1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【獣医師が解説】猫の「目やに」の対処法|色や量で健康チェック!

【獣医師が解説】猫の「目やに」の対処法|色や量で健康チェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の「目やに」について考えたことはありますか?少量なら正常な代謝活動と言えますが、量が多かったり色に異変があったりする場合は目の病気かもしれません。猫は目の病気になりやすい動物です。いつもと違う体の異変が現れたら、獣医師に相談しましょう。

気になる「目やに」どうして出るの?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「目やに」とは、医学用語では眼脂(がんし)と呼ばれており、ざっくり言うと目から出る分泌物のことです。目やにに含まれるものは、結膜などから分泌されるムチンを主成分とする粘液や、まぶたからの老廃物や血液成分、そして目に付着したチリやほこりです。これらの集合体が目の周辺に目やにとなって出てきていると言うわけです。

朝起きたときに目頭や目じりに付いている少量の目やには、正常な代謝活動と考えていいでしょう。そして目やにが出るのは人だけではありません、猫にも目やには見られます。人と同じように通常の代謝活動で老廃物が排出されている証拠ですが、「いつもと違う」と感じたら注意が必要かもしれません。それでは「正常な目やに」と「注意が必要な目やに」の違いを見ていきましょう。

異常な「目やに」かどうか判断するには?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

・正常な目やに
正常な目やには、乳白色・赤褐色~こげ茶の色をしており、少量で固まっているのが特徴です。

・注意が必要な目やに
注意が必要なのは、緑色もしくは正常な目やにとは他の色をしているとき。細菌感染症を起こしている場合は緑色なります。色以外にも量が多かったり粘り気があったりする場合は注意が必要です。両目に見られる場合は感染症の疑いがあり、片目だけの場合は外傷や異物が原因であることが疑われます。

・猫種ごとに特有な目やに
「ヒマラヤン」や「ペルシャ」「エキゾチック・ショートヘア」などの鼻ぺちゃな外見の短頭種は、幼少期から目やにが多く見られます。涙を鼻に排出する役割を果たす「鼻涙管」が、短頭種は狭かったり詰まりやすかったりするため、涙があふれて慢性的な目やにが見られるのです。

「目やに」の症状が出る主な病気

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「結膜炎」

・症状
まぶたの裏側の粘膜「結膜」が赤く腫れたり目ヤニがでたり、涙量の増加などの症状がみられます。

・治療
炎症を抑える点眼や二次感染に対する抗生剤の点眼など、結膜に対する局所治療が主体になります。症状の強さや経過によっては、飲み薬などを併用する場合も。炎症によるかゆみや違和感から目をかいてしまうと悪化してしまうので、あまりにも目を気にする場合にはエリザベスカラーなどを使用して目を保護する必要があります。

・解説
ウイルスや異物の刺激、ひっかき傷などが原因となって結膜に炎症が起きる病気です。

「角膜炎」

・症状
目を痛がって開けづらそうな様子を示したり、こすったりします。光を眩しがるようになることも。

・治療
主に点眼薬や眼軟膏を使って、角膜の傷や炎症を治療します。結膜炎と同様に自分で目をひっかくと悪化させてしまうので、治療期間中はエリザベスカラーを着用するなど自傷防止策が必要なこともあります。

