、フケが出やすくなります。家の中で暮らしている猫だと、エアコンの乾いた空気が原因でフケが出ているのかもしれません。また、季節の変わり目などはフケが出やすいようです。

【ストレス】
ストレスを抱えていると体に異常が出やすくなり、フケも目立つようになります。

【体質】
まれにフケが出やすい体質の猫もいます。新陳代謝が活発なのかもしれません。もともとアレルギーを持っている猫はフケが出やすくなります。

【高齢化】
高齢化により皮膚の状態が衰えてくると、皮脂が出にくくなるためフケが出やすくなります。乾燥肌になりやすいので、よく観察しておきましょう。

フケ対策をしよう!予防・ケアグッズを紹介

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ブラッシングはスリッカーや静電気防止ブラシで!

フケ対策にはブラッシングがおすすめ!特に長毛種の猫には、ブラッシングが欠かせません。ブラシはスリッカーや静電気が起きにくく柔らかいものを選び、優しくブラッシングしていきます。フケがあるからといって力を入れると、肌を傷付けてしまう可能性があるので気を付けましょう。ブラッシングはフケ対策だけでなく、血行を良くするマッサージにもなります。できれば毎日行い、皮膚を健康に保ちましょう。

刺激が少ないシャンプーで洗おう!

フケが目立つとき、嫌がらない猫ならシャンプーもいいでしょう。刺激が少ない「猫用フケ防止シャンプー」を選びましょう。皮膚に異常があるときは、獣医師にシャンプーを選んでもらうのもいいですね。

毎日できる簡単なケア方法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

湿度調節

乾燥が気になる季節は、加湿器で湿度調節を行いましょう。部屋を加湿することによって乾燥から肌を守り、ウイルスの活性を抑えることもできます。

ストレス解消

猫のストレス原因のひとつとして見られるのが、引っ越しや新しい猫を迎えたことによる「環境の変化」です。なるべくストレスを与えないように、引っ越し前の愛用品をそのまま使ったり、新しい猫との生活環境を分けたりと工夫して、ストレスを与えないように心がけましょう。

よその猫に触ったら、手洗い必須!

家に帰ったら、愛猫に挨拶する前に手洗いをしましょう。特によその猫を抱っこした場合は、服を着替えることもお忘れなく!そうすることで、愛猫をウイルスや細菌などの感染から守ることができます。

フケは日常生活を送る中で、自然と出てくるものです。しかし、そのフケは皮膚病を教えてくれているサインかもしれません。愛猫の様子をよく観察し、体を触りながら健康チェックを行いましょう。そうすることでコミュニケーションがとれ、信頼関係もより強固にしてくれるのです。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(皮膚糸状菌症)」

ねこのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(疥癬)」

出典元/『ねこのきもち』2016年4月号「皮膚の病気&トラブル」(監修:三枝早苗先生、笠井智子先生、後藤慎史先生)
    『ねこのきもち』WEB MAGAZINE 「病気・症状データベース」
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る