・解説
異物の刺激やひっかき傷、結膜炎の悪化が原因となって、目の表面を覆う「角膜」が炎症を起こします。

「ドライアイ(乾性角結膜炎)」

・症状
目の潤いが減少し、目やにの増加や白目の充血などの症状が認められます。

・治療
いくつか原因があるため、それぞれ治療方法は変わってきますが、主に点眼薬を使用して治療します。

・解説
免疫介在性、ウイルスなどの感染症、神経疾患などが理由で涙の量が減少し、角膜や結膜(まぶたの裏側)に炎症を起こす病気です。

「流涙症」

・症状
涙の量が増え、目やにも増えます。涙やけや、鼻の横に湿疹ができることも。

・治療
発症理由によって治療法は異なりますが、角膜炎や結膜炎がある場合は抗生剤や抗炎症剤を使います。

・解説
鼻が短い「ヒマラヤン」や「ペルシャ」、「エキゾチック・ショートヘア」などの鼻ぺちゃな外見の短頭種に発症しやすい病気です。涙があふれて顔に流れ出てしまい、目頭から鼻の脇にかけての被毛が汚れたり変色したりします。角膜炎や結膜炎が原因で発症することもあるので、短頭種以外の猫も注意が必要です。

「眼瞼内反症」

・症状
眼の表面が常に刺激されるため、角膜炎や結膜炎になりやすくなります。涙や目やにの量が増え、光に対して眩しそうにすることがあります。

・治療
内反したまぶたの皮膚や、毛などから受ける刺激によって起こる炎症に対しては、主に点眼薬などの内科的な対症治療を行います。まぶたの長さが長すぎるなど、まぶたの形態そのものが内反の原因になっている場合には、外科手術で内反を矯正する治療が必要な場合もあります。いずれも獣医師に相談しましょう。

・解説
鼻が短い「ヒマラヤン」や「ペルシャ」、「エキゾチック・ショートヘア」などの鼻ぺちゃな外見の短頭種や、老齢猫に時折みられる病気です。まぶたの一部が内側に折り返された状態になり、毛の生えた皮膚が目の表面を刺激するので、涙や目やにが出やすくなります。

「ブドウ膜炎」

・症状
涙や目やにの量の増加や結膜炎などの症状が見受けられます。角膜の裏側が濁ったように見えて、前房出血が認められることもあります。

・治療
発症のきっかけとなる原疾患の治療と並行して、目そのものの炎症や細菌感染などに対する対症治療を行います。

・解説
目にある虹彩や毛様体、脈絡膜などに炎症が起こる病気です。ひっかき傷など外傷がきっかけで発症するケースと、猫エイズや猫伝染性腹膜炎、トキソプラズマ症などの病気が原因となるケースがあります。特に猫伝染性腹膜炎の場合は重症になることが多いので、早期の治療が必要になります。

「目やに」を取る猫エステの方法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ちょっとした猫エステで目の周りをきれいにしてあげましょう。人肌程度(36℃前後)のぬるま湯にガーゼを浸して、目の周りを軽く拭いていきます。目頭から縁に沿ってガーゼを押し当てていくと、目やになどの大きな汚れが取れるのが分かるでしょう。猫の体を背後から包み込むように支えてあげると動きをセーブできるので、安全に顔周りを拭くことができますよ。

人間の目薬はNG!困ったらすぐ獣医さんに相談を!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

愛猫の目の不調に対して「私の目薬で対処できないかな?」と考えてしまうこともあるでしょうが、市販している「人用目薬」の成分が猫に適しているかどうかは素人目には判断できませんよね。まずは目やにの原因が特定されなければ解決にはつながらないので、必ず獣医師さんに診断を仰ぎ治療を行いましょう。

目やにの状態がいつもと違う時は、獣医師さんに相談しましょう。その際はガーゼで拭き取った目やにを持参したり、光を眩しそうにしたりなどの症状を伝えると、診察がスムーズにいくかもしれません。そのためにも、日頃から愛猫の様子を観察することが大切です。ただが「目やに」されど「目やに」です。愛猫に健康に過ごしてもらうには、日頃のケアも欠かせませんね!

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫の目ヤニの原因・診断・対処法について」

ねこのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(目)」

出典元/『ねこのきもち』2016年5月号「おうち猫エステしてみませんか?」(監修:花島秀俊先生)
    『ねこのきもち』WEB MAGAZINE「猫の目ヤニの原因・診断・対処法について」
    『ねこのきもち』WEB MAGAZINE「病気・症状データベース」
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る